甲子園2017夏 敗れざる者たちの名言録

甲子園2017夏 敗れざる者たちの名言録

甲子園名言録

 敗れざる者たち──昨日で夏の全代表のうち半分が甲子園を去った。今年も彼らが残していった言葉の中から、印象的なものを現地で取材を続けるフリーライター・神田憲行氏が紹介する(順不同)。

 * * *
◎横浜・増田珠外野手
プロ注目の打者も1安打で終わる。
「芯を食ったセンター前なので自信になります。甲子園の砂は学校に持ち帰って、ベンチに入れなかった3年生たちに分けます。彼らがいて僕らは甲子園に出られた。(ずっと笑顔)今年の夏は笑顔で野球をしようと決めていたので、最後まで貫き通そうかと。宿舎に帰ってから泣きたいと思います」

◎米子松蔭・津島隼人外野手
優勝候補の大阪桐蔭に敗れ、その印象を聞かれて。
「ファウルの打球すら速いです」

◎山梨学院・吉田洸二監督
前橋育英打線に12点を奪われて敗戦。
「あそこまでピッチャーが打たれるとは、横で見てて不思議でしょうがなかった。あとでビデオを見て分析します」

◎鳴門渦潮・鈴江竜飛投手
2年生投手ながら緊急リリーフ登板で好投。
「次は僕がエースになって、もう少しガッツリした体型にして甲子園に戻ってきます。ご飯1日3食では無理なので5食食べます」

◎早稲田佐賀・栗山侑子記録員
女子マネージャー、記録員としてベンチ入り。敗戦後も終始笑顔だった。
「ベンチ入りが決まったとき、自分はどうやったらチームの役に立てるんだろうと考えて、ピンチでも笑顔でいようと決めました。(選手たちが)どう思っているのかわからないので、取り敢えずって感じですけれど(笑)」
早稲田佐賀・百武将部長
「選手たちはみんな彼女に感謝しています。佐賀大会が始まる前、選手たちの発案で彼女にユニフォームをプレゼントしました。背番号が『0』というのがいい。(ベンチ入り最後の番号のあとである)『21』じゃない。彼女からこのチームは始まるんです」
栗山侑子記録員
「ユニフォームをもらったとき、すごく嬉しかったです! 家に帰ってさっそく着て、鏡の前でポーズ取りました」

◎大垣日大・内藤圭史外野手
1年生ながら背番号7、5番打者として3安打の活躍。
「阪口監督から『お前は1年から使う』と言われて嬉しかった。7をもらったときは『僕でいいのかな』と思いましたが、3年生から『お前が遠慮してプレーしてたら腹が立つから、思い切ってやれ』と言われて気が楽になりました。でも、あんだけ練習してても初戦で負けてしまう。僕は今日から練習を始めます」

◎滝川西・三上竜輝内野手
北北海道代表。会計ビジネス科で学ぶ。
「僕の野球は高校で終わり。大学に行って将来は銀行員になりたい。北海道の過疎の町に貢献したいです」

◎作新学院・加藤翼捕手
昨夏はエース今井達也投手(西武ライオンズドラフト1位)を擁して優勝。夏連覇を狙ったが、初戦敗退した。
「こんな言い方したらあれですけれど、僕たちには去年のようなスター選手がいないので、凡人がしっかり努力してこの甲子園です。それが見せられて良かった」

◎波佐見・川口侑宏投手
9回逆転サヨナラ負け。
「(さっぱりした表情)力不足ということを受け止めていますから。(サヨナラ打は)キャッチャーが構えたミットだけ見て投げました」

◎東筑・安部滉平主将
福岡屈指の公立進学校が地元の私立強豪を次々と破り甲子園出場。
「今日の試合だけ見れば悔いが残りますが、自分たちがやってきたことに悔いはない。甲子園に出るための練習をしてきたが、勝つための練習が必要だと思った」

◎藤枝明誠・常盤勇汰中堅手
センター越えの打球を追いきれず、サヨナラ打に。
「セカンドにランナーがいたから前進守備をしていたぶんだけ、追いきれませんでした。ボールが地面に落ちた瞬間、ソウ(久保田蒼布投手)の顔が浮かんで、申し訳ないと……」

◎下関国際・坂原秀尚監督
荒れていた野球部を立て直して、春夏通じて初めての甲子園出場。
「(試合直後の感想を求められ、潤んだ瞳で一瞬、間を置いた)最高の2時間でした。下関国際の名前がスコアボードに入っているのを見て、本当に感動しました。選手たちは諦めないということを、これからもやってほしい」

◎高岡商・伏見拓真投手
9回に味方が7失点したあとの2アウトから甲子園初登板。3年生最後の投球は5球だった。
「最後は自分しかいないと思い、しっかり準備できていました。大観衆のなかで、満足できる投球ができました」

◎興南・我喜屋優監督
6点を先制するが逆転負け。
「負けましたがみんながひとつになってくれた。これから彼らの次の人生に向けて、激励の言葉をかけたいと思う」

関連記事(外部サイト)