なぜ「広島カープ」は、“マエケンなし”でも優勝できたのか?

なぜ「広島カープ」は、“マエケンなし”でも優勝できたのか?

記事画像

 今世紀中の優勝は無理とまでいわれた“弱小球団”が序盤戦からぶっちぎり、異例の早さでペナント奪取を決めた。その「理由」をあらゆる角度から分析!

 “絶対的エース”だったマエケンこと前田健太(28)がメジャーに渡り、圧倒的な戦力ダウンといわれた今シーズンの広島カープ。だが、蓋を開けてみたら、5月22日に首位に立ち、6月の交流戦で他球団を引き離すと、そのまま独走態勢に入り、異例の早さでぶっちぎり優勝を成し遂げた。こんな展開、開幕前にいったい誰が予想しただろうか。

「81勝のうち41勝が“逆転勝ち”(数字は9月9日現在=以下同)なんです。まさに“神がかり”的ですね」(全国紙野球担当記者)だが、“神がかり”だけで長丁場のペナントレースを勝ち抜けるほど、プロ野球は甘くない。その強さの秘密を探っていきたい。

 まずは投手力から。広島のチーム防御率は3.27。投手陣が、リーグトップの防御率を維持したことが優勝へとつながったのだ。「臨時コーチに招かれていた元広島の安仁屋宗八さんが“投手たちの目の色が変わった”と言っていました。マエケンがいなくなって危機感を覚えた投手陣が、意識を変えた証拠です。どうやら、マエケンの穴がプラスに作用したようですね」(スポーツ紙デスク)

 その筆頭とも言うべき存在が野村祐輔(27)。キャンプの段階から自分をいじめ抜いた結果、14勝3敗、防御率2.96で、優勝に大きく貢献した。「それまでのチェンジアップに頼っていた守りのピッチングから、シュートを多用する攻めの投球に変えたことが功を奏しました。また、シュートを生かすために、プレートを踏む位置を一塁寄りに変えたことも大きい」(広島担当記者)

 昨年、最優秀防御率投手のタイトルを獲得したジョンソン(31)の存在も大きい。今シーズンの14勝(6敗)は野村と並ぶハーラートップ。防御率も2.22と抜群の安定感を見せた。また、逆転勝利が多いということは、試合の中盤以降の失点が少ないということ。その要因が、盤石のリリーフ陣にあったことは言うまでもない。これこそが、優勝への鍵であったことは間違いないだろう。

「時速150キロのストレートと、切れ味鋭いスライダーで三振の山を築いたジャクソン(28)をはじめとした豊富な中継ぎ陣から、32セーブを挙げている守護神・中ア翔太(24)へつなぐ“勝利の方程式”が完成したことが勝因ですね。前田という先発完投型のエースを欠いた広島は、中継ぎ強化に徹して、それが成功したんです」(前同)

 ジョンソン、ジャクソンに続くもう一人の助っ人・ヘーゲンズ(27)も中継ぎ(8月からは先発)で活躍。7勝(3敗)19ホールドを挙げている。4人の外国人枠のうち、3人を投手に割いているところからも、今年の広島が、いかに継投にこだわったかが見て取れる。こうして広島は、マエケン不在というマイナスをプラスに変えたのだ。

 しかし、いくら投手陣が盤石でも、点を取らずに41試合もの驚異の逆転劇を演じることはできない。今年のカープ打線は、実に強力だった。

「田中広輔(27)を不動の1番に据えることができたのが大きいですね。これによって、菊池涼介(26)、丸佳浩(27)を定位置の2番、3番に据えることができました。昨年は、この“キクマルコンビ”が不振でしたから、打順を固定できなかったですからね」(前出のスポーツ紙デスク)

 この不振から脱却すべく、“キクマルコンビ”は昨オフに猛練習。打撃改造に取り組んだ結果、菊池は打率.323、54打点で13本塁打、丸は打率.295で85打点、19本塁打と、昨年とは見違えるような成績で、広島の快進撃を牽引した。

 ちなみに、この3人は守備や走塁の面でも大活躍。「菊池−田中は“鉄壁の二遊間”ですね。特に菊池の守備範囲の広さは球界随一です。この2人が、どれだけヒット性の当たりを防いだことか。投手はだいぶ助けられましたよね」(前同) 半世紀前の古葉−阿南による“鉄壁の三遊間”を彷彿させる名コンビの誕生。これぞ堅守の広島野球だ。

