広岡達朗氏「お立ち台で巨人の選手が泣く?アホじゃないか」

広岡達朗氏「お立ち台で巨人の選手が泣く?アホじゃないか」

涙を流す巨人選手たちにOBは憤慨

 6月14日にFA移籍後初勝利をあげた山口俊(29)、18日に逆転サヨナラ3ランを放った亀井善行(34)、25日には代打サヨナラタイムリーを打った石川伸吾(24)など、首位からはるかに遠い位置にいる読売巨人軍の選手が、お立ち台で代わる代わる涙を流している。現役時代は巨人で名遊撃手として活躍し、指揮官となってからはヤクルト、西武を3度日本一に導いた広岡達朗氏は、涙腺がゆるい現在の巨人軍に対し厳しい。

「ヒーローインタビューで選手が泣く? 考えられない。アホじゃないか」

 そう吐き捨てるように嘆いた。

「昔の巨人軍でそんなシーンは見たことない。それだけ今の選手はだらしないんですよ。連敗が13で止まった時には、スタッフまでが泣いていたと聞くじゃないか。あり得ない話。巨人軍では“勝って当たり前”の教育をしていたが、今は手当たり次第に選手をよそから引き抜いてくるから、そういう伝統もなくなった。プライドがなくなったから、たまに勝って大喜びをしている。アホですよ」

 かつての巨人には強烈な誇りがあったと広岡氏は振り返る。

「チーム内の厳しい競争に勝ち抜いて初めて、レギュラーに手が届いた。巨人と他のチームではまったく次元が違った。常勝球団には勝った試合で流す涙はない。むしろ涙は陰に隠れて流す悔し涙。少なくとも人様に見せるものではなかった」

 広岡氏が現役当時、ケガを隠してプレーを続け、遠征先でドクターストップがかかったことがあった。すると水原茂監督は「使えん者は即刻(東京へ)帰せ!」と怒鳴ったのだという。

「“使うだけ使いやがって、コノヤロー!”と思いましたよ。そのくらいレギュラーの座にしがみつこうと歯を食いしばってやった。涙は、そういう時にこそ流すものでした」(広岡氏)

 V9の黄金期を築いた川上哲治監督の就任1年目に17勝を挙げ、南海との日本シリーズで胴上げ投手になったV9時代のエースで“鬼投手コーチ”としてチームを支えたこともある中村稔氏も、涙とは無縁だったという。

「プロなら結果を出して当たり前。なんで泣く必要があるのか、理解できないよ。日本一になって捕手の森(祇晶)と抱き合った時も、もちろん嬉しかったが、泣いたりはしなかった」

 V9時代と違って、お立ち台でこれ見よがしに涙を流し、“主役”になろうとする選手たちに違和感があるという。中村氏が続ける。

「今の巨人には、チームで勝とうという姿勢が見えない。個人の力で勝とうとするから、たまたまハマると嬉し泣きしちゃうんでしょう。こんな成績で嬉し泣きなんて情けない。泣きたいのはふがいない試合を見せられる我々OBだよ!」

※週刊ポスト2017年7月14日号

関連記事(外部サイト)