衣笠祥雄氏 カープ一筋23年も監督・コーチ未就任の理由

衣笠祥雄氏 カープ一筋23年も監督・コーチ未就任の理由

球史に残る金字塔を打ち立てた(時事通信フォト)

 4月23日に上行結腸ガンのために71歳で亡くなった衣笠祥雄氏。2215試合連続出場のプロ野球記録を持ち、国民栄誉賞を受賞した広島の“鉄人”である。その衣笠氏の最大の「謎」は、カープ一筋で23年間プレーしたのに、広島の監督どころか、コーチにも就任した経験がないことだ。

 同じくカープ一筋で、ONに次ぐ86回のアベックホームランを放ったチームメイトの山本浩二氏が、2度(合計10年)も監督を務めているのとは対照的だ。カープ担当経験のあるベテラン記者がいう。

「“ミスター赤ヘル”の山本氏は、チーム内にシンパも多い。一方の衣笠氏は一匹狼的な存在で、広島では“外様”だった江夏豊氏(1978~1980年に在籍)と仲がよかった。そうした独特のスタンスに加え、引退後に生活拠点を東京に移したことも関係した」

 カープOBは、引退後に東京で解説者などの仕事が増えても、生活拠点は広島に残していることが多い。

「山本浩二氏もそうだし、大野豊氏や川口和久氏も“二重生活組”です。“広島愛は捨てない”というスタンスを先代の松田耕平オーナー(故人)や球団幹部が好んだからといわれている。衣笠氏はそうした慣行に倣わなかった。それにより、もともと衣笠氏を可愛がっていた先代オーナーとの関係が微妙になったという話を関係者の間ではよく聞く。

 阪神なら村山実と吉田義男、巨人では王貞治と長嶋茂雄といった具合に、チーム内のライバルの片方が監督をしたら、もう一方にもやらせるのが球界の“常道”。ただ、オーナー一族の人事への影響力が12球団で最も強いといわれた広島だから、“謎の処遇”が生まれたのかもしれない」(同前)

 衣笠氏自身が、監督としてユニフォームに袖を通したかったのかは、今となってはわからない。あるカープのOBの証言だ。

「衣笠さんに晩年、“監督をやりたくないんですか?”と聞いたら、“現場が一番面白いことはわかっているけど、戻るためには人間関係が絡む。そういうのが煩わしいんだ”と話していた。衣笠さんなりに、葛藤があったのではないか」

 現役時代の活躍だけでファンに鮮烈な印象を残し、鉄人は逝った。

※週刊ポスト2018年5月18日号

関連記事(外部サイト)