ネット上にも心配の声 重大なアクシデントに見舞われてしまった元中日・ナニータ

 2014年オフに中日と契約し、その後2016年まで日本球界でプレーしたリカルド・ナニータ。2013年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、母国ドミニカ共和国の一員として優勝を経験してもいるこの助っ人が、試練の時を迎えているということが一部メディアによって報じられている。

 報道によると、ナニータは26日(日本時間27日)にドミニカで行われていた試合中、外野フライを処理する際にフェンスに激突。これにより、複数箇所を骨折する大ケガに見舞われたとのことだ。

 また、今回の痛ましい一幕は、ドミニカの野球連盟(FEDOBE)のツイッターでも触れられている。早期回復を願う内容が綴られたツイートには、選手やファンが心配そうに見守る中、ナニータが担架で運ばれる様子を収めた写真が添付されている。

 中日に在籍した2年間で「144試合出場・打率.293・8本塁打・50打点」の成績を残しているナニータ。日本を離れた後も、しばしば中日時代の写真を自身のツイッターにアップするなどしており、ファンからは愛すべき助っ人として親しまれていた。

 昨年11月には、日本球界への復帰を目指しているという内容も含むインタビュー記事を、自身のツイッターで紹介してもいたナニータ。そんな元助っ人が重大なアクシデントに見舞われてしまった今回の一件を受け、ネット上には「ナニータ怪我したんか、心配やなあ」「ナニータ大けが…大丈夫かな…」「1日でも早い回復を祈りたい」といった心配の声が挙がっている。

 今年で37歳を迎えたナニータにとって、今回の大ケガは決して楽観視できるものではない。前述した報道の中では手術を行うということも合わせて伝えられているが、年齢が年齢なだけに、成功したとしてもその後の経過が順調にいくかは極めて不透明だ。

 心配の声が挙がる一方で、ネット上には激励のコメントも数多く寄せられている。彼らの祈りが通じ、ナニータが再びグラウンドに戻ってきてくれることを心から願うばかりだ。

文 / 柴田雅人

関連記事(外部サイト)