“今年こそ”交流戦を勝ち抜け! 4年目のラミレス・ベイスターズのキーマンは?

“今年こそ”交流戦を勝ち抜け! 4年目のラミレス・ベイスターズのキーマンは?

伊藤光

 ベイスターズの“鬼門”交流戦がスタートした。過去14年間で勝ち越した年が3回のみで、最下位は5回を数える。通算勝率は.392で、11位のカープでも.443はあるので、12球団でぶっちぎりの最下位となっている。

 ラミレス政権となった2016年は7勝11敗だったものの、2017年は9勝9敗の5割と奮闘、しかし、昨年は8勝10敗と惜しくも5割を割ってしまう結果となっている。

 だが、これには計算できない事柄があった。16年は6月上旬にホセ・ロペスが左足親指骨折、17年は5月下旬にジョー・ウィーランドが右肘違和感、18年は6月上旬にホセ・ロペスが右太股裏違和感、さらに6月中旬には筒香嘉智が上半身の張りで戦線離脱するなど、フルメンバーで戦えていなかったというネガティブ要素もあった。

 今年はある程度、故障者も帰って来ている上に、さらにポジティブ要素がある。

 それは頼りになる”扇の要”、昨年7月に電撃トレードでやって来た伊藤光の存在だ。伊藤はオリックス時代の2014年にはベストナイン、ゴールデングラブ、最優秀バッテリー賞を受賞し、15、16年には選手会長を務めたほどの人望もあるキャッチャー。昨年は突然のセ・リーグ移籍、しかもコミュニケーションが大切な捕手のポジションで苦労したのか、打率は.195に終わったが、今年は既に自己最多タイの5ホームランを記録。ディフェンス面でも好リードでチームに貢献を見せている。完封勝利を挙げたピッチャーとマウンド上で抱き合う「ヒカルの抱擁」は、今やファンの楽しみのひとつとなっている。

 交流戦初戦のオリックス戦では、先制のホームランを含む3安打の猛打賞と、ルーキー大貫晋一ら5投手を最小失点に守りきる好リードで勝利に貢献。古巣に対し、強烈な恩返しを果たした。

 10年間パ・リーグに在籍していた伊藤の頭脳は、たとえマスクを被らないゲームであっても貴重な財産。今年のベイスターズは過去3年間揃わなかったレギュラーメンバーと、伊藤光という“武器”を装備した。ラミレス監督のターゲットは「5割」だが、それ以上の好結果があっても決して不思議ではない雰囲気を感じる。

取材・文 ・ 写真/ 萩原孝弘

関連記事(外部サイト)