松坂大輔が三軍球場で「息子と笑顔でキャッチボール」の意味

松坂大輔が三軍球場で「息子と笑顔でキャッチボール」の意味

今季は2軍のマウンドさえ登っていない(写真:時事通信フォト)

 右肩を痛めリハビリを続けているソフトバンク・松坂大輔(36)の投げる姿が、久々に目撃された。ただし、球を受ける相手はキャッチャーではない。9歳になる長男である。

 松坂は2015年に日本球界に復帰したものの、度重なる故障で、一軍登板は1度きり。今季は二軍のマウンドにさえ登らなかった。

 寂しいリハビリ生活を続ける松坂のもとを今夏、ボストン在住の妻で元日本テレビアナウンサーの柴田倫世さん(42)と、3人の子供が訪れたという。

「倫世さんは子供の教育のため生活拠点をボストンに置き、福岡出身なのにめったに帰ってこない。ソフトバンク入団にあたって家族揃っての帰国を希望した松坂に『あなたがいなくても大丈夫』と言って単身赴任させたという。その倫世さんが子供たちを連れて帰国していた」(スポーツ紙デスク)

 二軍と三軍の本拠地であるタマスタ筑後に松坂が長男を連れてきたのはそんな中でのことだった。

 球団職員に断わってから長男を外野まで連れていくとおもむろにキャッチボールを始めたという。松坂は1球ごとに「ナイスキャッチ!」と声をあげた。

「最近は暗い顔が多かった松坂ですが、この日は満面の笑みでした」(球団関係者)

 そのとき、松坂は長男に向けて、ある決意を告げた。

「パパ、今年で最後だと思うから」

 この言葉を現場で耳にした球団関係者らは、ショックを隠せない。

「ついに来たか、という感じです。今年の開幕を『最後のチャンス』と位置付けて松坂はオフから過酷なトレーニングを課し、オープン戦では結果を残したが、それでも層の厚いソフトバンクの先発ローテーションには食い込めなかった。

 王貞治球団会長や孫正義オーナーは復帰を願ってやまず、入来祐作三軍投手コーチが積極的に話しかけて励ましているが本人はもう復活を諦めかけているようにも見えます。せめて子供にグラウンドの勇姿を見せたかったのでしょうか」(同前)

 チームはリーグ優勝に向けて独走態勢。一人忘れ去られた“元怪物”が球場で見せた「父の顔」は何を意味するのか。

※週刊ポスト2017年9月22日号

関連記事(外部サイト)