大谷翔平 占星術では「今シーズン終了後に渡米するべき」

大谷翔平 占星術では「今シーズン終了後に渡米するべき」

大谷選手の渡米はいつになる?

 西洋占星術とタロットカードを使った独自の占いで人気の占い師・キャメレオン竹田が、旬な有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回は北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手を占ってもらいました。

【プロフィール】
大谷翔平(おおたに しょうへい)
生年月日:1994年7月5日 23歳
出身地:岩手県奥州市

 2012年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズが1位指名。当時、メジャー挑戦を表明していたが、栗山直樹監督の説得もあり、日本ハムに入団。2013年シーズンから投手と外野手の「二刀流」として1軍の試合に出場。2014年には日本プロ野球史上初の2ケタ勝利2ケタ本塁打(11勝、10本塁打)を達成。2015年は投手としての出場が多く15勝5敗の好成績をおさめ、2016年は再び2ケタ勝利2ケタ本塁打(10勝、22本塁打)を達成した。2017年シーズンは左太もも裏肉離れにより戦線から離脱していたが7月3日にスタメン復帰。第1戦が7月14日に行われる「マイナビオールスターゲーム2017」では指名打者(DH)部門でファン投票1位に選ばれた。

 * * *
──まず、大谷選手はホロスコープ的にどんな人物なのでしょうか?

竹田:ものすごく集中力があって、目標を設定したら、そこに向かって突き進むことができるタイプです。スポーツ選手にはとても向いていますね。そして、好奇心が強くて仲間に愛される人物です。特に年上の人にすごくかわいがられるタイプなので、団体競技で実力を発揮しやすい。ある意味、野球選手になるべくしてなった人といえそうですね。

──大谷選手は、投手と野手の両方で活躍する「二刀流」を実践しているわけですが、このチャレンジは正解なのでしょうか?

竹田:基本的には好奇心が強くて、いろいろなことをやってみたいタイプなんですね。逆に言うと、ひとつのことだけに打ち込んでいると、すぐに飽きちゃって、いい結果が出ない。むしろ、複数のことに取り組んでいたほうが、より集中力が高まって、いい結果につながりやすいというタイプなんですよ。

──二刀流を選択したのは正解だったと?

竹田:はい。だから、二刀流は絶対にやめないほうがいいと思います。二刀流を続けることで、もっともっと活躍できるはずですし、なんなら、もっといろんなことに手を出したほうがいいかもしれないくらい(笑い)。

──たとえば、野球以外のスポーツをやってみたりとか? あるいはタレントとか?

竹田:タレントはさすがに難しいかもしれないですが、これから取り組むものを絞っていくよりは、どんどん増やしていったほうがいい。ただ、やっぱり野球以外のスポーツというのは現実的ではないので、投手や外野手以外のポジションに挑戦してみるのもいいかもれないですね。

──今シーズンは怪我があって、思うようにプレーできていませんが、近い将来、アメリカのメジャーリーグに挑戦するという話もあります。最短では今シーズン終了後にも移籍するのではないかという見方もありますが…。

竹田:ホロスコープ的には、今年の秋くらいからどんどん運気が上がっているんですよね。怪我のほうが問題ないのであれば、この時期に何か新しいことにチャレンジすれば、結果がついてきやすい。

──本来なら今シーズン終了後に渡米するのがベスト?

竹田:そういうことになると思います。

──そして、どうしても気になるのが、女性関係です。北海道の地元の女子アナが大谷選手を狙っているとの報道はありましたが、いわゆる“熱愛報道”はまだありません。たとえば、どんな女性と結婚すると幸せになるそうですか?

竹田:結婚相手としてホロスコープ的に相性がいいのは、頭の回転が速くて、話が面白い女性ですね。さらに明るくてノリがいいタイプが合いそうです。基本的に、大谷さんは華やかな女性が好気だと思います。

──なんとなく女子アナと合いそうですね…。

竹田:そうですね。あとはトークが上手なタレントさんとかでしょうか。でも、いくら話が上手いといっても、女性の芸人さんなどはちょっと違うかもしれません。ルックス的にも華やかで、インテリジェンスがあふれるようなタイプ。うーん、やはり女子アナがイメージしやすいですね。

 * * *
 本当なら今秋にもアメリカへ行くべきだという大谷翔平。怪我さえなければ…といったところなのかも?

【プロフィール】

キャメレオン竹田/占術は西洋占星術とタロットカードで現在の鑑定予約は困難。テレビ・ラジオ出演、雑誌など複数のメディアで活躍する傍ら、インターネットでは、占星術・タロットや開運法を教える「キャメサロン」を運営しているが、現在満員である。公式のLINEでは、毎日の占いや、読んでいる人の気持ちが明るくなるつぶやきをしている。アプリも大人気!
http://uranainews.net/chame/


関連記事(外部サイト)