山口俊を古巣DeNAにぶつけた巨人・高橋監督に愛はあったか

山口俊を古巣DeNAにぶつけた巨人・高橋監督に愛はあったか

高橋由伸監督の采配に愛はあったのか?

 FA権を行使し、昨年オフにDeNAから巨人に移籍した山口俊が7月2日、古巣相手に初先発を果たした。ケガで出遅れた山口は6月14日のソフトバンク戦に移籍後初先発初勝利を飾り、これが移籍後3試合目の登板。名前がコールされマウンドに向かうと、DeNAファンから大ブーイングが巻き起こった。野球担当記者が話す。

「山口はDeNA時代に一度、抑え失格の烙印を押されながらも、中畑清前監督が先発に配置転換し、見事に復活。昨年はチーム最多の11勝を挙げ、チーム初のクライマックスシリーズ進出に貢献しました。ファンとすれば、暗黒期も経験し、これから上り調子になるDeNAで現役生活を全うしてほしかったというのが本音でしょう」

 愛したがゆえのブーイング。山口はそれがよほど身に染みたのか、始球式を控える小学生の横で数度、舌を出して唇を舐めた。

 初回こそ3者凡退で切り抜けたが、2回にロペスに先制ソロを許す。その後1死一、二塁のピンチを迎える。バントの構えをした今永昇太がストライクを見逃し、飛び出した2塁走者・宮崎敏郎がタッチアウトに。ピンチを脱したかに思えたが、投手の今永にヒットを打たれ、9番・倉本に2点タイムリーを浴びた。3回には2番・石川がヒットで出塁すると、3番・筒香が2ラン。序盤3回で5失点と炎上した。

「かつて11年間在籍したベイスターズでは、山口俊がメンタル的に強い選手ではないというのは周知の事実。もちろん巨人の首脳陣も知らないわけではないでしょう。だとすれば、なぜ移籍1年目でまだ2試合しか投げていない状態で、プレッシャーが掛かると分かり切ったDeNA相手に先発させたのか。要するに、新しい職場である巨人は、FA移籍してきたばかりの山口俊の性格を理解し切れていない。単純にローテーションが回ってきたから投げさせたとしか思えないのです。単なる“コマ”として起用している印象を持ちました」(同前)

 山口が打ち込まれる姿を見ると、長嶋茂雄と江川卓の関係を思い出す。1978年秋、「空白の1日」事件で、江川の巨人入団が決まったかのように思われたが、直後のドラフト会議で阪神が交渉権を獲得。翌年のキャンプイン前日に小林繁との交換トレードで、江川は巨人に移籍。シーズンでは当然、小林vs江川の対決が期待された。

 だが、長嶋監督は「江川が勝てると確信できる時までは、投げ合いをさせない」と対決を拒否。ファンを第一に考えるミスターとしては珍しい考え方だった。大バッシングを浴びていた江川が小林に負ければ、さらなる攻撃を受けるのは間違いない。マスコミから守るため、金の卵を壊さないため、長嶋は1年目、小林との対戦を避けた。そして、勝てるという確信を得た2年目の1980年8月16日の後楽園球場で初対決させ、江川は完投勝利を挙げた。

 山口は4回、今永への初球を内角に投げ込むと、左翼席のDeNAファンから大ブーイングが巻き起こった。5対0と大量リードで打ち気のなかった今永からは三振を奪ったが、続く9番の倉本から桑原、石川の3連打で1点を追加された。巨人は、野手がマウンドに向かうこともなければ、ベンチから首脳陣が飛び出すこともなかった。本拠地・東京ドームにいながら、山口は孤独感を味わっていたのではないか。先発起用を含め、高橋由伸監督に山口俊を思いやる気持ちはあったのだろうか。

「たしかに山口俊1人のためにローテーションを崩すわけにもいかないでしょうし、敢えて高い壁を与えて打ち勝つことでプレッシャーに強い選手になってほしいという思いもあるかもしれません。でも、高橋監督は前日の8回に阿部慎之助を代打に送る際、相手チームの出方を見ながら、阿部をいったん制止させた。左だろうが、右だろうが、阿部ほどの打者には関係ないですよ。絶好のチャンスで打席に向かう阿部の気持ちを削ぐような行為だった。結果、阿部は凡退している。今回の山口の先発起用に限らず、高橋監督の采配には、あまり愛が感じられないのは事実です」

 山口は4回6失点で降板。チームは9対1で敗れ、菅野、マイコラス、山口俊とエース級の3人が先発したDeNAとの3連戦で3連敗を喫した。7月初旬で自力優勝の消滅した巨人を浮上させるような采配を、高橋監督がふるうことはできるのか。

関連記事(外部サイト)