大阪桐蔭野球部 PLとの差を埋めた「付き人制度の廃止」

大阪桐蔭野球部 PLとの差を埋めた「付き人制度の廃止」

大阪桐蔭はいかにして台頭してきたのか?

 春夏連覇を狙うセンバツ覇者の大阪桐蔭と、昨夏で休部に追い込まれた超名門のPL学園──多くの高校野球ファンに鮮烈な印象を残す2校。もし夏の甲子園で大阪桐蔭が春夏連覇を果たせば、優勝回数はPLに並ぶ。2校の「縁」を『永遠のPL学園』著者・柳川悠二氏(ノンフィクションライター)が追った。

 * * *
 元中日の今中慎二は、1986年に大阪桐蔭の前身である大阪産業大学高校大東校舎に4期生として入学した。当時の監督は、1978年にPL学園が初めて全国制覇を達成した時の監督である山本泰(旧姓・鶴岡)。プロ野球の史上最多勝監督である“ドン”鶴岡一人の長男である山本は1980年にPLの監督を退いていた。

「開校したばかりの大東校舎は、監督に山本さんを置き、PLの野球そのものを引き継いでいました。サインが攻守で100種類以上あって、練習の内容もとにかく細かい。(1年生が上級生の身の回りを世話する)付き人制度もありました。中学までただ楽しく野球をやっていた自分には、別次元の野球でした」

 甲子園で活躍して校名を売る。そういうPLの前例に倣いたかったのだろうか。しかし、大東校舎にとって、PLは遥か彼方の存在だった。今中が入学するまで、大東校舎はPLに対し公式戦で9連敗していたという。

 1年夏からベンチ入りし、その秋にはエース格に成長した今中は、同年の秋季大阪大会準々決勝PL戦に先発する。PLの1学年上に、後に中日ドラゴンズでチームメイトとなる立浪和義がいた。片岡篤史(元阪神)、野村弘樹(元横浜)らとともに翌1987年に春夏連覇を達成するPL最強世代である。

 今中は5回に1失点したものの、強力打線を最少失点に抑え込む。だが、味方が初回の1安打だけに封じられ、0対1で惜敗した。

「あの試合でもし勝っていたら、PLの春夏連覇はなかった(笑)。この試合をスカウトが見てくれていて、無名の自分がプロに行けた。その点では、大きな意味のある試合でした」

 今中が3年生だった1988年に大東校舎は分離独立して大阪桐蔭となった。1991年夏には選手権大会に初出場、初優勝を飾る(監督は長沢和雄)。しかし、PLに勝てない時代は続いた。1993年にコーチに就任した西谷は、「どうやったらPLに勝てるか。そればかりを考えていました」と振り返る。

 全国から有望選手が集まるPLと比べれば、入学する選手のレベルからして差があった。それを埋めるべく、西谷は付き人制度を廃止。PLの1年生が先輩の世話に忙しい間に、大阪桐蔭の1年生には早朝から遅い時間まで猛練習を課した。

「大阪の野球=PLの野球でした。あと一歩のところまで追い詰めても、勝てなかった。やればやるほど、PLの強さを身にしみて感じるようになりました」

 2000年代に入ってPL学園は度重なる暴力事件の発覚や、母体教団の意向で、力を失っていく。一方、大阪桐蔭は2008年夏に2度目の全国制覇を果たし、猛烈な勢いで台頭していった。1987年から部に携わってきた部長の有友茂史は言う。

「(2005年に)セ・パ交流戦が始まったことが転機でした。パ・リーグの選手に注目が集まるようになり、卒業生の西武・中村剛也が“おかわりくん”と呼ばれ、当時、千葉ロッテにいた西岡剛(現阪神)も活躍した。それで大阪桐蔭の名前を知ってもらえましたし、うちで野球をやりたいと言ってくれる選手が増えました」
(文中敬称略)

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

関連記事(外部サイト)