CS出場に黄信号 巨人とAクラス争いのDeNAが痛恨の連敗

CS出場に黄信号 巨人とAクラス争いのDeNAが痛恨の連敗

菅野智之

 3日に行われたDeNA対ヤクルトの一戦。クライマックスシリーズ(CS)出場をかけ巨人と熾烈なAクラス争いを展開しているDeNAだが、前日に続きこの日もヤクルトに1点差で敗戦。あまりにも痛すぎる連敗を喫したことにより、この日試合の無かった巨人と入れ替わりで4位に転落することになってしまった。

 3日の試合が終了した時点で、残る試合はDeNAが4試合、そして巨人が2試合。もちろん、数字上はまだDeNAにCS進出の可能性は残されているが、その数字もなかなか厳しいものとなってきている。

 現在「.474」となっているDeNAの勝率は、残り4試合を全勝で「.489」、3勝1敗で「.482」、2勝2敗で「.475」、1勝3敗で「.468」、全敗で「.461」となる。一方、現在「.478」となっている巨人の勝率は、残り2試合を全勝で「.486」、1勝1敗で「.478」、全敗で「.471」となる。つまり、DeNAがCS進出を果たすためには、最低でも2勝2敗以上の成績が求められている。

 一見すると無理のない成績のようにも見えるが、DeNAの残り4試合の内訳は広島(今シーズン10勝13敗1分)が1試合、そしてヤクルト(同9勝15敗)と阪神(同8勝15敗)が2試合となっている。相性の悪い3チームを相手に、5割以上でいけるかは大きな疑問だ。

 また、ライバル巨人の日程もこの状況に追い打ちをかけている。巨人は4日に広島戦、9日に阪神戦を控えているが、見ての通りその試合間隔には余裕がある。既に4日の予告先発は菅野智之と発表されているが、そのエースを中4日で阪神戦に投入することも可能だ。

 今シーズン「14勝(リーグ2位)・防御率2.25(リーグ1位)・189奪三振(リーグ1位)」という出色の成績を残している菅野をフル回転させれば、当然巨人が勝利する確率も高くなる。このことを考えると、DeNAはもはや全勝がノルマといっても過言ではないだろう。

 ヤクルト戦の連敗により、CS進出に限りなく赤に近い黄信号が灯ったDeNA。3年連続のAクラス入りへ向け、底力を見せることはできるのだろうか。

文 / 柴田雅人

関連記事(外部サイト)