DeNA勝負の8月 登板過多のリリーフ陣でどう乗り切るか

DeNA勝負の8月 登板過多のリリーフ陣でどう乗り切るか

抑えの山崎康晃までどうつなぐかがポイント(撮影:山崎力夫)

 2年連続でクライマックスシリーズ進出を狙うDeNAにとって、8月は勝負の月となる。4位・巨人に6ゲーム差をつけて迎えた7月29日、30日の2連戦で連敗。ゲーム差を4に詰められた。特に30日は、主砲・筒香嘉智の3打点で4対1とリードしながらも、勝利の方程式として8回を任される三上朋也、9回の守護神・山崎康晃がともに2点ずつを献上し、逆転サヨナラ負けを喫した。野球担当記者が語る。

「今年のDeNAはリリーフ陣が安定していない。4月、6月は救援陣の防御率が4点台に上っている。昨年62登板の須田幸太は開幕から球にキレがなく、防御率9.00(記録は7月30日現在。以下同)で6月14日に抹消。昨年61登板の田中健二朗も安定感に欠け、ビハインドで投げる場面も増えている。セットアッパーの三上は開幕から基本的に8回で固定されているものの、防御率は4.97にまで悪化。30日の巨人戦では長距離砲とはいえない右打者の石川慎吾に逆方向に本塁打されるなど、球威不足が目立っています」

 山崎は開幕直後こそ守護神をパットンに譲るなど不振だったが、中継ぎになってから本来のスピードを取り戻し、5月20日からは再び抑えに戻った。30日の巨人戦は再転向してから初めての黒星だっただけに、責めることはできないかもしれない。

「1年目58登板、2年目59登板で、今年も既に46登板しているだけに、蓄積疲労が懸念されます。昨年は8月上旬に4連投して、10失点したこともあった。首脳陣も、できれば山崎を連投させないようにしたいと考えているでしょう」(同前)

 最近はサイドハンドの加賀繁が勝ちパターンで好救援を見せる機会も増え、コマ不足のリリーフ陣を救っている。ただ、7月の21試合中10試合に登板。こちらも登板過多が気になるところだ。7月には日本ハムからエスコバーを獲得。4試合中継ぎで登板し失点ゼロだったが、2軍行き。現在、先発として調整中のようだ。

「もう1、2枚勝ちパターンで使える中継ぎがいないと、終盤に向けて厳しくなってくる。7月25日に一軍に昇格してきたばかりの三嶋一輝、二軍にいる国吉佑樹や高崎健太郎、小杉陽太など中畑清監督時代から期待されながらも開花できていない投手にとって、今こそチャンスでしょう。三嶋と高崎は開幕投手経験者だし、国吉と小杉はリリーフとしての経験値もある投手。今、奮起しなくて、いつするのでしょうか」(同前)

 チームにとってのピンチは、控え選手にとってのチャンス。DeNA中継ぎ陣の危機を救うのは誰か。

関連記事(外部サイト)