DeNA筒香「創設70周年の節目に優勝できるよう頑張りたい」球団史上最多動員数更新!

DeNA筒香「創設70周年の節目に優勝できるよう頑張りたい」球団史上最多動員数更新!

筒香嘉智

 横浜DeNAベイスターズは5日の阪神タイガース戦において、今シーズン主催ゲーム(横浜スタジアム63試合、HARD OFF ECOスタジアム新潟1試合)における観客動員数が2,028,837人を記録し、球団史上最多観客動員数を更新したと発表した。主催ゲーム64試合目での200万人到達は、昨シーズンを8試合上回り、球団史上最速で到達したことになる。ちなみに昨シーズンは72試合を主催し、その最終試合で球団史上初めて200万人を突破、2,027,922人を動員している。

 横浜スタジアムは、来年の東京オリンピックで野球とソフトボールの会場として使用されることが決定したことから、大改装・大改修・増築工事を着々と進めており、今シーズンからライトスタンドの上段スタンド「ウィング席」を約3,500席増席した。今シーズンのオフにはレフト側にも「ウィング席」が完成する予定で、これが昨年を上回る記録に“貢献”したのは間違いない。また、今年は球団内で演出チームを独立させるなど、屋外球場の利点を活かした演出と豪華なゲストは、12球団ナンバーワンの呼び声の高いボールパークに進化し続けている。今年は優勝争いを繰り広げていることもあり、チケットの入手も困難で、DeNAが球団買収時に掲げた「横浜市民に必要な存在」になれたのではないだろうか。

 今年の夏に屋内外の練習施設や選手寮などファームの練習拠点を横須賀市の追浜公園内に移転。ファームの本拠地、横須賀スタジアムのすぐ近くに建設したため、地元の期待も大きく、名称は『DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA』と名付けられた。京急電鉄とタッグを組み、追浜駅はベイスターズ色に染められている。今後ファームの観客動員数もさらに増加していくのは確実だ。

 キャプテンの筒香嘉智選手は「いつも沢山のご声援をいただき、ありがとうございます。毎試合、ファンの皆様からいただく熱いご声援を誇りに感じながら、戦っています。チーム一同、これからの試合も自分たちにできることをしっかりと行い、球団創設70年という節目に、優勝できるよう、精一杯プレーします!『一生残る、一瞬のために。』、最後まで一緒に戦いましょう!」とファンに感謝の気持ちを述べるとともに、優勝に向かって決起を呼びかけた。

 2020年の“新生”横浜スタジアムグランドオープンの前祝いとして、1998年以来のリーグ優勝と、日本一の勲章を得られるか。ファンの声援に背中を押されながら、首位・読売ジャイアンツと優勝争いを最後まで繰り広げ逆転したい。

(どら増田 / 写真・萩原孝弘)

関連記事(外部サイト)