好調・阪神、優勝への「最大の敵」

好調・阪神、優勝への「最大の敵」

記事画像

 タテ縞の若き戦士たちが、躍動し、“悲願のV”に突っ走るが、思わぬところに落とし穴が待ち構えている!?

 <12年ぶりVあるで〜> デイリースポーツ紙の一面に景気のいい言葉が並ぶように、金本知憲監督率いる阪神の快進撃が止まらない。5月25日現在(以下同)、26勝17敗、貯金9で広島と壮絶な首位争いを繰り広げているのだ。

「金本監督の掲げる“超変革”の意識がチームに浸透し、糸原健斗、中谷将大、北條史也ら若手が台頭。5月初めの広島戦では、彼らの活躍で9点差をひっくり返すなど、若虎たちの活躍がチームの士気を高めています」(スポーツ紙記者)

 守っては、ドミニカ出身のマテオとドリスの守護神コンビが安定し、中継ぎ陣も10年目の桑原謙太朗が“超変革”を遂げ、高橋聡文と4人で8勝3敗、30ホールド、18セーブと驚異的な成績を残している。このまま、首位をキープし、12年ぶりのVの可能性も現実味を帯びてきた。だが、好事魔多し――。

「“超変革”ともてはやされていますが、確実に弊害も出てきている。選手のポジションが固定されず、失策が35と12球団で断トツ。他にも、より多くの若手にチャンスを与えるためなんでしょうが、その日、活躍しても次の試合で使ってもらえるとは限らず、一部の選手から不満の声が漏れているようです」(前同)

 “超変革”も行き過ぎると、監督の暴走につながるというのだ。ある球団OBが、こう耳打ちする。「球団フロントが矢野燿大氏を作戦兼任バッテリーコーチにしたのは、事実上、矢野に采配を振るってもらうため。はっきり言うと、金本監督の“暴走”を抑えるのが矢野の役目なんですが、矢野がその機能を果たせていないようです」

 好調の裏では、さまざまな問題が噴出してきているようなのだ。さらに、阪神Vを阻む不安要素がある。それはズバリ、夏の暑さ。「阪神は、2008年に13ゲーム差を巨人にひっくり返され、15年も首位で9月に突入したものの、その後、失速。ペナント終盤戦に弱い傾向があるんです。その原因が7、8月の暑さなんですよ。セ・リーグの球場はドームが少なく、4球団の本拠地が屋外。特に夏場がキツく、ベテラン選手中心の阪神が秋に失速する原因は、これでした」(阪神担当記者)

 阪神ファンの間からも、「毎年、9月に失速するトラウマから逃れられん」との絶叫が聞こえてくる。しかし、今年の阪神は若手の台頭が著しい。例年のように、夏の暑さは影響しないようにも思えるが……。

「若手が台頭してきたとはいえ、得点源は福留孝介(40)、糸井嘉男(35)、鳥谷敬(35)という、3人あわせて“110歳トリオ”ですよ」(前同)

 24日の巨人戦で顔面に死球を受けて鼻骨骨折した鳥谷は、翌25日にも強行出場。今後も戦列に残る予定だが、影響が心配される。また、糸井は17日の中日戦から20打席以上ノーヒットが続くという大スランプ。得点力は大幅にダウンし、2勝5敗と貯金を3つも減らしてしまっている。

 野球解説者の江本孟紀氏も、不安をこう吐露する。「糸井のノーヒットは、すでに疲れが出てきている証拠でしょう。もしベテラン3人全員がヘタったら、どうするんだろうね。昨シーズン実績を残した高山俊や原口文仁だけでは、とてもカバーできないでしょう」

 夏場の暑さで疲弊するのは、ベテラン野手ばかりではない。先発投手陣にも夏バテの不安が囁かれる。「昔から夏場は、バッター有利、これが通り相場です。それだけに投手、特にゲームを作る先発投手の出来が重要になる季節なんです」(ベテラン記者)

 チーム防御率は12球団で唯一2点台だが、「これはリリーフ陣のおかげ」(前同)というように、先発陣は駒不足感が否めない。昨シーズン10勝を挙げた岩貞祐太が不調から登録抹消となり、若きエース・藤浪晋太郎も、20日のヤクルト戦で四死球を連発したあげくに4回持たずに降板。

「藤浪は、4月のヤクルト戦でも9四死球から大乱闘を招くなど、もはや制御不能。球が速いだけに打者としても、当たったらケガにつながる。バッターもたまったもんじゃない。香田勲男投手コーチも“(右打者の内角に投げる際)抜ける怖さと戦っている”という言葉を残すしかないほど、お手上げの状態です」(同)

 こうなると、8年目で開花した秋山拓巳はいいとしても、勝ち星を計算できるのは、35歳のメッセンジャーのみという状況だ。「先発の駒不足は明らかで、メッセンジャーは開幕から休みなくフル稼働。いつ“勤続疲労”がきてもおかしくない状況です。このペースで夏場も乗り越えられるのか、心配です」(同)

 気になるのは今夏の気温だが、5月24日に発表された気象庁の「3か月予報」によると、なんと猛暑との予測が出されている。「6月から8月までは、全国的に気温が高くなって厳しい暑さとなる見込みです。特に、8月は太平洋高気圧が本州を覆って、猛暑となるでしょう」(気象予報士)

 2年目の金本監督が宙に舞うかどうかは、今年の夏にかかっている。

関連記事(外部サイト)