オフシーズンにパ・リーグのチアが大阪に集結!来年1.5オリックス劇場で競演!

オフシーズンにパ・リーグのチアが大阪に集結!来年1.5オリックス劇場で競演!

BsGirls(オリックス)

 プロ野球パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)は、来年1月5日に大阪・オリックス劇場で、『パ・リーグ ダンスフェスティバル2018-2019』(14時開演)を開催すると発表した。

 勝利の女神たちによる、もうひとつの夢の球宴『パ・リーグ ダンスフェスティバル』は、パ・リーグ6球団のチアリーディングチーム、パフォーマンスチーム、ダンス&ヴォーカルユニットの選抜メンバーが大阪に集結。華麗なパフォーマンスで新春を彩る。

 4年目を迎える今回は、6球団を2チームに分け、ダンス以外にも対決企画を行う。勝敗を決めるのは会場の観客だけではなく、インターネットを通じて、会場に来れない多くのファンが参加できる投票制度も企画中とのこと。オリジナルコンテンツを多数用意しているという。なお、当日の様子は、パ・リーグ公式動画配信サービス『パーソル パ・リーグTV』でLIVE配信されることが決定した。

 『パ・リーグダンスフェスティバル』(ダンスフェスティバル)はPLMが主催し、地元のオリックスがホスト役を務める形で、2016年から毎年1月上旬にオリックス劇場で開催している。球団によっては、このダンスフェスティバルがその年のメンバーでは最後の活動になることもあり、北は北海道から南は福岡まで、全国のパ・リーグファンが集える場所として、ファンの人気を得ている。

 オリックスのBsGirlsがCDデビューを果たし、ワンマンライブなどを行うようになったことから、当時の関係者が「他球団のチアにも光を当てたい」「オフシーズンにファンが楽しめる企画」「パ・リーグだからできること」を考慮した結果、このダンスフェスティバルが誕生した。1年目からの名物コーナーである「6球団応援歌(ラッキー7)メドレー」では、全メンバーが6球団の振り付けで踊るのだが、これは公演日の前日しか合わせられないため、かなり大変な作業だという。しかし、約50人のメンバーによるダンスはAKB48並みの迫力があり圧巻で、ダンスフェスティバルで最も盛り上がる企画となった。会場でファンから話を聞くと「応援歌メドレー」を見ることを目的に来場するファンも多い。

 この企画が好評だったこともあり、2年目からは各球団のメンバーがコラボする機会を増やしていき、今回は、北海道日本ハムファイターズ公式チアリーダー『ファイターズガール』、埼玉西武ライオンズ公式ダンスパフォーマンスチーム『bluelegends』、福岡ソフトバンクホークスオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム『ハニーズ』を紅組、東北楽天ゴールデンイーグルス公式チアリーダー『東北ゴールデンエンジェルス』、千葉ロッテマリーンズ公式チアパフォーマー『M☆Splash!!』、オリックス・バファローズ球団公式ダンス&ヴォーカルユニット『BsGirls』を白組に分けて、様々な企画が行われる。

 シーズン中に球場で流されているスタジアムソングも多数流れるので、各球団の演出の違いもわかるため、パ・リーグファンはもちろん、プロ野球ファンにも楽しめるオフシーズンのスペシャルイベントで、約3時間に渡って勝利の女神たちが繰り広げる元気いっぱいのステージを見て、球春到来に向けてテンションを上げてもらいたい。

取材・文 / どら増田
写真 / 垪和紗衣美

関連記事(外部サイト)