遠征・用具・応援団バス… 「甲子園貧乏」に陥る常連校も

夏の甲子園は大金の動くビッグビジネスでもあり、“甲子園貧乏”に陥る常連校も

記事まとめ

  • 『甲子園出場』で、学校側が相応のリスクを抱え込むこともあるという
  • 近畿圏でない限り数千万円の出費は当り前で、寄付金のみで賄える高校は多くないという
  • 強くても新設校の金集めは難しく“甲子園貧乏”になっている常連校も少なくないらしい

遠征・用具・応援団バス… 「甲子園貧乏」に陥る常連校も

遠征・用具・応援団バス… 「甲子園貧乏」に陥る常連校も

甲子園出場は学校にとってめでたいことだが…

 全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)で活躍する爽やかな高校球児たち。彼らの姿とは対照的に、この一大イベントは大金の動くビッグビジネスでもある。しかし「甲子園出場」で学校側が相応のリスクを抱え込むこともある。スポーツジャーナリストの田尻賢誉氏がいう。

「野球部の遠征・用具費用、応援団のバス代など、近畿圏の学校でない限り数千万円の出費は当たり前です。過去に甲子園で2試合を戦った徳島県の県立高校は約4000万円を使いました。大半は在校生の親やOBからの寄付金で賄うが、それだけでカバーできる高校は多くない。

 最近の甲子園は“私高公低”ですが、寄付金についてはむしろ逆。政財界にOBの多い地方の名門校、伝統校は寄付金がドンと集まり、時には“1億円超え”なんて話も聞きますが、いくら強くても新設校のカネ集めは難しく、“甲子園貧乏”になっている常連校も少なくない」

 保護者たちの負担も並ではない。部費は月額7000円から1万円が相場だが、合宿や練習試合の遠征費はその都度加算される。

「毎週のように遠征に出向く強豪校の場合、負担額は年間60万~100万円というところもザラ。冬から春先に沖縄キャンプを張るセンバツ出場校も多い。沖縄遠征に15万円もかかったと嘆く親御さんもいた」(全国紙記者)

 ある関東の強豪校では「修学旅行」名目でサイパン合宿が行なわれるが、もちろん費用は保護者持ちだ。甲子園出場校の宿舎も、リスクを織り込み済みで選手を受け入れている。

「期間中の球児たちの宿は各県の高野連が指定しますが、その際には『1泊2食1万円+昼食代1000円で収めるように』と要望されています。この時期、普通の宿泊客からは素泊まりで1万5000円程度取れるので、割のいい商売ではない。

 それでもホテルのイメージアップや従業員の意識向上のために毎年歓迎している。敗退した時点でその先の予定は無料でキャンセルになってしまうので、応援には自然と熱が入ります(笑い)」(宿舎スタッフ)

※週刊ポスト2017年9月1日号

関連記事(外部サイト)