松坂「故障降板」で高橋監督が選択したベテラン排除の采配

松坂「故障降板」で高橋監督が選択したベテラン排除の采配

画像はイメージです

 巨人のベテランは、チームに緊張感を与えているか…。
 13日、巨人戦に先発した松坂大輔(37=中日ドラゴンズ)が3回途中で降板した。右ふくらはぎに違和感を訴えての緊急降板だったが、中日ナインに大きな衝撃が走った。
 「自軍の攻撃中、ベンチ前でキャッチボールをしますよね。その際、松坂は足を伸ばすストレッチもやっていたんです。詳しくは言えませんが、試合中、ピッチャーがコーチ、トレーナーを呼ぶサインがあるんです。阿部(慎之助=39)に四球を出した後、そのSOSのサインを出していました」(関係者)
 ストレッチをするなどの前兆、そして、SOSサインは野手陣も知っている。それでも中日ベンチに衝撃が走った理由は、松坂がチーム全体に及ぼす大きな影響力を持ったベテランであるからだ。
 「中日はこのままワンサイドで負けるのはヤバイと思ったんでしょうね。9回最後の攻撃で、巨人のクローザー・カミネロ(30)から4点をもぎ取り、苦しめたのはせめてもの救い」(ベテラン記者)

 この9回表、巨人ナインにも「衝撃」が走ったという。
 9回表、中日の攻撃が始まった時点でのスコアは9−1。カミネロの登板は間隔を空けないための調整だった。しかし、中日打線の猛攻が始まり、ブルペンも慌ただしくなった。
 「澤村、マシソンを上らせてしまいました(ベンチに戻す)。急いで呼び戻し、肩を作らせようとしましたが…」(前出・関係者)
 一度切れた集中力を戻すのは並大抵ではない。だが、巨人のレジェンド・上原浩治(43)だけは違った。短時間で肩を作る術も習得していたのだろう。他投手も急ピッチでキャッチボールを始めたが、上原はすぐに、スタンバイOKとした。

 「高橋(由伸=43)監督はカミネロの続投を選択しました。当然、上原がスタンバイOKなのは報告されていましたが」(前出・同)
 「続投」の真意は分からない。投手出身のプロ野球解説者がこう言う。
 「一つはカミネロのプライド。クローザーの大役を任せたのだから、たとえまた失点があるとしても、彼で終わらせることに意義があります。あとは余計なピッチャーを使い、ブルペンを消耗させるのを嫌ったんでしょう」
 5月4日のことだった。このDeNA戦は延長12回、無得点ドローとなった。先発・菅野が8回までを投げ、そのあとはカミネロ、マシソン、澤村が続き、DeNA打線を無得点に抑えていく。そして、12回裏、DeNA最後の攻撃の場面だった。規定により、13イニング目には入らない。12回表、巨人が無得点で終わった時点で「巨人の勝ち」はなくなった。サヨナラ負けを喫するよりは無得点ドローのほうがいい…。巨人ナイン、Gファンはベテラン上原の登板を予想したが、高橋監督が告げた最後の投手は宮國だった。

 「上原が調子を落とし、失点する場面も続いていました。宮國を出した方が失点しない可能性が高いと踏んだのでしょう」(前出・ベテラン記者)
 この采配に、巨人ナインは「今年の監督は違う」と驚いたそうだ。4番を任せていたマギーを外して阿部を使った試合もある。「実績」ではなく、「今、どうなのか?」で起用を決めるというわけだ。
 この非情とも取れる采配がチームに緊張感も与えた。
 「中日の森監督は松坂を特別扱いしています。連投ができないので配慮するのは当然ですが、イニング途中での故障降板はチームに悪いイメージも残します。もっとも、高橋監督も早く上原のプライドを回復させる機会を作らなければなりませんが」(前出・プロ野球解説者)

 上原は松坂の途中降板に何を思ったのだろうか。今のところ、ベテランの起用法に関しては高橋監督のほうが巧くいっているようだが…。

関連記事(外部サイト)