サンフレッチェ広島、またもユニデザインが物議?「カープとほとんど一緒」 スポーツ店から流出したサードユニの真偽は

サンフレッチェ広島、またもユニデザインが物議?「カープとほとんど一緒」 スポーツ店から流出したサードユニの真偽は

画像はイメージです

 サッカーJ1・サンフレッチェ広島のサードユニフォームデザインが、ネット上のサンフレッチェファンの間で物議を醸している。

 サードユニフォームとは公式戦で着用されるユニフォームの一種で、ホームユニフォーム、ビジターユニフォームとは異なる配色・デザインが一般的。J1クラブでは、昨年12月25日に浦和レッズ、今年1月11日に北海道コンサドーレ札幌がサードユニフォームの概要を発表しているが、サンフレッチェはまだ公式発表をしていなかった。

 ところが18日、“広島県内のスポーツ用品店の店頭に掲示された商品ポスターの中に、未発表のサードユニフォームが掲載されている”と、複数のサンフレッチェファンがツイッター上にポスターの画像と共にツイートした。

 ツイートに添付されたポスターの画像を見ると、右側にホーム、左側にビジターのユニフォームの写真が掲載されている中、ビジターユニフォームの写真の下にサードユニフォームのシャツ部分の写真が「3rd(一般サイズのみ)の発売日は確定次第ご案内いたします」という一文と共に掲載されている。

 サンフレッチェは2012年に一度、サードユニフォームを採用しているが、この時のシャツは白地にサンフレッチェのチームカラーである紫の横線が胸のあたりに1本入ったデザインだった。ただ、今回のシャツは全面が赤色で、襟元から裾に向かって黒の縦線が2本入っているデザインとなっており、同じ広島を本拠地とするプロ野球・カープのビジターユニフォームと似通ったようにも見えるデザインだった。

 サンフレッチェは昨年12月、チームカラーの紫ではなく、“カープに由来した赤色”を採用したビジターユニフォームを発表するも、多くのファンから猛反発を受けている。この経緯もあってか、ネット上のサンフレッチェファンは「デザインがカープとほとんど一緒、どこまでファンを馬鹿にしたら気が済むんだ」、「ビジターユニがあれだけ炎上したのに、サードユニで火に油を注ぐとか信じられない」、「ここまでひどいともう笑いしか出てこないな」と、今回流出したサードユニフォームデザインを批判している。

 一方、「過度に騒いでる奴が多すぎる、正式発表ぐらい待てないのか」、「サードユニなんて年に数回着るかどうかなんだから、そこまで目くじら立てなくてもよくない?」、「そもそも未発表の情報を流出させた店側が一番悪いだろ」といった、サードユニフォームデザインに反発するファンや、流出させたスポーツ用品店に対する苦言も複数見受けられた。

 今回の一件について、クラブ側は19日に公式ツイッターで「一部販売店が、当クラブのユニフォーム予約受付について誤った情報を発信したとの報告を受けております。現時点で『3rd(サード)』という位置づけのユニフォームの予定はございません」とツイートしている。しかし、当該ツイートの返信欄には、より詳細な説明を求めるファンの声も多数寄せられている。

文 / 柴田雅人
記事内の引用について
サンフレッチェ広島の公式ツイッターより
https://twitter.com/sanfrecce_SFC

関連記事(外部サイト)