オリックス中嶋監督ドラフト1位、椋木蓮を「高い能力を持つピッチャー」と評価!

オリックス中嶋監督ドラフト1位、椋木蓮を「高い能力を持つピッチャー」と評価!

オリックス・中嶋聡監督

 プロ野球ドラフト会議が11日、都内のホテルで行われた。10日の時点での順位が指名順に反映されており、オリックスは12球団の最後に指名となったが、東北福祉大の右腕、椋木蓮を一本釣りしている。

 中嶋聡監督は「ボールの強さがあり、スライダーのキレもある。高い能力を持つピッチャー。全ての可能性を持っている。投げているのを見て考えたい。エース候補として考えている」と指名直後にコメント。期待を寄せていた。

 オリックスが指名した選手と担当スカウト、スカウトの評価は次の通りだ。

1位
椋木 蓮(むくのき れん)投手
右投 右打
東北福祉大学
担当スカウト上村和裕
MAX154キロの伸びのあるストレートと斜めに鋭く曲がるスライダーが武器。先発でもリリーフでも対応でき、1年目からフル回転の活躍が期待される即戦力投手。

2位
野口 智哉(のぐち ともや)内野手
右投 左打
関西大学
担当スカウト谷口悦司
走攻守全てのレベルが高く、大学1年から日本代表候補に選ばれた身体能力を持つ。アマチュア球界1の肩の強さを活かした守備にパワフルな打撃も魅力の選手。オリックスJr.出身。

3位
福永 奨(ふくなが しょう)捕手
右投 右打
國學院大学
担当スカウト小松聖・上村和裕
抜群のキャプテンシーでチームを勝利に導き、安定したスローイングと長打力のある打撃が魅力。視野も広く、将来的にはチームを引っ張る主力捕手としての期待も大きい選手。

4位
渡部 遼人(わたなべ はると)外野手
左投 左打
慶應義塾大学
担当スカウト早川大輔
1塁駆け抜け3.7秒の俊足が魅力で、外野手としての捕球センスも抜群。将来的にはレギュラーも狙える好素材。

5位
池田 陵真(いけだ りょうま)外野手
右投 右打
大阪桐蔭高校
担当スカウト谷口悦司
無駄な動きが無く、インパクトに爆発的な力を伝えられるスイングで、センターから右方向へも本塁打が打てる。緊張したことが無いというメンタルの強さが、チャンスの場面でもアグレッシブなプレースタイルを可能にしている。オリックスJr出身。

6位
横山 楓(よこやま かえで)投手
右投 両打
セガサミー
担当スカウト上村和裕
コンパクトなテイクバックからスピンの効いたMAX153キロのストレートとキレのある変化球で空振りが取れるパワーピッチャー。

7位
小木田 敦也(こぎた あつや)投手
右投 右打
TDK
担当スカウト上村和裕
ストレート、スライダーのキレで空振りが取れる。即戦力としての期待がかかる実戦派右腕。

育成
1位
山中 尭之(やまなか たかゆき)外野手
右投 右打
茨城アストロプラネッツ
担当スカウト上村和裕
持ち前のフルスイングから放たれる長打力が魅力。将来の大砲候補。

2位
園部 佳太(そのべ けいた)内野手
右投 右打
福島レッドホープス
担当スカウト小松聖
逆方向にも大きい当たりを放つなど、長打力が魅力の内野手。

3位
大里 昂生(おおさと こうせい)内野手
右投 左打
東北福祉大学
担当スカウト上村和裕
内外野を守れるユーティリティプレイヤー。ボールへのコンタクト、選球眼に優れており、出塁率が高い選手。
球団は今後、交渉権を獲得した選手に指名挨拶をした上で、仮契約を締結。12月中旬以降に新入団選手発表会見が行われる見込みだ。

(どら増田 / 写真・Rinco)

関連記事(外部サイト)