「睡眠時間2時間半」で試合に出場した大学野球部が敗戦 東都大学野球連盟にファンから批判殺到

立正大学野球部が『睡眠時間2時間半』で敗戦 日程を設定した東都大学野球連盟に批判

記事まとめ

  • 立正大学野球部は駒澤大学野球部と試合を行った翌日に中央大学野球部と試合を行った
  • 駒澤大との試合が終了したのは午後11時で、中央大との試合は午前10時からだった
  • 立正大の睡眠時間は2時間半だったらしく、東都大学野球連盟を批判する声が出ている

「睡眠時間2時間半」で試合に出場した大学野球部が敗戦 東都大学野球連盟にファンから批判殺到

「睡眠時間2時間半」で試合に出場した大学野球部が敗戦 東都大学野球連盟にファンから批判殺到

画像はイメージです

 5月24日、神宮球場で東都大学春季リーグ・中央大学立正大学の試合が行われた。この試合は中央大が6対2で勝利したが、一部スポーツ紙は立正大の「過密スケジュール」について報じ話題となっている。

 それによると、立正大の野球部員は前日に駒澤大と試合を行っており、終了したのは午後11時だった。その後、青山の神宮球場から寮がある熊谷市まで戻り、翌午前2時前後に就寝。さらに翌24日の試合開始が同10時だったため、同4時半に起床して同6時に寮を出発した。睡眠時間はわずか2時間半だったという。

 寮に戻り、すぐ就寝するのでなく、野球部員は洗濯など雑務をこなし、就寝が遅れた事情もあったという。さらに、同11時試合開始を本来予定していたのだが、プロ野球が球場を使うために開始が1時間早くなる不運も重なった。これには坂田精二郎監督も、試合後に「もう少し配慮してくれてもよかったかな」と話した。

 過酷なスケジュールで敗戦したこともあり、ネット上では「さすがにかわいそう」「なんとかならなかったのか」「なんでこんな日程にしたの? 信じられない」「順位に影響しない消化試合だったからいいけど、さすがに」と同情する声や、東都大学野球連盟を批判する声が挙がっている。

 また、「選手だけホテルに泊まらせるなど、対策が取れれば」「日程を来年からは考え直して」など変革を求める声もあった。さらに、野球ライターの1人はこうも語る。

 「今年から東都リーグは、1日2試合制から1日3試合制を取り、最後の試合は午後5時開始のナイター戦となることが決まりました。これによって日程の消化が早くなるメリットが生まれ、連盟側も『仕事帰りに卒業生がナイター戦を見に来てくれれば、活性化につながる』と言っていたのですが…。思わぬ問題が現れてしまいました」

 1日3試合の改革案を出した東都大学野球連盟だが、今後もさらなる改善が求められそうだ。

関連記事(外部サイト)