「トレードってどこ情報?」巨人・大竹にネット上で噂 真偽不明も“あり得なくもない”と言えるワケ

「トレードってどこ情報?」巨人・大竹にネット上で噂 真偽不明も“あり得なくもない”と言えるワケ

画像はイメージです

 ネット上で「巨人・大竹寛がトレードされるのではないか」という情報が流れている。全盛期を迎えている選手ではないが過去の実績はあるだけに、どの球団が獲得するかなどの話題で盛り上がりを見せているようだ。

 しかし「トレードってマジ?」「どこ情報だよ」「ソースが不明だからなぁ」と、ネット上に情報元はないようで、真偽のほどは不明。そのため、本気で受け止めているファンは少ないようで、中には「ほしいならどうぞ」と冷めた意見を言う巨人ファン、「大竹かぁ、いらないな」と言う他球団ファンの姿も。「トレードしてもしなくても、どっちでもいいよ」と興味がなさそうに意見を飛ばす人もいた。

 流言飛語の類のようにもみられる今回のトレード話だが、大竹は他球団にトレードされてもおかしくない成績であることは確かだ。広島で通算74勝を挙げ、2013年オフにFAで巨人へと移籍したが、その後は5年間で23勝しか挙げられず期待を裏切った。

 特に昨年はわずか2試合の登板に終わり、1勝1敗、防御率6.00という成績で戦力外通告もあり得た。大幅減俸の末になんとか免れたが、巨人首脳陣やフロントが期待しているとは言いがたい。

 一方でこう語る野球ライターもいる。

 「大竹は確かに一軍で結果を残せていません。しかし、昨季二軍では9勝4敗、防御率2.97と一定の成績を挙げています。35歳という年齢はネックですが、確かにほしがるチームがいてもおかしくはありませんね」

 一軍でチャンスをもらえず結果も残せていないが、二軍では好成績を残している。ファンがよく「他球団なら活躍できるのでは」と思ってしまうタイプの選手だ。トレードの噂は、案外こうしたファンの想いが拡散された結果なのかもしれない。だが、前述のライターはこうも語る。

 「大竹はけがで離脱していました。5月1日の野田サンダーズとの三軍試合でようやく復帰したところですから、実戦感覚がどこまで戻っているか…。故障明けの投手を獲得するのはリスクもありますしね。もしトレードされるとしても、完全に治ってからでしょう」

 不甲斐ない成績からトレードの噂まで飛び交ってしまった大竹だが、それを跳ねのけるのほどの活躍を見せることができるのか。トレードされるにしても、されないにしても、まずは故障から完全復活するところから始めたい。

関連記事(外部サイト)