捕手唯一の三冠王・野村克也氏が語る中村奨成の素質と課題

捕手唯一の三冠王・野村克也氏が語る中村奨成の素質と課題

ノムさんは広陵・中村をどう評価する?

 夏の甲子園1回戦の広陵対中京大中京戦。6回表、1アウトランナーなしの場面で打席に入った広陵・中村奨成(18)は、外角高めのボールを逆方向へ見事に打ち返し、ライトスタンドに運んだ。その映像を見つめる、球界唯一の三冠王捕手にして、指導者として古田敦也らを育て上げた野村克也氏(82)が呟いた。

「ローボールヒッターかと思ったが、高めも打ってるじゃないか。これは凄いわ」

 中村の素質に驚きを隠さない野村氏は、こう続けた。

「プロで大成するには高めのスイング、低めのスイングと2通りのスイングが必要になるんだよ。内角と外角じゃなくて、高めと低め。アッパースイングだけじゃ高めは打てないから。プロでも高めに強いことが、ホームランバッターにとっての絶対条件なんだが、この中村という子はそれができている」

 この夏の大会でホームラン6本を放ち、清原和博の持つ一大会の最多記録を32年ぶりに塗り替えて秋のドラフトの最注目株となった中村。日本のプロ野球史上唯一、捕手として三冠王(1965年)を成し遂げた野村氏も、中村の才能に期待を寄せているようだ。

「走攻守三拍子そろった捕手というのは、プロでもそうはいない。体は意外に細いんだ。181cm、76kgか。これから肉がついてくるだろうが、もう少し体重が欲しいね。甲子園での試合は少しだけ見たよ。肩の良さは分かった。キャッチャーとしての一番の条件は肩だからね」

 さらに野村氏は中村の映像を見ながら、その「素質」と「課題」を語り始めた。甲子園の準決勝、天理戦の初回、1死二塁での打席。中村が大会屈指の右腕・碓井涼の初球をバックスクリーンへ放り込んだ場面には、「手首が強いんだな。18歳だろ。自分の18歳の頃では考えられん。凄いな」と感嘆の声を漏らす。ただ高い期待の裏返しなのか、中村のバッティングフォームを見てこうも続けた。

「普通に打っても遠くに飛ばすことができるだろうに、“遠くに飛ばしたい”という意識がバッティングに出てしまっている。少しアッパーになってるよ。今はリストの強さで飛ばせているが、金属バット独特の打ち方で、いわゆる“手打ち”なのも気になる。足腰の力がバットに伝わっていない気がするね。木製でも打てるか? オレは金属で打ったことがないからわからないなぁ」

 そう笑みを浮かべるのであった。

◆「ミットを下げるな」

 打者としてのポテンシャルの高さに目を細める一方、映像が広陵の守りのシーンに変わると、野村氏の眼光は鋭くなった。

 天理戦4-4の5回裏無死一、三塁のピンチで天理が初球スクイズを仕掛けた場面。一塁側へ上がった小飛球を中村はダイビングキャッチして三塁へ送球、併殺を取った。ホームランの場面とともにスポーツニュースでも繰り返し流されたハイライトだが、野村氏は眉をひそめた。

「これは普通のプレー。あんなもの転ばなくても捕れる。ええカッコしいだな。まあ、性格なのかもしれないがキャッチャーはあくまで女房役だからね……」

 このボヤキを皮切りに、野村氏からは捕手・中村への厳しい注文が相次いだ。まずは「構え方」だ。

「キャッチング云々の前に、ピッチャーが投げやすいように構えるという基本ができてないよ。捕手の構えというのは両ひざと両肩の四角形でストライクゾーンを作って構えてやらないといけない。右打者相手なら、キャッチャーの右肩が外角高めいっぱいのストライクになる。ピッチャーはミットをめがけて投げ込むにせよ、ストライクゾーンを示してやれば投げやすくなる。そういった細かいところへの気配りを求められるのがキャッチャーなんだよ」

 前かがみ気味に構え、両肩と両ひざで作る“ストライクゾーン”が小さくなっている中村を見ながら、「ちょっと大ざっぱな性格かもしれないな」とつけ加えた。さらに「ミットの出し方も違うな」と野村氏は続ける。

「日本のキャッチャーは10人が10人とも、ピッチャーが投球動作に入った後、一度ミットを下げ、それから構え直している。メジャーのコーチが見たらみんな“NO”というよ。最初に構えた状態から、そのままキャッチングする捕手は、長い野球人生で見たなかでも、ヤクルトの古田(敦也)だけよ。

 一度下げて構え直すと、逆球になったときにミットを動かすのが遅れる。パスボールの原因になる。中村も例にもれず、ミットを一度下げて構え直しているが、無駄なミスにつながるという意識がないんだろう。もっとも、誰もできていないのはアマチュアはもちろん、プロにもキャッチャーを指導できる指導者がいないからだがね」

 捕手論に入ると、“ノムさん節”は一層鋭さを増す。

「オレは南海に入った当時、日本のプロにはキャッチャーを育てられる指導者がいないと思ったから、現役時代から自費でアメリカの教育リーグやワールドシリーズの試合を見に行ったもんだよ。今の選手は大金を稼ぎながら、そういう研究に金を使おうとしない」

 入団時の南海を率いていたのは、史上最多勝監督である鶴岡一人監督。宿敵・西鉄の主砲、中西太にホームランを打たれると「何を投げさせた」と聞かれ、ストレートだと答えると「バカたれ、追い込んでストレート勝負はダメなんだ」と怒鳴られ、変化球だと「追い込んでからカーブを投げるやつがあるか」と怒られた。

 そうした経験を踏まえて、中村にこんなメッセージを送る。

「要するに、自分で勉強する以外にない。プロでも、キャッチャーについての専門知識は誰かに教えてもらうものではなく、自分で蓄えていくしかないんだ」

※週刊ポスト2017年9月15日号

関連記事(外部サイト)