現役続行の日本ハム・斎藤に栗山監督がカミナリ?「それでも野球をやりたい」頼みの綱は“マー君の治療法”か

北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹は、田中将大も経験したPRP療法が頼みの綱か

記事まとめ

  • 北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹が、ダウン提示を受け入れ、現役続行となった
  • 斎藤はシーズン中盤に靱帯損傷と診断され、手術ではなくPRP療法を行ったらしい
  • 栗山英樹氏と厳しい言葉のやり取りもあったという斎藤は、田中将大も経験した療法実施

現役続行の日本ハム・斎藤に栗山監督がカミナリ?「それでも野球をやりたい」頼みの綱は“マー君の治療法”か

現役続行の日本ハム・斎藤に栗山監督がカミナリ?「それでも野球をやりたい」頼みの綱は“マー君の治療法”か

斎藤佑樹(写真は早大時代)

 ドライチ、「ハンカチ王子」と呼ばれた国民的スター。今さらだが、その経歴が重圧となっていることを再認識させられるような“契約更改劇”だった。

 北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手がダウン提示を受け入れた。来季の推定年俸は1250万円、3年続けて一軍での勝ち星はナシ、プロ10年目の今年は一軍昇格すらできなかった。他のピッチャーなら、戦力外を通告されてもおかしくはないのだが、現役続行となった。

 「来季の契約予定者を指す保留者名簿が提出され(12月2日)、その中に斎藤の名前も入っていました。この時点で『クビはない』と判断されましたが、本人もかなり悩んだみたいですよ」(球界関係者)

 斎藤は更改後の会見で、こうも語っていた。

 「それでも野球をやりたい気持ちが強かった」

 右肘の故障のことだ。手術の可能性も伝えられていた。先に球団幹部が明かした限りでは、今春のキャンプ中から痛みがあったという。シーズン中盤になって調べてみたら、「靱帯損傷」と診断された。

 >>日本ハム投手が球団フロントに激怒「低すぎるよ!」球界が変わるきっかけに?賛否を呼んだ“セカンドバッグ投げつけ事件”<<

 この右肘の靱帯損傷が判明した10月、チーム戦力を統括する吉村浩ゼネラルマネージャーは「手術するかどうか、検討中」と“意味シン”な物言いをしていた。

 10月16日の巨人二軍戦で中継ぎ登板し、1イニングともたず、5失点と大炎上した。「斎藤の次回登板を見送る」との説明の中で、右肘の損傷を打ち明けたのだが、すぐに手術に踏み切られなかったことで、「治す必要がないからか、引退か?」という予測も広まった。

 「斎藤は手術ではなく、自身から採取した血液の血小板を高濃度にしたものを患部注入する『PRP療法』を行ったそうです。手術するよりも治るのが早いそうです」(スポーツ紙記者)

 早期回復が手術回避の理由とされているが、前出の関係者は「そんな単純な選択ではなかった」と説明する。

 「今後のことを栗山英樹監督に相談しています。栗山監督に励まされたことは会見で伝えていますが、厳しい言葉のやり取りもあったようです」

 斎藤は「まだ野球を続けたい」と口にしたことで、PRP療法が行われたそうだ。

 そのPRP療法だが、夏の甲子園のライバル・田中将大も2014年7月に経験している。「右肘靱帯の部分断裂」という重傷だったが、2か月半後には実戦復帰も果たしている。田中の前例からして、来春キャンプでは全力投球もできるだろう。

 田中は06年夏の甲子園大会では斎藤に敗れたが、その後の野球人生では逆転。天と地ほどの差を見せつけている。斎藤のプロ・ルーキーイヤーとなった11年には最多勝、田中のNPBラストイヤーの13年は24勝で負けナシ、同年の斎藤は未勝利だった。20年、ヤンキースから田中の提示された年俸は2300万ドル(約23億3000万円)で、昇給での再契約も伝えられている。

 田中も経験したPRP療法で復活となれば、良いのだが…。(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)

×