日本球界復帰を否定したイチローに侍ジャパンが接触?

日本球界復帰を否定したイチローに侍ジャパンが接触?

イチロー

 45歳、イチローの周辺が騒がしくなってきた。イチローがマリナーズとマイナー契約を交わし、「招待選手」として春季キャンプに参加することになったのは既報通り。3月20、21日の日本開幕戦に向け、日本のファンへのPRを兼ね、イチローを打席に立たせるとの見方が支配的だ。

 「日本開幕カードの2試合だけ、イチローとメジャー契約を交わし、帰米した後はマイナーに降格させる、と。米国内では、日本での試合を引退の花道とみる向きも強まっています」(特派記者)

 マリナーズのチーム編成を担うジェリー・ディポトGMは各メディアにこうコメントしている。

 「彼がマリナーズで成し遂げたことを顧み、我々は尊敬、そして感謝の念を持って対応していきたい」

 帰米後、イチローはメジャーにとどまるのか、そして、マイナー降格となっても現役を続けるのかの問いに対する回答だ。

 これに関連してささやかれていたのが、日本球界復帰の可能性だが、イチロー本人は否定している。しかし、日本開幕戦後、日本球界との関係が一気に深くなっていきそうだ。

 「マリナーズは日本開幕戦の前、巨人とオープン戦(プレシーズンマッチ)を2試合戦います。マ軍対戦チームのアスレチックスも日本ハムとのオープン戦が組まれています。イチローと原辰徳監督をはじめとする巨人関係者との接触にも注目が集まっています」(スポーツ紙記者)

 原監督とイチローは、第2回WBCでは指揮官、選手の関係でもあった。旧交を温める場面もあるだろう。また、日本ハムのアスレチックス戦も含め現・侍ジャパンの指揮官、稲葉篤紀監督も視察を予定しているという。NPB関係者は「イチローが現役にこだわっても尊重する」と前置きし、こんな話をしてくれた。

 「たとえば、東京五輪ですよ。メジャーリーグはテレビ放映権などの縛りがあるため、五輪の野球競技に選手を送ることはできないと回答してきました。メジャーリーガーはそうかもしれないが、マイナー選手はその対象ではありません」

 東京五輪に「マイナー選手・イチロー」を招集することは可能だというわけだ。イチローは日本球界復帰を否定したが、侍ジャパン再合流には触れていない。また、若手に機会を譲ると言っても、WBCをともに戦った稲葉監督が協力を求めれば、アドバイザー的な立場での後方支援は支援を惜しまないだろう。

 「イチローは日本開幕戦後もロースター枠(メジャー選手出場登録枠)に残れるよう、調整するつもり。マリナーズは若返りを改めて強調していたのでチャンスは少ないと思うが、今は現役生活を続けようとしています」(前出・特派記者)

 原巨人には、マリナーズで同僚だった岩隈久志もいる。和やかなムードでの再会となるだろう。イチローは帰還こそ否定したが、日本球界を敵視しているわけではない。話の切り出し方さえ間違わなければ、今後、侍ジャパンの強化にも協力してくれるはずだ。(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)