 そして機動力。広島の盗塁数はセ・リーグで断トツの109なのだが、「そのうち59が、この3人によるもの。巨人全体の56より多いんです」(同) 上位3人が塁に出て、かき回す。そして、それを還すのが4番の役目だ。その役目をきっちり務めた4番打者が、“帰ってきた男”新井貴浩(39)だ。

「通算2000本安打と300本塁打を達成するなど、乗りに乗っています。上位3人が好機を作っているのもありますが、とにかくチャンスに強い。打点98はDeNAの筒香やヤクルトの山田を抑えてリーグ1位です。記者の間では今、最もMVPに近い男と言われています」(同)

 彼のようなベテランの頑張りが若手に刺激を与え、相乗効果をもたらしているのだろうか。その象徴とでも言うべき存在がいる。それが、今シーズンに大ブレイクした鈴木誠也(22)だ。「鈴木は、6月17〜19日の対オリックス3連戦で、第1戦、第2戦に2試合連続サヨナラ本塁打、第3戦でも3試合連続となる決勝本塁打を放って、緒方孝市監督から“神ってる男”の称号を受けましたね」(同)

 その後も、鈴木の勢いは衰えず、打率.335、24本塁打、85打点という見事な数字を残している。投球、打撃、守備、そして走塁。すべてが高いレベルにあり、若手とベテランがうまく噛み合った今年の広島が優勝するのは、“神”のいたずらなどではない。当然過ぎるほど当然の“結果”だったのだ。

 今年の広島を語るうえで外せないのが、2人のベテランの存在。それが新井と黒田博樹(41)だ。新井の活躍は前述の通りだが、黒田も負けてはいない。22試合を投げ、8勝(8敗)、91奪三振、完投1。防御率は3.12。そして、数字には表れない、チームの精神的支柱として果たした功績を考えると、彼もまた“優勝のキーマン”だったことは間違いないだろう。

 実は、新井が古巣・広島に呼び戻されたのは、黒田の広島復帰と大いに関係しているという。「黒田がメジャーから戻って来る際、球団が考えたのは、あまりにも偉大な存在になりすぎた黒田をチームの中で孤立させてはいけないということ。気心の知れた新井を、黒田と若手の“橋渡し役”にする意味合いもあったといいます」(スポーツ紙デスク)

 しばらく日本から離れていた黒田に、新井は他球団の若手たちの情報を提供。「新井もまた、他球団からの出戻りという、ある種の気まずさを、黒田の話し相手になることで払拭していったのではないでしょうか」(ベテラン記者) 黒田と新井は投手と野手という、それぞれの立場から、ベテランの存在感を見せつけ、結果的に2人が優勝を牽引する形となった。

 しかし一方で、優勝という目標を達成してしまった瞬間、「これを機に黒田が引退してしまうのではないか?」という噂も流れるようになってきた。「今年、日米通算200勝を達成し、古巣の25年ぶりの優勝にも貢献できた。これを花道に“引退”の道を選ぶのは、ごく自然の流れです」(スポーツ紙デスク)

 今こそが引退を決断するベストタイミング黒田が、そのように考えても少しも不自然ではない。だが、黒田はまだまだ終わった選手ではない。「引退は他人が決めることではありません。黒田自身が“まだやれる”と思えば、まだまだ現役続行できる体力も筋力も持ち合わせています。気力さえあれば問題ないはずです。盟友・新井は今年の活躍で、現役続行が確実といわれています。新井の活躍を見て、俺もまだまだやれると、黒田が刺激を受けた可能性もあります」(前同)

 体が動かないというなら別だが、黒田は違う。もう少し、マウンドでの勇姿を見続けていたい!

