過熱する報道陣に苦労しそうな中日・根尾昂 「長い目で見るべき」との指摘もメディアはお構いなし

過熱する報道陣に苦労しそうな中日・根尾昂 「長い目で見るべき」との指摘もメディアはお構いなし

立浪和義

 2月1日からプロ野球各球団は一斉にキャンプイン。報道陣も現地に駆けつけ、取材体制に入っている。取材陣が多いほど注目度が高いといわれるが、一挙手一投足をマークされることで、練習に集中できないと言う弊害もある。

 そんな記者たちの対応に苦労しそうなのが、大阪桐蔭高校から2018年ドラフト1位で中日に入団した根尾昂だ。

 根尾は中日のお膝元岐阜県出身で、中学時代からその名を全国に轟かせ、高校でも活躍しスターダムにのし上がった選手。スター不在の中日としては喉から手が出る程欲しい存在だった。それだけに、ドラフト会議で与田剛新監督がクジを引き上げた瞬間、ファン・関係者は歓喜の声を上げた。

 それと同時に、名古屋圏のメディアは異常とも思えるほどの「根尾フィーバー」をスタート。高校生であるにもかかわらず、連日テレビ出演させ、11月には1日で5番組をはしごしたほど。

 番組や新聞紙上では「1年目からレギュラー」「立浪和義(元中日)超えは間違いない」などと美辞麗句が並べ立てられており、OBの立浪和義氏が「この段階でレギュラーとして期待されていることがちょっと気の毒」と慮ったほど、名古屋圏マスコミの報道は過熱している。

 どこに行っても報道陣の目を気にしなければいけない根尾はオーバーワークになったのか、23日の合同自主トレで下半身に違和感を訴え、病院で検査を受けた結果、右足の肉離れを起こしていることが発覚。以降の合同自主トレは別メニューとなり、2月1日のキャンプも、2軍スタートとなった。

 それでもマスコミは根尾を追いかけ、連日のインタビューを敢行しており、自主トレ後に囲み取材を受けることもしばしばだ。医師を目指していたという根尾は極めて大人の対応をしているが、一部ファンからは「ストレスを掛けるな」「無理矢理スター選手に仕立て上げるな」など批判の声が上がっている。

 プロ野球記者は、現在の状況をこう分析する。

 「中日には全国に通用する生え抜きスター選手がおらず、全盛期を過ぎた松坂大輔を前面に出さねばいけない状況だった。甲子園のヒーローで知名度の高い根尾は喉から手が出るほど欲しかった選手ですから、名古屋圏のメディアはこぞって持ち上げています。しかしかなり露骨で、京田陽太や高橋周平など若手選手は面白くないと思いますよ」

 さらに、前出のライターは続ける。

 「根尾が素晴らしい才能を持った選手であることは明らかですが、1年目から立浪のような成績を残せるとは思えません。(日本ハムの)中田翔や清宮幸太郎でも1年目はプロのスピードと変化球に苦しみ、成績を残せていない。高校とプロでは投手のレベルが違います。

 しかし、それは当然のことで、ゆっくり実力をつけていけば良いと思いますが、名古屋圏のメディアとファンが許さないでしょう。持ち上げるだけ持ち上げて、ダメと見るやボロクソに責め立てるのがやり方です。また、二軍の本拠地ナゴヤ球場は不甲斐ない選手に厳しいヤジが飛び交う球場。根尾が餌食になる可能性も十分あります。

 中日に限らず、ドラフト1位で指名され、メディアからいろいろと書きたてられ、実力を発揮できず球界を去った選手はかなり多い。特に高校生は若いうちから持ち上げられると勘違いし、天狗になり遊んでしまう。根尾もそうなる可能性はあります。話題がないのでしょうが、メディアはもう少し冷静になるべきでしょう」

 まだ18歳と若く、将来が嘱望されている根尾昂。「1年目からレギュラー」を期待するのではなく、将来を背負って立つ存在として長く温かい目で見るべきだろう。

文・櫻井哲夫

関連記事(外部サイト)