【DeNA】神宮の魔物に飲み込まれ最下位転落…いまこそ“熱く立ち上がれ“

【DeNA】神宮の魔物に飲み込まれ最下位転落…いまこそ“熱く立ち上がれ“

ラミレス

☆ジャイアンツに連勝後の神宮

 ここまで6勝10敗と負け越している、苦手スワローズとの3連戦。しかし、ベイスターズは前カードのジャイアンツ戦で勝ち越し、やっとエンジンがかかってきた状態で敵地神宮に乗り込んだ。特に、主砲筒香嘉智がホームラン量産体制に入っており、ラミレス監督も「我々の知っている筒香が帰ってきた」と自信のコメントを口にするなど、CSに向けてなんとしても勝ち越したい三連戦だった。

☆悔しい負け越し

 金曜日の初戦、中5日で浜口遥大が先発。初回に先取点をプレゼントされるも、その裏山田哲人に被弾され同点に。しかし、2回に柴田、ソト、ロペスのタイムリーで4点をもぎ取り優位に立つと、浜口も気合いの入ったピッチングを披露。5回で安打8を許すものの、失点2で収めた。その後は三嶋、パットンのベイスターズ自慢のリリーフ陣が繋ぎ、最後は横浜スタジアム以外では無失点のストッパー山崎康晃が良く締め、6-3の快勝。大事な初戦をものにし3連勝を飾った。

 土曜日は"ハマの二刀流"ジョー・ウィーランドが先発。2回に桑原のタイムリーで先制し、前回の勢いに乗りたいウィーランドだったが、その裏"ヤクルトの二刀流"カラシティに逆転打を許すと、青木にもタイムリーを浴び4失点。3回にも3点を追加され、劣勢の中、4回筒香のソロとウィーランドが犠牲フライを上げ、4点差に追い上げる。その後、ヤクルトは2本の犠牲フライ、横浜は佐野のスリーランで得点をあげ3点差で迎えた最終回、いきなり代わり鼻の石山を筒香が捕らえホームラン。その勢いで宮崎、楠本が連打で続くと、レフトスタンドのベイスターズファンは逆転を信じるテーマ「ライジング」の大合唱で後押しするも、後続を断たれ7-9で敗戦。前日の勢いに乗る事が出来ず、後味の悪い敗戦を喫してしまった。

 日曜日は前回4回途中回7失点と、カープ相手に炎上してしまった今永が、雪辱を胸に先発。初回から大和、久々2番起用の宮崎、ロペスの3連打の速攻で2点を奪う。しかし、今永はこの日も初回から安定せず、味方のエラーも絡んですぐに追いつかれる。3回にはバレンティンに、バックスクリーンの"焼きそば屋越え"の2ランを浴び、4回⅓で降板。被安打4フォアボール4、5失点の内容で、今回も結果を残せなかった。打線は5回に宮崎のレフトスタンドへのホームラン以降は、ヤクルトのリリーフ陣に押さえ込まれ万事休す。3-7で厳しい敗戦を喫した。

☆指揮官も苦言

 CS進出に向け負けられない戦いが続くベイスターズ。3戦目の試合後には「初回の宮崎のエラーが痛かった。筒香のフライも取れる打球」と、エラーを犯した2選手に向けて、めったに選手を責める事のないラミレス監督から、名指しで苦言が飛び出した。思わず飛び出した言葉なのか、叱咤激励なのかーーー指揮官の胸のうちは量ることは出来ないが、悪い方向に向かわない事を願う。

 3位までは5ゲーム差。厳しい状況は変わりない。2戦目の最終回、レフトスタンドをいっぱいに埋めたファンから、逆襲のテーマ「ライジング」が、大ボリュームで繰り返された。この歌詞のようにファンは願っている。不器用で格好悪くても熱く立ち上がってくれることを。

取材・文 ・ 写真/ 萩原孝弘

関連記事(外部サイト)