カープ戦のチケット転売・買い占め問題等に球団の見解は?

カープ戦のチケット転売・買い占め問題等に球団の見解は?

カープ戦のチケットは今や入手困難

 今や人気・実力ともにセ・リーグで突き抜けた存在になってきた広島カープ。しかし、ファンのマナーや球団の経営に“クレーム”が上がっている。他球団ホームなのにライトスタンドで赤いユニフォームを着て応援するカープ女子、本拠地・マツダスタジアムではカープファンがビジター席を購入し、内野自由席やコンコースに移動して観戦するなど、一部カープファンのマナーの悪さに他球団ファンから怒りの声が上がっている。過熱する人気に、往年のカープファンも不満を抱えている。

 カープは1シーズン分の主催試合の全チケットを、開幕前に一括して販売している。今年は3月1日に発売されたが、ビジター席以外の指定席は全69試合分が3日で完売。

 今後はインターネット上や金券ショップで高値で転売されたチケットを購入するしかない。某転売サイトでは、今シーズン最後の主催試合となる巨人戦(9月23日)の内野指定席Aが、正規料金3600円のところ2万円以上で売りに出されていた。30年来のカープファンが語る。

「昔は“今晩見に行くか”という軽いノリでいけたのにな……やっとの思いでチケットを入手して中に入っても、周囲は試合そっちのけでキャッキャしている若い奴らばかり。試合を観ないなら帰ってほしい」

 カープは1997年からこの販売方式を採用しているが、一昔前は現在のような事態は起きなかった。16年ぶりにAクラス入りを果たし、『カープ女子』という言葉が浸透し始めた2013年頃から人気が急騰。2015年の黒田博樹投手のカープ復帰で最高潮に達した。

 以来、マツダスタジアムのチケットは開幕前にほぼ完売するようになった。購入枚数に制限がないため、転売目的で数百万円分購入する人もいる。

 球団の対応が後手に回っているのは、急上昇した人気に付いていけていないからだろうか。これらの問題についてカープに問い合わせたところ、入場券部の担当者が答えた。

──チケットの転売や買い占めが横行している。

「非常に解決が難しい問題で……転売目的の購入は許していないし、対策も検討していますが、解決策は見出せていません。球場の外での販売(ダフ屋)に関しては取り締まっていますが、ネット上での転売を防ぐことは難しい」

──ビジター席の観戦マナーについて。

「去年のCSの反省を踏まえ、今シーズンはコンコースに『座り込み禁止』の表示を30か所くらい提示しています。警備員がコンコースに椅子やシートを出して座り込んでいるファンの方がいたら注意しています。ただし、コンコースでの“立ち見”は禁止できないので注意できません」

 今やセ・リーグの盟主とも言える立場なのだから、多くのファンから気に入られるチームになってほしい。

※週刊ポスト2017年9月15日号

関連記事(外部サイト)