野村克也氏から中村奨成へ 「小林誠司が目標じゃダメ!」

野村克也氏から中村奨成へ 「小林誠司が目標じゃダメ!」

野村克也氏も期待している(写真・時事通信フォト)

 いま、プロ野球12球団を見渡しても「打てる捕手」はいない。そのなかで彗星の如く現われた広陵高校・中村奨成(18)にファンの期待が集まるのは当然だろう。

「甲子園でキャッチャーのヒーロー……たしかに記憶にないね」

 現役時代は球史唯一の三冠王捕手(1965年)にして、指導者として古田敦也らを育て上げた野村克也氏(82)の声も、どこか期待混じりに聞こえる。ノムさんの目に、中村はどう映るのか──。

 すでにプロ志望届を出すと表明している中村。野村氏が厳しくも温かい言葉を送るのは、その決断が“キャッチャーは高校卒業してすぐにプロ入りすべき”という持論と符合しているからだろう。

「18~22歳は野球についての考え方が最も影響を受ける時期。大学や社会人に進むと、一回負けたら終わりのトーナメント用の無難な配球ばかり覚えてしまう。そういう間違った野球を教えられると、悪い癖を直すのにプロの指導者が苦労する。申し訳ないが、オレは高卒以外のキャッチャーは信用していないよ」

 名捕手といわれてきた選手のなかでは森祇晶(巨人)、岡村浩二(阪急ほか)、谷繁元信(横浜ほか)らが高卒プロ入りしている。野村氏もそうだ。

「今の段階で基本ができてないとしても、そんなものは意識の問題だし、プロでコーチが指導してやれば何の問題もない。肩もいいし、資質は申し分がない。構えやキャッチングは、本人が意識さえすれば簡単に進歩するよ」

 ただ、気になるのは近年、ドラフト1位の高卒キャッチャーがことごとく結果を残せていないことだ。2000年代に入って高卒ドラ1捕手でレギュラーに定着したのは炭谷銀仁朗(西武)しかいない。

「高卒キャッチャーがぶつかる壁は、配球術だろうな。教えられるコーチがいないからか……」

◆「4つのペア」を駆使せよ

 そう考え込む野村氏に、中村に伝えるべき「リードの極意」とは何かを聞いた。すると「根拠のないサインは出すな。それだけだ」と断言した。

「ここでなぜカーブを要求したかということに対し、ちゃんと説明できることが重要。無責任なサインは出すなというのが、オレの考えだ」

 配球とはつまるところ「4つのペア」の組み合わせに集約できるという。外角と内角、速いと遅い、ボールとストライク、逃げる球(スライダー)と食い込む球(シュート)──。この4要素を材料に、相手バッターを料理するのだと野村氏は語気を強める。

「そのためにはまず、打者のタイミングが合っているかどうかを観察、相手が変化球にどう対応しているかを洞察、それを総合して攻略法を判断する。

 キャッチャーは敵を知らないと商売にならない。プロはとにかく、『敵を知り、己を知る』こと。バッターはヒーローインタビューで本当のことなんか言わないんだ。たとえ球種にヤマを張っていてたまたま当たっただけでも、“体が自然に反応してくれました”なんて平気で嘘を言う。結果がすべての世界だから、何を言ったっていい。だからこそキャッチャーは自分の目でバッターの頭の中を見通すしかない。

 右目でボールを受け、左目で打者の反応を見る。どんなに選球眼のいい打者でも、コースは見分けられても高低に対応するのは難しい。そうした仕組みを知ったうえで、配球を組み立てていくわけだよ。最後に考えても分からなくて、困ったときには原点に戻って、“外角低め”を要求する。まぁ、いつも困っているのか、外角一辺倒の楽天の嶋(基宏)みたいなのもいるから教える側も大変なんだ(笑い)」

 監督を退いても、野村氏の捕手への評価は辛口だ。ただ、やはり同じ捕手として中村には期待するところが大きいという。

「いままで話したような意識を持ってやれば、素質を生かして、いいキャッチャーになれると思う。ただ、彼を伸ばせる球団があるかどうかが心配だけどね。とにかく自ら勉強する。捕手として成長できれば、配球の読みも深くなって、今以上に相手が怖がるバッターにも成長できるはず。オレが捕手をやっていたおかげで打者として数字を残せたように、ね。

 なに、広陵の先輩には小林(誠司、巨人)がいる? あんなの目標にしているようじゃダメだ。夢が小さすぎるよ」

 中村を語る野村氏はやはりどこか嬉しそうに見えた。

※週刊ポスト2017年9月15日号

関連記事(外部サイト)