巨人・梶谷に「最悪のFA戦士」落胆の声 今季絶望の左ひざ手術が物議、“故障体質”への懸念は獲得当初から

巨人・梶谷隆幸が左膝を手術 早くも「球団史上でも最悪級のFA戦士」との声も

記事まとめ

  • 巨人が、梶谷隆幸が東京都内の病院で左膝内側半月板縫合手術を受けたと発表した
  • 梶谷はDeNA時代に何度も故障に見舞われており、巨人に移籍した昨季も3回故障している
  • ファンは不満を募らせており、「球団史上でも最悪級のFA戦士だな」とやゆされている

巨人・梶谷に「最悪のFA戦士」落胆の声 今季絶望の左ひざ手術が物議、“故障体質”への懸念は獲得当初から

巨人・梶谷に「最悪のFA戦士」落胆の声 今季絶望の左ひざ手術が物議、“故障体質”への懸念は獲得当初から

画像はイメージです

これまで横浜・DeNA(2007-2020)、巨人(2021-)でプレーし、昨季までに「956試合・.270・123本・420打点」といった通算成績を残しているプロ16年目・33歳の梶谷隆幸。12日、左膝の手術を受けたと球団が発表したことが報じられた。

 報道によると球団はこの日、梶谷が東京都内の病院で左膝内側半月板縫合手術を受けたことを発表。手術は無事に終わり、退院後からリハビリを開始するというが、今季中の復帰は絶望的な見通しだという。

 昨年10月に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた梶谷は今春キャンプから別メニュー調整を行っていたが、開幕後は一・二軍共にここまで未出場。各報道では復帰に向けて励む過程の中で左膝に異常が発生し、回復が思わしくないことから手術に踏み切ったとみられている。

 梶谷の手術報道を受け、ネット上には「腰やったばっかなのに左ひざも手術ってマジかよ」、「早期復帰を焦った結果痛めてしまったってことなのか?」、「なんか復帰後も心配だな、腰・ひざに古傷あったら打撃フォームもかなり狂うんじゃないか」と落胆の声が挙がった。

 同時に、「だから梶谷はFAで獲ってほしくなかったんだ」、「元々故障体質だったのに大枚叩いたフロントはやっぱり間違ってた」、「故障リスクが高すぎるって意見に耳を傾けなかった球団は猛省してほしい」と球団へ怒りをぶつけるコメントも多数見られた。

 「巨人は2020年オフに梶谷を4年8億円の大型契約でFA獲得。ただ、梶谷は横浜・DeNA時代に右足首痛(2013)、左脇腹筋膜炎(2016)、右肩痛(2018)、左かかと打撲(2020)と何度も故障に見舞われている選手だったため、当時は『まともに稼働するとは思えない』と獲得に反対する意見も少なからず挙がっていました。移籍初年度の昨季も左太もも裏負傷(5月)、右手甲骨折(7月)、腰痛(9月)とけがが頻発し、さらに今回の左膝故障・手術で2年目の今季は早々に終了した形ですが、獲得当初から反対していたファンは『だから言ったじゃないか』とさらに不満を募らせているようです。これほど故障が相次いでいる詳しい原因は不明ですが、一つの故障をかばった結果他の箇所に負担がかかって故障し、そのけがをかばった結果また別箇所を痛めるといった負の連鎖に陥っている可能性も考えられます」(野球ライター)

 契約終了まではまだ2年あるが、早くも「球団史上でも最悪級のFA戦士だな」とやゆされてもいる梶谷。故障復帰後にファンの信頼を取り戻すことは果たしてできるのだろうか。

文 / 柴田雅人

関連記事(外部サイト)