張本氏「オリックスとヤクルトはペナントレース最下位」全員間違いを指摘せず、ファンが激怒

張本氏「オリックスとヤクルトはペナントレース最下位」全員間違いを指摘せず、ファンが激怒

画像はイメージです

 17日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏がまたもオリックス・バファローズを蔑視するような発言を行い、ファンの怒りを買うシーンがあった。

 「週刊ご意見番」コーナーでは、元サッカー日本代表の金田喜稔氏を迎え、16日に行われたプロ野球セ・パ交流戦6試合を一気に放送する。この様子を見た張本氏は、

 「交流戦ではヤクルトがトップですよ。ペナントレースでは最下位だからね。オリックスも最下位だから。それがこれ、あと2試合しかないんですよ。18ゲームですから。交流戦が」

 と、セ・リーグ5位とヤクルトとパ・リーグ4位のオリックスのことを「最下位」と言い切ってしまった。

 発言後、関口宏がおもむろに両リーグの順位表が書かれたフリップを取り出し球団別に星取りを確認。そこにはしっかりと5位ヤクルト、4位オリックスの記載があったのだが、張本氏以下、金田氏、関口、唐橋ユミ全員が間違いを指摘せず。そのまま次の話題へと移った。

 この様子に、ヤクルトファンとオリックスファンが激怒。特にオリックスは先週も「巨人は今のオリックスなんかに負けたらいかんわね」と発言されているだけに、「何か恨みがあるのか」「知らないならコメントするな」「許せない」など、怒りの声が殺到することになった。恨みを持っているというわけではないのだろうが…。

 張本氏が野球界のレジェンドであり、日本プロ野球界で最もヒットを放った打者であることは間違いないが、最近の野球界については疎いと言わざるを得ない。

特にパ・リーグについては知識不足が顕著で、5月27日の放送でも、日本ハムに迫られている状態の西武ライオンズについて、「西武1強」と断言し、解説の黒木知宏氏にやんわりと全否定されたことがあった。

 歯に衣着せぬ発言が人気の張本氏だが、それも野球界での実績と「知識」があってこそ。いくらレジェンドとはいえ、現状を何も知らないのでは、発言に説得力も生まれない。せめて順位くらいはチェックして番組に臨んでほしいものである。

関連記事(外部サイト)