「松井5敬遠」明徳義塾・馬渕史郎監督が報道陣に人気の理由

「松井5敬遠」明徳義塾・馬渕史郎監督が報道陣に人気の理由

甲子園で人気監督(写真:アフロ)

 明徳義塾高校・馬淵史郎監督が報道陣に人気があるという。一般の野球ファンが持つイメージとはギャップがありそうだ。魅力の秘密はなにか。現地で取材を続けるフリーライターの神田憲行氏が説明する。

 * * *
 甲子園に出場すると、記者の取材の囲みが最後までとけないで、ずっと人の輪が出来ている監督さんがいる。

 明徳義塾高校の馬淵史郎監督もそのひとり。明徳義塾が甲子園に来ると、私も試合前取材の最初から最後までずっと馬淵さんの前にいる。

 その魅力は野球についての高い見識、も、あるが、やはりユーモアだ。たとえば今大会では1回戦の試合前、

「うちは下位打線からチャンス作って点を取ることが多い」

 と自チームの説明をしながら

「7、8、9番でチャンス作って、1、2番でランナー返して、ほんで3、4、5番でチェンジや(笑)」

 と笑わせる。延長戦を制した1回戦の試合後の取材では、テレビインタビューを受けるお立ち台に登る際に汗だくの顔をタオルで拭きながら、

「はぁ~勝ったわ……」

 とつぶやいて周りの記者を和ませた。

 2回戦は雨で順延になったが、雨天練習場での取材でも、取材用のお立ち台に登ることを高野連関係者に促されて、

「ここに登んの? なんか勝ったみたいやわあ」

 といそいそと上がって、記者たちを笑わせた。

 名言も多い。去年は投手の理想の立ち上がりについて、

「飯炊くみたいに」

 と形容した。そのココロは、「初めチョロチョロ」である。派手に三振を取って力投型で立ち上がるのでなく、内外野に打たせて取る、静かな立ち上がりがいい、ということだ。

 過去の名言で私のお気に入りは、最近はあまり言わなくなったが、負けて甲子園から帰るときに言い残していく

「終着駅は始発駅」

 というものがある。失敗から立ち上がって再スタートを切るときに自然と胸にわき起こるような、汎用性の高い言葉だと思う。

 また、聞けばなんでも教えてくれる。昔、試合後の取材で馬淵さんの作戦について私が質問すると、お立ち台の上から突然、

「あんたやったらどうする?」

 と逆質問されて驚いたことがある。あとにも先にも、壇上の監督から逆質問されたのはこの一度きりだ。驚きながらおずおずと私が自分の考えを述べると、

「それは違うな」

 と、自分がその作戦を選んだ思考過程を論理的に説明された。

 甲子園に出てくる監督さんのなかには残念ながら、質問を適当にはぐらかしたり、露骨に馬鹿にした表情を浮かべる人がいる。馬淵さんはそのようなことを一切しないし、記者によって態度を変えることもない。拙い質問でも言葉はフランクだが、ちゃんと答えてくれる。

「馬淵さんはテレビでインタビュー受けているときも、プライベートで話をしているときも、全く態度が変わらないんです。本当に飾り気のない人です」

 というのは、「勝ちすぎた監督」で今年の講談社ノンフィクション賞を受賞した、スポーツライターの中村計さん。中村さんの単行本デビュー作は松井秀喜の5連続敬遠を追った「甲子園が割れた日」で、その際に馬淵さんを取材して親交を深めた。

「テレビでは感じ良く、実際に会うと無愛想でガッカリさせられる人がいますが、馬淵さんはそうじゃない。ある意味で無防備な人なんです。一瞬で好きになりました」

 報道陣へ過剰とも思えるリップサービスについて、中村さんは、

「馬淵さん自身はサービスしているという意識はないと思う」

 と語る。

「馬淵さんは愛媛県の『大島』という、小さな小さな島で生まれ育ったんですけど、いつもタコやらウニやらを取っては、親や先生に、持っていってあげていたそうなんです。もういらない、というくらいに。馬淵さんが報道陣に話している姿を見ていると、なんか、そのエピソードを思い出しちゃうんですよ。あの損得抜きの『奉仕癖』は、根っからの体質なんじゃないかと思います。ちなみに馬淵さんって、人に親切にするとき、ちょっとぶっきらぼうになるんです」

 馬淵さんというと、いまだに「松井の五敬遠」から良い印象を持たない読者もいるだろう。近くでその謦咳に接する機会がなければ、それも仕方ないかも知れない。私個人は2002年に明徳義塾が夏の大会で優勝したとき、甲子園の女神は赦したと考えている。ちなみあのとき、松井秀喜から間接的に馬淵さんに祝辞が寄せられている。

 馬淵さんは16日に敗れて甲子園を去った。勝てば春夏通算50勝となるはずだった。試合前にそのことに質問が及ぶと、馬淵さんが口にしたのは別の数字だった。

「俺、今日で甲子園77試合目なんよ。監督になったときは一度で良いから甲子園に出たいなと思い、出たらひとつでいいから勝ちたいなと思い。ようここまで来たわ」

 としみじみ振り返った。50勝にはならなかったが、

「まあいずれするやろ。来年のセンバツでまた話題に」

 とにやりと笑った。

関連記事(外部サイト)