 たとえ主力選手がいなくなっても、すぐにそれを補って余りある若手選手が台頭してくるのが広島というチーム。今年ブレイクした選手でいえば、「神ってる男」鈴木誠也は、その典型と言えるだろう。他にも外野手の下水流昂(28)が一軍に定着したり、後半は怪我に泣いたが、投手の戸田隆矢(23)が前半戦に4勝を挙げたりと、頭角を現した選手が多い。

 そんな彼らの共通点といえば、ドラフト1位のエリート組ではないということ。鈴木は2位、下水流は4位、戸田は3位だ。「すでに主力となっている若手でも、田中は3位、11年の菊池は2位、丸は3位、なんと中アに至っては6位入団です。まさに“覚醒した雑草集団”ですね」(ベテラン記者)

 なぜ、これほどまでに無名だった選手が伸びてくるのか。その要因の一つは、なんと言ってもスカウトの眼力だろう。「特に、甲子園出場経験のない鈴木の2位指名は、かなりの冒険だったと思います。でも、広島の尾形佳紀スカウトは、鈴木が二松学舎高1年の頃から徹底マークしていたんです」(前同)

 今年の鈴木の活躍は、素材を見抜いて敢然と指名した広島スカウト陣の勝利と言えるだろう。かつて広島には、「スカウトの神様」と称された木庭教という名スカウトがいた。その伝統は脈々と受け継がれている。2013年のドラフト会議でドラ1のくじを引いたのは、監督や社長ではなく田村恵スカウト。これは広島が、いかにスカウトを大事にしているかを物語っている。ちなみに、ここで広島は大瀬良大地(25)の交渉権を得た。

 そして、広島で定評があるのが新人の育成。12球団随一といわれる猛練習を課し、じっくり育てていく。「そうした環境だからこそ、負けず嫌いの非エリートたちの闘争心が燃えるんです。“ドラ1より先に一軍に上がるんだ”ってね」(同)

 また、そうやって育ってきた選手の使い方にも、今の緒方監督は長けている。「これは、という選手が育ってきたら、とりあえず経験を積ませてきました。ベテランをたまに休ませるために、若手をスタメンで使ってみる。そうすることで若手の士気も上がるし、いい刺激をベテランに与えることもできます」(同)

 ベテランと若手を使い分けることにより、チーム全体を活性化させる。緒方采配は、実にうまい!

「とかく当たり外れが大きいといわれがちな外国人選手ですが、広島の場合、毎年のように“当たり”を引き当てているわけで、これは偶然ではありません」(スポーツ紙デスク)

 今年も広島は外国人選手が大当たり。ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズの投手陣も、エルドレッド(36)、ルナ(36)の打撃陣も、各々が持ち味を発揮し、勝利に大きく貢献している。これは、何も今に始まったことではない。ここ数年を見ても、投手ではルイス、ミコライオ、サファテ、野手ではラロッカ、ロペス、ディアスなど、広島にやってくる外国人選手には毎年、ハズレがない。

 これには、多くの優秀な投手を広島に送り込んできた駐米スカウトのシュールストロム氏の力が大きく影響しているといわれる。今年活躍した助っ人外国人勢を連れてきたのも、彼の「仕事」だ。「シュールストロムさんは選手の実績や数字だけでなく、性格や練習態度などから日本向きかどうかを判断したうえで、選手を送り込んでくる。だからハズレがないんです」(前同)

 もともと、日本野球を甘く見ているような選手は、広島に送り込まれてこない。やってくるのは、真面目な選手ばかりなのだ。「今年のエルドレッドを見てください。14年の本塁打王ですよ。それなのに、継投重視策によって外国人枠4人のうち3人が常に一軍にいた関係で、ルナと交代でファーム行きを命じられたり、新井や鈴木が好調だったことから6番を打たされたり。不慣れなレフトを守らされることも多かった。それでも腐らず、3割近い打率をキープし、19本のホームランを打って、チームに貢献するのだから、見上げたものです」(同)

 一方、球団のほうでも、そうして獲得した外国人選手を「特別扱い」したりすることはないという。「キャンプから若手と同じように走らせるし、夜間練習の素振りも強制的に参加させる。それでも、彼らは文句を言わずに、厳しい練習についていく」(同) もともと、日本野球に合いそうな選手たちが、さらに真面目に研鑽を積んでいく。彼らの活躍は、当然過ぎるほど当然の話だ。

「外国人を特別扱いしないということは、差別しないということでもあります。当然、日本人も外国人も含めたチームとしての一体感が生まれるわけです」(スポーツ紙デスク) ちなみに広島の外国人で、初年度の年俸が1億円を超える選手は、まずいない。彼らもまた、“非エリート組”なのだ。広島のチーム環境は、ドラフト下位指名の若手だけでなく、外国人選手の雑草魂にも火をつけているのだ。

