怪物・清宮幸太郎「最大の天敵」は同じ西東京にいる

怪物・清宮幸太郎「最大の天敵」は同じ西東京にいる

早実・清宮幸太郎の前に立ちはだかるのは?(撮影:藤岡雅樹)

 早稲田実業の清宮幸太郎にとって、この夏の第一打席、その5球目──。相手エース右腕の甘く入った直球を強振すると、滞空時間の長い当たりが右翼席のポール際に飛び込んだ。

「芯をこすった当たりでしたが、フェアゾーンに運ぶことができました。(昨夏の西東京大会準々決勝で敗れた)八王子戦の最終打席は同じような角度で、ライトフライ。飛距離は確実に伸びてきている。1年やってきたトレーニングの成果が出ていると思います」

 4回戦では満塁本塁打を放ち、高校通算本塁打が105本に達した“怪物”が甲子園帰還を果たせるかに大きな関心が集まっている。

 早実は昨秋と今春の東京大会王者だ。東西に分かれて争われる夏は、当然ながら西東京大会の本命となる。

「どこよりも長い、早実の夏にしたい」(清宮)

 対抗馬は、秋と春にいずれも決勝で早実に敗れた日大三。エース左腕の櫻井周斗は、直球と同じ腕の振りから投じられ、打者の手元で鋭く曲がるスライダーが宝刀だ。秋は敗れたとはいえ、清宮から5三振を奪い、一躍、スカウトが注目する存在となった。さらには、清宮以上の体格を誇る日大三の“デカプリオ”こと金成麗生(かなりれお)という193センチの左の大砲もいる(金成は投げても最速148キロ)。

 実力が伯仲する両校のライバル物語。両監督の采配の妙も面白い。

 春の決勝で日大三に17点を奪われた早実の不安要素は明白で、投手陣だ。同校の和泉実監督は、春季関東大会後から、捕手の雪山幹太(2年)を先発に起用し続けてきた。雪山は神戸中央リトルシニアに在籍していた中学時代に投手経験があるものの、早実入学後は捕手一本で、春までブルペンで投球練習することさえなかった。和泉監督は夏の大会を前にこの急造投手に背番号「1」を与え、初戦の勝利後には、幾度も彼のことを「エース」と呼んでいた。和泉監督は言う。

「雪山がチームの柱になれるかはまだ分からない。ただ、現実として、捕手しか守っていなかった彼が急遽、投手になったのは、このチームに柱となる投手がいなかったからだから……」

 対する日大三を率いるのは小倉全由監督だ。高校野球を取材するようになって10年以上が経つ私は、いろんなタイプの監督と言葉を交わしてきたが、小倉監督に会う度にいつも思う。「もし自分に息子がいて野球をしたいというのなら、この監督に預けたい」と。男が惚れる男が小倉監督なのである。

 親元を離れて共同生活を送るナインと、小倉監督は週6日、寝食を共にする。自宅は千葉・九十九里にあるので“単身赴任”の生活だ。角刈りの強面で、贅肉のついていない肉体はとても60歳には見えない。厳しくも優しい眼差しで球児を見守り、ミスを責めたりせず、人情、男気といった言葉がよく似合う。

 そして野球は常に真っ向勝負。毎年、強打のチームを作り上げ、2001年夏と2011年夏の2度、全国制覇を遂げた闘将である。

 そんな小倉監督だからこそ、今春の早実戦での采配は、意外なものだった。「17対18」と大乱打戦になりながら、エースの櫻井を一度もマウンドに上げなかったのだ。「最初から櫻井を使う気はありませんでした」と小倉監督は振り返る。

「秋の5三振でせっかく清宮君が櫻井を意識してくれているんだから、わざわざ球筋を見せる必要はありませんよね」

 すべては夏に勝つために、秋の雪辱を果たすために、櫻井を隠したのである。

 早実とのライバル対決には、小倉監督も苦い思い出がいくつかある。斎藤佑樹(現・日本ハム)が全国制覇した2006年夏は西東京大会決勝で敗れ、清宮が甲子園デビューした一昨年は、準決勝で惜敗した。

「今年はそりゃあ、特別に早実を意識しますよ。あれだけ叩かれて(打たれて)、負けているんですから」

 早実は初戦を8回コールドで勝利した一方、日大三は2点を先制される苦しい展開で、7点をリードした9回裏には3点差に迫られヒヤリとした。早実の和泉監督は言う。

「夏の大会は先を見たら絶対に負ける。次の戦いを見据えて、エースを温存するような采配はできません」

 第一シードが早実、第二シードが日大三の西東京大会。7月30日に予定された決勝の舞台は神宮球場である。

●文/柳川悠二(ノンフィクションライター/『永遠のPL学園』著者)

※週刊ポスト2017年8月4日号

関連記事(外部サイト)