最強軍団・大阪桐蔭2年生 87年のPL最強世代との共通項

最強軍団・大阪桐蔭2年生 87年のPL最強世代との共通項

今春のセンバツで胴上げ投手となった根尾昂

 春夏連覇を狙うセンバツ覇者の大阪桐蔭と、昨夏で休部に追い込まれた超名門のPL学園──多くの高校野球ファンに鮮烈な印象を残す2校。両校の「縁」を『永遠のPL学園』著者・柳川悠二氏(ノンフィクションライター)が追った。

 * * *
 今年のセンバツを制した大阪桐蔭は、春季大阪大会も制し、近畿大会に出場。決勝で同じ大阪の東海大仰星とぶつかると、毎回得点となる18対0で勝利する。1985年夏の甲子園でPLが東海大山形を29対7で破った一戦を思い起こさせる圧勝劇だった。東海大山形戦はKK時代(桑田真澄・清原和博が主軸だった時代)だが、春夏連覇を達成した1987年のPL最強世代と、大阪桐蔭の2年生は重なる。

 中でも、私が入学の前段階から注目し、出身地である飛騨高山にも足を運んだのが根尾昂だ。投手として中学3年次に146kmを記録した球速もさることながら、スキーのスラロームで日本一となった身体能力、オール5の成績で生徒会長を務めた秀才ぶりも、これまで“やんちゃ”な選手が多かった同校の怪物たちと一線を画していた。

 今春のセンバツで胴上げ投手となった根尾だが、内外野も守る“多刀流”を貫いている。むしろ現在は、打者としての評価の方が高いかもしれない。左打席での思いきりの良いスイングが特徴で、勝負強さは1987年のPLで主将を務めた立浪和義に重なる。東海大仰星戦では7回に満塁本塁打を放った。試合後、根尾に入学から何本目の本塁打かを訊ねた。

「数えてないっす(笑)。そんなことは気にしていられないです」

 来年の投手陣でエース候補の左腕・横川凱は、さながらPL最強世代で背番号「1」を背負った野村弘樹だろうか。190cmの長身で、角度のついた140km超の直球と大小のスライダーが武器。ただ、現時点では高めにボールが浮くシーンも目立つ。

 春季大会で評価を高めたのは右腕の柿木蓮だった。MAX146kmの力強いボールを放る。マウンド上でのふてぶてしく強気な姿勢も、相手には脅威だろう。最強世代にたとえるなら、元巨人の橋本清か。

「中学生の頃と違って、内外に投げ分けられなければ打たれてしまう。直球のコントロールが課題です」

 センバツで一塁を守った中川卓也は、片岡篤史タイプの好打者だ。小技も上手く、足も一発もある。また三塁手の山田健太はアイドルのような顔立ちで、左打者の多い桐蔭にあって、貴重な右の4番候補だ。センバツでは12安打を放ち、個人最多安打記録にあと一本に迫った。

 そして、センバツ決勝で2本塁打を放ったセンターの藤原恭大はプロ注目の外野手。兄・海成はPL学園の最後の部員だった。彼の特筆すべき能力は、50mを5秒7で走る脚力だ。太ももとふくらはぎが尋常じゃない太さで、それでいて柔らかい。まるで外国人スプリンターのよう。

「よく言われます。本気で取り組めば100mも10秒台が狙えると思います」

 層は厚い。近畿大会決勝では、17点リードした8回裏の守りで、二死1塁からライト線を抜く当たりが飛び出すも、見事な中継プレーで生還を許さなかった。部内の競争意識が、大量リードでも隙を見せない緻密なプレーにつながっている。

「最強世代」を擁す大阪桐蔭は、この夏にも優勝回数がPLに並ぶ。さらに来春、もしくは来夏の選手権100回大会で「PLを超える日」が来てもおかしくない。監督の西谷は、どんな感情を抱いているのだろうか。

「まだまだPLの足下にも及びません。超えられるとも思っていません」

 元中日で、1986年に大阪桐蔭の前身である大阪産業大学高校大東校舎に入学した今中慎二は言う。

「藤浪(晋太郎)が阪神で苦しんでいるように、大阪桐蔭はPLほど投手を育てきれていない。たとえ優勝回数で並んだとしても、あの時代のPLを超えることはできないでしょう。それは、どの学校にも言えることですが」

 今中には、ナゴヤドーム内の報道陣用サロンで話を聞いた。その最中、偶然にも立浪が通りかかる。今中が企画の内容を告げると、立浪は苦笑しながら、こんな言葉を残した。

「もう超えてるよ……」

 本心だろうか。むしろ私は、栄光を勝ち取った母校の野球部がなくなり、ライバルの快進撃をただ眺めることしかできない嘆きの言葉に受け止めた。
(文中敬称略)

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

関連記事(外部サイト)