楽天・則本「野茂をも超える」奪三振王へ

楽天・則本「野茂をも超える」奪三振王へ

記事画像

 “鷲軍団”を引っ張る若き大黒柱。ドクターKの異名を取る彼の実力は、チームの偉大な先輩をもしのぐ!!

 6月1日、日本球界史に楽天のエース・則本昂大投手(26)の名が刻まれた。この日、則本は巨人戦に先発し、8回を投げ、自責点2、奪三振12。「2回表、二死満塁のピンチから9番・小林をスライダーで空振り三振。続く3 回も1番・脇谷、2番・立岡、3番・坂本を三者連続の見逃し三振。圧巻は、8回表でした」(スポーツ紙記者)

 試合前、“則本から観覧車弾を打ちます”と言っていた先頭打者の坂本を低目のフォークで空振り三振に切ってとり、この日10個目の三振。続く4番・マギー、5番・阿部も空振り三振で、巨人のクリーンアップを三者連続三振で仕留めた。これで、7試合連続の2桁奪三振を記録し、1991年に近鉄の野茂英雄(現大リーグ・パドレスアドバイザー)が作った6試合連続の記録を破り、金字塔を打ち立てたのだ。

 野球評論家の橋本清氏は、こう絶賛する。「則本のマウンドさばきはデビュー当初から新人離れしていましたが、今や、楽天にいた当時の田中将大と比べても引けを取らない実力をつけていますよ」

 しかし、則本といえば、入団当初は、さほど注目を集める選手ではなかった。ドラフトにかかった2012年は、大谷翔平、藤浪晋太郎、菅野智之がいた年。則本は楽天の2位指名で、全体では18番目と、それほど評価は高くはなかったのだ。

「則本は三重中京大学時代に、三重県リーグ通算33勝0敗、防御率0.56と抜群の成績を残していますが、リーグ自体のレベルに疑問符がついていましたからね。それに178センチと、投手としては体がそれほど大きくなかったため、どの球団のドラフト1位候補にも拳がっていませんでした」(スポーツ紙デスク)

 ダルビッシュ有(196センチ)、田中将大(191センチ)と比較すれば、則本が体格に恵まれているわけではないことがよく分かる。だが、いざプロの世界に入ると、前評判を覆す大車輪の活躍を見せる。ルーキーイヤーのオープン戦で、いきなり防御率1.44という好成績を残したのだ。

「その実績を買われ、当時のエース・田中のWBCでの疲労を考慮したこともあり、則本は1年目で開幕投手に抜擢されました。シーズン通算では松坂大輔以来となる新人で15勝を拳げ、新人王を獲得。大ブレイクしました」(前同)

 その後も4年連続で2桁勝利を拳げ、“ポスト田中”という重責を担ってきた。ロッテの元捕手で現在は野球評論家の里崎智也氏は、則本の投球をこう評価する。「ストレートが速く、コントロールもいい。そして、変化球、特にフォークが切れる。この3つがそろっているので、面白いように三振が取れるんです。則本は投手として、必要なものをすべて兼ね備えています」

 里崎氏が指摘するように、則本の快投を支えているのは、彼の奪三振能力の高さだろう。実際に則本の今季の奪三振率は、驚異の12.27(6月1日現在)。「田中が、24勝0敗という伝説的な数字を残したシーズンでも、奪三振率は7.77で、則本はそれを遥かに超えています。さらに、ダルビッシュ有が11年に00年以降のシーズンで最多となる276奪三振を記録したときでさえ、奪三振率は10.71でしたから、則本はこれをも上回るペースで三振の山を築いています」(前出のデスク)

 このペースが続けば、田中、ダルビッシュどころか、数々の新記録を樹立する可能性も出てくる。「野茂が達成して以降は、誰も成しえていない4年連続200奪三振、同じく野茂が持つシーズン2桁奪三振回数21などは超えられるでしょう。さらに、9試合連続2桁奪三振となれば、99年にMLBのレッドソックスに所属していたペドロ・マルティネスなどが記録した8試合を抜いて、世界1位となります」(前同)

 つまり、“世界の則本”になる可能性も大いにあるというのだ。ベテランのスポーツジャーナリストが、その大記録の可能性をこう説明する。「則本は、新人のときに奪三振率7.09を記録し、以後、毎年、奪三振率を上昇させて昨季は9.97まで上げてきました。今年は、昨季以上にストレートに伸びが出てきたので、当然、奪三振率も上げてくるでしょう。もっと大きな記録を打ち立てるのも夢ではありませんよ」

 プロ野球界の期待を一身に背負う則本。その「ストレートの伸び」の内容を見ると、彼の“破格さ”がよく分かる。球が伸びるというのは、それだけ球の回転数が多いこと。「則本のストレートの回転数は、球団が発表するデータによれば、1分間の回転数が2500回と、メジャーのトップ投手並みに高いんです。この回転数のおかげで、則本のストレートは打者の手元で伸びるといわれているんです」(前同)

 このうえ、フォークという絶対的な変化球を持っているがゆえに、三振の山が築けるというわけだ。また、時速150キロを超える速球を投げながら、則本の投球が安定している秘密は、彼の「下半身の強さ」にあるという。

「田中や則本の自主トレに同行するコーチによれば、則本は軸足(右足)の柔らかさが飛び抜けているらしいんです。投球時、リリースを支える軸足の膝が体の内側に入り込む角度が、普通の投手は40度くらいであるのに対し、田中と則本は70度曲がるそうです。これが下半身の安定を生み出し、球速が出ても制球が乱れない理由となるんです」(同)

 さらに、もう一つ、重大な資質として、「メンタルの強さ」を挙げるのは、前出の橋本氏だ。「則本は、マウンド上で闘争心をむき出しにして、バッターにどんどん攻め込んでいきますよね。あの闘争心が重要なんです。投手としては決して大きくないですが、投げっぷりで、どんどん相手を追い込んでいくわけです」

 今春のWBCの大舞台では防御率9.82と、散々な成績だったが、当然、日本でこれだけの活躍を見せれば、メジャー球団も指をくわえて眺めているわけがない。「メジャーのスカウトの間でも、“野茂の再来だ”と則本の評価は急上昇しています。特に、スカウト陣はその奪三振率の高さに注目しているようで、リリーフでの起用を考えて、リスト入りさせているそうです」(前出のスポーツ紙記者)

 だが、則本はまだ4年目。メジャー行きは、早くてもダルビッシュや田中のように、7年目というのが通例となっている。「昨オフの契約更改で年俸2億円の複数年契約を結んだ則本ですが、その契約条項の中に、“19年オフにポスティングを認める”との一項目があると、球界関係者の間では噂されています。やはり、彼は7年目に、メジャー挑戦するのが既定路線となっているようですよ」(前同)

 先輩の田中は、チームを優勝に導いた投手という勲章を手にしてから海を渡った。則本も、今季絶好調の楽天を優勝させることができるか。その先に、メジャーで三振の山を築く未来が待っている。

関連記事(外部サイト)