【DeNA】どうした”将軍”…立ち上がれ! 8回の男、スペンサー・パットン

【DeNA】どうした”将軍”…立ち上がれ! 8回の男、スペンサー・パットン

スペンサー・パットン

 ベイスターズの来日3年目右腕、スペンサー・パットンの背信ピッチングが続いている。

 例年、春先は失点が目立つパットンだが、今年は特に不安定。2日のスワローズ戦(神宮)ではドラフト1位ルーキー・上茶谷大河のプロ初勝利を消した。翌日(スワローズ戦、神宮)には3点差のリードを吐き出しサヨナラ負けのきっかけを作ってしまうと、1週間後の阪神戦(9日、甲子園)でも4失点し敗戦投手に。再び上茶谷の勝ち星を消してしまった。このところインパクトの大きな救援失敗が続いている。

 10日現在、すでに2敗を喫し、防御率は14.40と散々な成績。特に得意のスライダーの被打率が高いのは、今までにないこと。被本塁打は過去2年間でわずか7本だったが、今年は2本打たれており状況は深刻。本人も悔しさのあまり、グラブをベンチに叩きつけるなど、いら立ちを隠せない様子だ。

 昨シーズンオフ、噂されていたメジャー復帰から一転、ベイスターズと複数年契約を結び「残留が最強の補強」と歓迎されたパットン。シーズン開幕前、ラミレス監督は中継ぎ、抑えの起用法について「他の投手起用はフレキシブルだが、8回はパットン、9回は山崎康晃」と明言するほど絶望的信頼を勝ち得ていただけにショックも大きい。

 しかしファンのTwitterを見ると「毎年チームを支えてくれた存在。頑張れ」、「将軍がいないとAクラスは厳しい。復活を信じてる」、「苦しいのはパットン本人。応援してます」と激励の言葉が並ぶ。球団の公式インスタグラムは、ハマスタのブルペンから走ってマウンドへ向かうバットンの姿を投稿。そこには”BELIEVE”のメッセージが添えられていた。10日の試合後、甲子園のレフトスタンドからは”レッツゴーパットン”のコールも起こった。

 「2年契約を結んだ助っ人は初年度は働かない」とも言われるが、チームを愛し、横浜を愛する”将軍”パットンには当てはまらないと信じたい。”炎のセットアッパー”の姿に戻ることをチーム、ファンともども心待ちにしている。

取材・文 ・写真/ 萩原孝弘

関連記事(外部サイト)