阪神暗黒時代知る虎番記者が語る今季ヤクルトとロッテの弱さ

阪神暗黒時代知る虎番記者が語る今季ヤクルトとロッテの弱さ

2年連続のトリプルスリーの山田哲人も今季は波に乗れず

 かつて「PL学園より弱い」と揶揄されたのが、暗黒時代の阪神である。1985年に球団史上初の日本一に輝いたものの、翌年は3位。翌1987年は最下位に転落し、以降15シーズンで10回も最下位に沈んだ。この間、Aクラス入りは1回だけ。「地獄の15年」だった。

 当時のPL学園は1983~1985年に在籍したエース・桑田真澄と4番・清原和博の“KKコンビ”が甲子園を沸かせ、阪神が低迷を始めた1987年には立浪和義や片岡篤史、宮本慎也らを擁して春夏連覇を達成。阪神の「暗黒の15年」の間に、春夏合わせて11回の甲子園出場を果たした。“伝説の虎番”と呼ばれた『デイリースポーツ』元編集局長の平井隆司氏が振り返る。

「バース退団や掛布(雅之)引退が重なって、ほんまに弱かった。PLと対戦したら負けるとマスコミが書き立てたもんです。実際に、エエ勝負になると思ってましたよ。PLの方がチーム内競争は激しいし、守備もよく鍛えられていた。PLに金属バットを持たせたら完全に負けてたやろうね(笑い)」

 だが、今季は当時の阪神より弱そうなプロ野球チームが2つある。ヤクルトとロッテだ。ヤクルトは目下の勝率.352、チーム打率.233、防御率4.09。ロッテは勝率.333、打率.221、防御率4.47と、どちらもすべてリーグ最下位を独走中である(7月26日終了時点)。1960~1970年代にロッテで活躍した名球会メンバー・山崎裕之氏はこう嘆く。

「ロッテの投手陣は、昨年14勝の石川歩(29)が2勝8敗、10勝した涌井秀章(31)が3勝7敗、8勝のスタンリッジ(38)がようやく2勝目をあげた。エース級3人がこれでは、浮上できるはずがない。ヤクルトも昨年8勝の石川雅規(37)が4勝10敗、クローザーの秋吉亮(28)は右肩を痛めて長期離脱です。おまけに2年連続のトリプルスリーの山田哲人(25)が2割2分台。最下位じゃないほうが不思議でしょう」

 では、「PLより弱い阪神」という表現に倣って、ヤクルトとロッテが今春のセンバツ覇者・大阪桐蔭や、清宮幸太郎(3年)率いる早稲田実業といった強豪校と対戦したらどうなるか。前出・平井氏はこういう。

「当時のPLも、今の大阪桐蔭や早実も、高校野球は1回負ければ終わりのトーナメントだから、どんな場面でも手を抜かへん。やっぱりエエ勝負になるやろうね。高校球児でいえば150km近い球を投げる秀岳館(熊本)の川端健斗(3年)や、予選で敗退した日大三(西東京)の櫻井周斗(同)のような超高校級左腕が出てきたら、ヤクルトやロッテのバッターじゃそう簡単には打てないと思う。もちろんプロやから、10回やって負けるとしても2~3回でしょうが」

 ちなみに今季のヤクルトは対広島戦の勝率が約3割(4勝9敗)である。「広島とヤクルトの実力差」と「ヤクルトと大阪桐蔭の実力差」がちょうど同じくらいという見方もできる。

※週刊ポスト2017年8月11日号

関連記事(外部サイト)