「離島甲子園」密着 村田兆治氏が始めた島の球児たちの夏

「離島甲子園」密着 村田兆治氏が始めた島の球児たちの夏

全国の離島の中学生球児が闘う

 夏の甲子園で花咲徳栄が埼玉県勢初の日本一に輝いた翌日の8月24日、甲子園球場から南西に1300km離れた石垣島では、“もう一つの甲子園”の決勝戦が行なわれていた。

 対戦カードは宮古島アララガマボーイズVS石垣島選抜。結果は1対0で宮古島が勝利し、「離島甲子園」の2連覇を達成した。

 離島甲子園とは、プロ野球・ロッテで「マサカリ投法」を武器に活躍した村田兆治氏(67)の提唱により、野球を通じた離島間の交流や人材育成、地域振興を目的に毎年行なわれている中学生球児の野球大会である。今回は10回目となる記念大会で、佐渡島や屋久島などの離島を持つ23の自治体から、選抜チームを含む24チームが参加した。

 村田氏が離島の球児たちと初めて接したのは、引退翌年の1991年のことだ。

「新潟・粟島の親たちから、“子供たちに本物の剛速球を見せてほしい”という手紙をもらったのがきっかけでした。そこで島を訪れると、部員が全部で15人しかいなかった。対外試合はもちろん紅白戦もできない。離島の厳しい現状を知りました」(村田氏)

 村田氏はおもむろにスーツを脱いでワイシャツ姿になり、島の子供たちを打席に立たせ、全員に“本気”でボールを投げ込んだ。村田氏が振り返る。

「島の子供たちに本物の凄さを見せたかったんです。離島のようなどうしてもハンデのある環境にいると、“どうせ本土や本島には勝てない”などと言い訳をしてしまいがち。でも卑屈になってはいけない、本気でやっていれば必ずいいことがある、と伝えたかった」

 後日、粟島の子供たちから手紙が届いた。そこには野球の御礼だけではなく、「お父さんのあとを継いで漁師になります」「病気で苦しんでいる人のために医師になりたい」と、将来への明るい夢が書かれていた。

 自分の“本気”が子供たちに伝わった──そう感じた村田氏と、離島の球児たちの交流が、この日から始まったのだった。

 通算勝利数の215を目標に手弁当で全国の離島を回り、北は礼文島から南は与那国島まで訪問を始めた。北海道南西沖地震と津波に襲われた北海道・奥尻島でも、子供たちに140キロの速球を投げ込みながら「負けるな」と繰り返し叫んだという。

 50か所の離島で計100回の野球教室を開催。その活動の中で、野球を楽しむ子供たちを見て「離島甲子園」を思い立った。離島がある自治体に参加を呼びかけ、2008年の第1回大会には奥尻島や三宅島などから10チーム・200人が参加して行なわれた。

 参加資格は離島で野球をする子供たちであること。中学の単独チームだけではなく、複数の中学での合同チーム、クラブチームを中心とした選抜チームなど、様々な形態で参加可能だ。

 国交省や内閣府、離島がある自治体、そして多くの企業からの後援や協賛により、球児たちは遠征費を1円も使うことなく試合に臨める。大会は予選のないトーナメント制で、離島の持ち回りで開催され、参加数は年々増えている。

「一時は東京ドームや福岡ドームに集めて開催しようかとも考えました。でも持ち回りで大会を開くことで、お互いの離島の実態がわかるし、同じ境遇を通じて共感し、新たな交流のきっかけにもなりますから」(村田氏)

 決勝戦では、その「離島の交流」を強く印象づける光景が広がっていた。敗退したチームが束になって、自分たちを破ったチームの応援をしているのだ。応援歌を歌ったり、それぞれの島の踊りで応援したり。そこにはチームを超えた一体感があった。

「試合をするのはハンデのある離島同士。お互いに言い訳はできない。だからそこには“本気”の真剣勝負が、そして感動が生まれます。その経験があれば、成長して本土や本島に出て行った時に必ず役に立つ。そして野球を通して、人間としての礼儀がきちんとした若者に育ってもらえればと思っています」(村田氏)

 大会終了後には、村田氏の意思に賛同する元プロ野球選手たちが加わって野球教室が開催された。村田氏は大きな声で檄を飛ばし、67歳とは思えない熱血指導。最後まで離島の子供たちと“本気”で向き合っていた。

■取材・文/鵜飼克郎 ■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2017年9月15日号

関連記事(外部サイト)