巨人「次期監督」に浮上する“意外な名前”

巨人「次期監督」に浮上する“意外な名前”

記事画像

 “ビッグ”と言えばビッグネーム、でも、“地味”と言えば確かに地味。悩める常勝軍団を救うかもしれないのは、かつての大エース!?

 広島、阪神を相手に苦戦を続ける、2年目の高橋由伸監督率いる巨人軍。今年こそ王座を奪回するべく、日本ハムから陽岱鋼、ソフトバンクから森福充彦、そして横浜から山口俊をFAで獲得。総額30億円ともいわれる大補強を敢行したものの、全員がケガや不調で出遅れており、チームも投打ともに連携が取れていないありさまだ。「3年契約の2年目である由伸監督ですが、このまま負けが込み、万一Bクラスでシーズンを終えるようなことがあったら……今オフは“まさかの事態”もありえます」(スポーツ紙記者)

 こうした状況の中、巨人軍内部では、“ポスト由伸”の名が取り沙汰され始めているという。「そもそも、ナベツネさん(渡邉恒雄・読売新聞主筆)は、ずっと松井秀喜にご執心だったんだ。本来の構想では、原さん(原辰徳前監督)があと数年指揮を執った後、松井、高橋由伸、阿部慎之助という順番で政権を回していく気だった」

 ある巨人OBはこう語る。だが、原氏が構想より早く退任し、そして日本に帰る気のない松井氏に断られたことで急きょ、由伸監督が就任することになった。「今でも、ナベツネさんの中では、巨人軍の次期監督候補ナンバーワンは松井。でも、今の雰囲気だと永久に、それはないだろうという見方が内部で強まっているね」(前同)

 となれば、次は阿部ということになるが、彼はまだ現役。だが、それより何より、阿部監督の目はすでにないのだという。「グラドルの小泉麻耶との不倫スキャンダルが報道されたことが、相当な痛手のようです。その後、二人の関係はまだ続いているとも噂されており、仮に監督などになれば、また週刊誌が飛びつくのは必至。ナベツネさんは、その類のスキャンダルを最も嫌いますからね」(巨人軍担当記者)

 では、他に候補は? 「江川卓、桑田真澄など過去にたびたび名前が挙がっていた人たちも、渡邉さんの覚えがめでたくないため、現時点ではナシ。まさに“お先真っ暗”……と言いたいところでしたが、ここへきて、意外と言えば意外、順当と言えば順当な名前が急浮上してきたんです」(前出のスポーツ紙記者)

 それが、斎藤雅樹二軍監督(52)だ。言わずと知れた、80〜90年代の大エース。“ミスター完投”の異名を取り、槇原、桑田の“三本柱”で、通算180勝に5回の最多勝、11試合連続完投勝利記録など輝かしい成績を残した名投手だ。

 引退後は原政権下で投手コーチを務めた斎藤氏だが、いまいちパッとしないというのが、正直な印象だった。「人がよすぎて選手に強く出ることができず、指導力に欠けるイメージでした。投手コーチとしても、尾花高夫氏の陰に隠れて目立たず、原さんの“お友達人事”でいるだけというのが、もっぱらの評価でしたね。ところが、二軍監督に就任してからの活躍で、評価が一変したんです」(前出の巨人軍担当記者)

 斎藤氏は、由伸監督の就任と同時に二軍監督に就任。一軍がいまいち波に乗れない中、その年のうちに、いきなりイースタンリーグで優勝したかと思えば、ソフトバンクに打ち勝ってファーム日本選手権も制した。

「まあ、巨人は他球団なら即一軍級の選手もゴロゴロ二軍にいるので、それだけでは驚くにあたらない。しかし、その余勢を駆ってメキシコで開催されたU-23のW杯(ワールドカップ)の代表監督を任され、チームを初代世界一に導いた。あれで、その実力を誰もが認めましたね」(前同)

 そうした流れの中で、球団内部から「斎藤を“ポスト由伸”に」という声が出てきてもおかしくはない。

 それを裏づけるように、最近、そこかしこで“斎藤推し”とも思える現象が起こっている。まずは、5月9日の読売新聞が突如、『成功体験をさせよ…斎藤巨人二軍監督の若手指導法』と題した長文インタビューを掲載。二軍監督のインタビューが、こうしてクローズアップされるのも異例だが、これだけではない。

「東京ドームに巨人戦を見に行ったら、オーロラビジョンに突如、斎藤の顔が大写しになったんだよ。由伸監督や菅野なら分かるけど、何か、球団の思惑を感じるね」(スポーツ紙デスク)

 実績のわりに、いまいち地味なイメージの斎藤氏を一般に浸透させようという必死の作戦なのだろうか。巨人軍OBで野球評論家の黒江透修氏も、斎藤監督誕生は十分ありうると言う。

「斎藤は選手に気配りができる男だ。ファームの監督になって厳しいことも言えるようになったし、フォローもちゃんとやる。一軍の監督にふさわしい経験を積みつつあると思うよ」

 気になるその時期だが、黒江氏が「将来の話だよ」と言う通り、今季がよほどひどい結果に終わらない限りは、早くて由伸監督の任期満了後になりそうな気配。が、なんでも起こりうるのが勝負の世界だ。これから魔の交流戦、そして30億円組の本格復帰を迎えるが、それをもってしても成績が低迷したならば……。

 巨人を長年支えた元大エースが再び、両肩にチームの運命を背負う。そんな日が、意外と早く来るのかもしれない。

関連記事(外部サイト)