【オリックス】“準本拠地”ほっと神戸今季最終戦で大敗も、比嘉の復活登板に光明

【オリックス】“準本拠地”ほっと神戸今季最終戦で大敗も、比嘉の復活登板に光明

(提供:リアルライブ)

▽6日 オリックス 0-8 ソフトバンク(ほっと神戸)
オリックス5勝15敗 観衆 17,994人

オリックスは29日の千葉ロッテ戦(ZOZOマリン)に先発するも5回途中で降板し、試合後は福良淳一監督から「次のチャンスはない」とまで言われた山田が背水の陣で先発。しかし初回、今宮に第12号ソロホームランを打たれると、3回にはデスパイネに第30号3ランを浴びてしまい、3回を6安打、5失点の内容で降板。課題と言われていた四球はなかった(死球は1あり)が、首位を走る強力ソフトバンク打線を抑えられず、ベンチが与えたチャンスに応えることが出来なかった。6回には3番手の小林が満塁の場面から、高谷に走者一掃となるタイムリースリーベースヒットを打たれ8点差に。打線はソフトバンク先発の武田から8安打を放ち再三チャンスを作るも、あと1本が出ないまま完封負け。敗戦投手は山田で(0勝)3敗目。

大敗を喫したオリックスだが、最終回に今季初登板した比嘉は明るい話題と言ってもいいだろう。優勝争いをした2014年に“火消し役”として大活躍するも、近年は怪我に泣かされてきた。今季も出遅れたがファームでは好投を続けており、ファンからは一軍での登板が待ち望まれていた。比嘉の名前が場内にコールされると大歓声が起こる。比嘉は先頭の中村をショートゴロで打ち取ると、福田、江川を連続三振に斬って取り、今後に期待が持てる復活登板劇に大きな拍手が送られた。

オリックスはこの日が準本拠地として年間15試合(今季は1試合が雨天で京セラDに振り替え)開催している、ほっともっとフィールド神戸での今季最終戦だったが、有終の美を飾れず。今季神戸での戦績は5勝9敗と大きく負け越してしまった。神戸の根強いファンのためにも来季は神戸でもっと勝つ姿を見せてもらいたい。

■福良淳一監督 一問一答

ーー山田は…

「うーん。一緒ですね。やってることが」

ーー本人はストライクゾーンで勝負することを意識していたようだが?

「そういう風には見えなかったですけどね」

ーー打者と勝負出来てない?

「出来てないですね」

ーーさすがにもう次は厳しい?

「と思うんですけどね(苦笑)。ピッチングコーチがどういう風に取るのかはわからないです」

ーー打つ方は…

「あの(3回の)4点で楽に投げさせられちゃいましたね」

ーーヒットはけっこう出ていたが?

「ヒットは打ったんですけどね。ココというところですよね。気持ち良く投げさせ過ぎですね。競っていけばまだわからなかったですけどね」

■選手談話

山田修義投手
※先発3回、6安打、5失点の内容
「ストライクゾーンの中で、勝負することを意識して投げたんですが。
なんとか先発としての役割を果たしたかった。悔しいし、申し訳ないです」

取材・文・写真/どら増田(オリックス番ライター)

関連記事(外部サイト)