前日とは打って変わり…ソフトバンクが“鉄壁継投”で広島に連勝

前日とは打って変わり…ソフトバンクが“鉄壁継投”で広島に連勝

東浜巨

 福岡・福岡ヤフオク!ドームで10月31日に行われた「SMBC日本シリーズ」第4戦。広島を破ったソフトバンクが、対戦成績を2勝1敗1分とした。

 ソフトバンクは3回裏、シリーズに入りバットが湿っていた上林誠知が先制の2ラン。その後4回裏にはアルフレド・デスパイネがソロ、6回裏には長谷川勇也がタイムリーを放つなど、着実に追加点を奪った。

 一方、先発の東浜巨は初回一死一塁から丸佳浩にツーベースを放たれるも、野手陣の中継プレーに救われなんとか無得点。その後は5回までを鈴木誠也のソロによる1失点で乗り切り、リリーフ陣にバトンを託した。

 「9‐8」の辛勝となった前日の第3戦では、6投手合計で「被安打9・被本塁打2・失点5」という成績だったリリーフ陣。しかし、この日は登板した4投手が「被安打0・被本塁打0・失点0」と鉄壁の投球で広島打線をシャットアウト。「4‐1」で勝利したソフトバンクが、シリーズ2連勝を飾ることとなった。

 プロ野球新記録となる「日本シリーズ本拠地11連勝」を樹立し、広島に星の差1つのリードをつけたソフトバンク。今回の一戦を受け、ネット上には「ソフトバンクとしては完璧な勝ち方だった」、「やっぱり福岡では強いよね」、「今日はリリーフ陣がよく頑張ってくれた」といったコメントが寄せられている。

 前述の通り、ソフトバンクが一歩抜け出したここまでの日本シリーズ。ただ、今後の戦いを考えると、これで五分の状況になったという見方もできる。

 今季の広島は本拠地マツダスタジアムにおいて、レギュラーシーズンは「44勝24敗1分」、ポストシーズンは「4勝1分」と部類の強さを発揮している。それだけに、ソフトバンクは本拠地開催の第5戦をモノにしておかないと、敵地に移る第6戦以降の戦いが非常に厳しくなることは濃厚だ。

 地の利を生かしたソフトバンクが一気に王手をかけるのか、それとも広島が勝利で本拠地への帰還を果たすのか。本日の第5戦は、今シリーズを左右する戦いとなるだろう。

文 / 柴田雅人

関連記事(外部サイト)