中日、契約更改で保留が続出している事情 球団代表も苦悩を吐露? ファンから「楽天みたいに資料出せ」の声も

中日ドラゴンズの契約更改で保留選手が続出し物議 木下拓哉、福谷浩司、福敬登が保留

記事まとめ

  • 中日ドラゴンズの契約更改で保留選手が続出していることが物議を醸している
  • 木下拓哉、福谷浩司、福敬登が保留し、ネット上では理解の声が寄せられた
  • 一部からは「楽天みたいに経営資料出せばいいのでは」などといったコメントもあがった

中日、契約更改で保留が続出している事情 球団代表も苦悩を吐露? ファンから「楽天みたいに資料出せ」の声も

中日、契約更改で保留が続出している事情 球団代表も苦悩を吐露? ファンから「楽天みたいに資料出せ」の声も

木下拓哉

 今季「60勝55敗5分・勝率.522」でセ・リーグ3位となり、2012年以来8年ぶりとなるAクラス入りを果たした中日。その中日の契約更改で保留選手が続出していることがネット上のプロ野球ファンの間で物議を醸している。

 >>大補強浮上の巨人に「短絡的すぎる」と反発「ソフトバンクみたいに…」育成への注力を切望する声も<<

 中日は26日、来季に向けた契約更改をスタートさせたが、その初日に今季正捕手として「88試合・.267・6本・32打点・67安打」とキャリアハイの試合出場数を記録した木下拓哉が保留。報道によると、木下は今季年俸1200万円(推定)から増額提示を受けたとのことだが、納得できなかったのか「もう一度家でじっくり考えさせてください」と一度持ち帰って考えることを決断したという。

 さらに、翌27日には「14登板・8勝2敗・防御率2.64」と自己最多の白星をマークした先発・福谷浩司、「53登板・5勝5敗25ホールド2セーブ・防御率3.55」で最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得したリリーフ・福敬登の両名も増額提示を保留。今季年俸1800万円(同)の福谷は「他のチームの契約更改の結果込みで考えたい」、同2500万円(同)の福は「提示額と僕の思っていた額に多少の開きはありました」とそれぞれ保留の理由を明かしたことが伝えられている。

 更改開始から2日で保留選手が3名出たことを受け、ネット上には「この3人は全員今季頑張ったから球団に物申す権利はある」、「球団がコロナを口実にあえて低い金額を提示してる可能性もある、納得するまで徹底的に戦えばいい」といった理解の声が寄せられる一方、「球団もコロナで苦しいんだから変にゴネるなよ」、「年俸上がるだけまだマシだと思うけどなあ」との反発も複数見受けられた。

 一方、一部からは「楽天みたいに経営資料出せばいいのでは」、「楽天のやり方を踏襲すれば球団も苦しいことを選手に納得してもらえるんじゃないか」と他球団である楽天を絡めたコメントも挙がっている。

 「楽天は中日と同じく26日から契約更改を開始していますが、交渉の際に今年の収支など球団の経営状況を開示することを安部井寛チーム統括本部長が明言。詳しい数字を交えて選手に理解を求めていることが功を奏しているのか、ここまでは1人の保留もなくスムーズに更改が進んでいます。中日も加藤宏幸球団代表が『今年は経営が厳しい』と収益悪化の影響で例年のような昇給はできないと明かしていますが、今回保留した3名は交渉後のコメントを見る限り球団の懐事情が厳しいこと自体は理解しているようですので、楽天と同様のやり方で丁寧に説明すれば納得してもらえる可能性も上がるのではと考えているファンは多いようです」(野球ライター)

 ここまで3名が保留したことで、今後も彼らの後に続く選手が複数出てくるのではとみられている中日。選手側から理解を得るには、より丁寧な説明に終始するほかないのかもしれない。

文 / 柴田雅人

関連記事(外部サイト)