 今、首都圏の球場でもスタンドが真っ赤に染まるという現象が起きている。カープファンが、いつの間にか大増殖しているのだ。もちろん優勝目前ともなれば、どの球団にも起きる現象ではあるが、広島の場合、優勝フィーバーによる一過性の現象ではなく、長年にわたる球団の営業努力の結果という側面が大きい。

 その典型例が「カープ女子」。カープフロントは積極的に女性ファンを開拓しようと考え、14年に女性ファン向けに新幹線を利用してマツダスタジアムまで野球観戦に行くツアーを企画した。これは球団が東京−広島の往復の新幹線代(約500万円)を負担するという太っ腹なツアー。当然赤字だったが、その様子は各種メディアで伝えられ、抜群の宣伝効果をもたらした。

「他にも、球場内にバーベキューコーナーを作ったり、空中回廊のような観覧席を作ったり、野球を見るだけではない、新しいファン層の開拓にも力を入れてきました」(スポーツ紙デスク)

 広島が参考にしたのは、メジャーリーグのベースボールパーク。野球への興味の有無にかかわらず、とにかくスタジアムに客を呼び込もうという発想だ。その一方で、グッズ販売にも力を入れた。鈴木が2試合連続サヨナラホームランを打てば、「2試合連続サヨナラホームランTシャツ」が即座に販売されるというフットワークの軽さが、ある。

 こうした企業努力の甲斐あって、今シーズンは収容人員3万3000人のマツダスタジアムは連日超満員。9月4日現在の有料入場者数は187万923人と活況を呈している。大型補強をする余裕のない「貧乏球団」というイメージが先行する広島だが、実は40年間にわたって黒字経営を続ける超優良企業。赤字経営に悩む他球団が広島のノウハウを学ぼうと、躍起になっているという現状もあるくらいだ。

 親会社を持たない球団であるがゆえに「親会社の赤字補?」を当てにはできず、独立採算で、さまざまな工夫をしてビジネスにつなげなければならない。そこで、他球団では生まれないユニークなアイデアを次々と出し続ける。まさに「企画力」の勝利だ。

 こうした地道な努力が着実にファン層を拡大し、いつの間にか広島は、日本でも有数の人気球団へと変貌してきた。盟主を自認する老舗球団が、自らのブランド人気にあぐらをかいている間に、人気、実力の両面で、大きな差をつけられる日は、それほど遠くないかもしれない!?

 8月24日、広島にマジック20が点灯。これを受けて翌25日には、広島の街のあちこちにマジックナンバーを知らせるパネルが設置された。JR広島駅、広島銀行本店、福屋(百貨店)、広島テレビ前……。街を歩くだけで、パネルが目に入り、優勝マジックは一目瞭然。広島市民は、それだけカープの優勝を今か今かと待ちわびているのだ。この数字は、あっという間に0に近づいていった

「なにしろ25年ぶりですからね。本当にうれしい。広島の人はみんな、そういう気持ちでしょう。120万市民の全員が、カープの監督みたいなもんですから」 広島市在住のカープファン・吉長清治さん(35・会社員)は相好を崩す。

 関西大学の宮本勝浩名誉教授が9月7日に発表したデータによれば、今年の広島カープ優勝による経済効果は、地元・広島県だけで約331億4916万円にも上るという。名古屋、福岡、仙台、札幌など、本拠地の「地元」に熱心なファンを抱える球団は多いが、その中でも広島ファンは特に熱狂的だ。その理由は、いったい何なのだろうか。

「もともと、広島カープは親会社を持たない市民球団として設立された経緯がありますからね。地元の人々は、一人一人がみんな、カープのオーナーのような気持ちでチームを支え、応援し続けてきました。Jリーグの掲げる地域密着の理念を、とっくの昔から実現しているのがカープ球団なんです」(スポーツ紙デスク)

 そんな日本一のファンが四半世紀もの間、待ち望んでいたのが“優勝”という果実。こうしたファンたちの熱い声援が、カープ優勝への最大の原動力だったのかもしれない。

関連記事(外部サイト)