阪神・佐藤の活躍で首脳陣が仲間割れ? 矢野監督の構想でマルテ・糸井にスタメン落ちの危機か

阪神・佐藤の活躍で首脳陣が仲間割れ? 矢野監督の構想でマルテ・糸井にスタメン落ちの危機か

画像はイメージです

 ルーキー・佐藤輝明選手を開幕スタメンで起用するのなら、弾かれるのは糸井か、マルテか?

 神宮球場で行われた東京ヤクルトとのオープン戦は、阪神が勝利した(3月16日)。この日のスターティング・メンバーを見て、「阪神打線は脅威」と感じた関係者も少なくなかった。もっとも、それはクリーンアップ候補全員を「ペナントレース本番でも起用できたら」の話だが…。

 「マルテが指名打者、サンズが一塁、注目の佐藤はこの日はライトの守備に入り、代わってレフトを守ったのは糸井嘉男でした」(スポーツ紙記者)

 サードには、大山悠輔が入った。この大山を含めたクリーンアップ候補の5人がバットで結果を出したが、彼らは守備位置が重複する。そのため、1人か2人を開幕スタメンから外さなければならないのだ。

 「マルテ、糸井が外れるというのが、大方の予想です」(前出・同)

 しかし、その前にひと波乱起こりそうなのだ。「三塁・大山」。これは、矢野燿大監督の意見。「佐藤を三塁で使ってほしい」とするファンの声は多いが、指揮官が「三塁・大山、外野手・佐藤」で構想している以上、この2人の守備位置に関しては“決定”と捉えるしかない。だが、矢野監督はもう一つの構想も描いていた。

 「今年から一塁を守る予定のサンズを、どこかのタイミングで外野に戻そうとしています。『左翼・サンズ、中堅・近本、右翼・佐藤』で、外野のスタメンをイメージしています」(球界関係者)

 ということは、一塁が空く。一塁ができるのはマルテ。糸井が開幕スタメンから外れることになるが、外野守備力で「サンズの外野帰還」に反対する声も首脳陣から出ているそうだ。

 「16日のオープン戦ではマルテを守備につけず、指名打者で使いました。サンズを一塁から動かせず、レフトは糸井で決まると思われます」(在阪記者)

 >>阪神ドラ1・佐藤、3タコ2三振でも開幕スタメンに前進? 敵選手の意味深コメントは高評価の証か<<

 また、気になる情報も聞かれた。ネット裏のライバル球団のスコアラーたちは、こんな見方もしていた。「佐藤に内角攻めを最初に食らわすのはどの球団か?」と。

 確かに、これまで対戦してきたチームは外角中心の配球だ。それも直球ばかりであり、その辺については、阪神首脳陣も心配している。内角の厳しいところを攻められ、のけ反るような場面をあったら、その後に投じられる外角球の変化球に対し、しっかり踏み込んで打つことができるのかどうか…。

 これも避けては通れない「プロの試練」ではあるが、開幕直前でそれを食らったら、好調な佐藤の打撃が下降してしまうかもしれない。有事の際は、佐藤を外して糸井を使う事態も考えられる。

 「サンズを外野に戻す案、糸井のスタメン落ちの危機など、全ては佐藤の打撃が好調なことが前提にされています」(前出・球界関係者)

 歴代の阪神スラッガーの成績を調べ直してみた。ルーキーイヤーに2ケタの本塁打数を放ったのは、田淵幸一、岡田彰布の両氏だけ。高卒ルーキーではあったが、掛布雅之氏は3本で、近年の左バッターでは高山俊の8本が左打ちでは最高数値だ。

 田淵、岡田両氏は右バッターであり、「左バッターは甲子園球場の浜風に苦しめられる」傾向は、やはり否定できない。佐藤が開幕スタメンから外れたら、楽しみは半減する。守備位置の問題もそうだが、今年の阪神は佐藤のバット次第と言えそうだ。(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)

×