プロ野球、番記者オフレコ「前半戦ウラ総括」

プロ野球、番記者オフレコ「前半戦ウラ総括」

記事画像

 夏到来――“夢の球宴”まであと2週間を切った。その前に、番記者たちの“オフレコ話”で今後の見どころをザザッと総ざらいだ!

 交流戦が終了し、いよいよシーズンも中盤戦に突入した2017年のプロ野球。「毎年、番狂わせが起こりがちな“魔の交流戦”ですが、今年は1位ソフトバンク、2位広島、最下位争いもヤクルト、ロッテと両リーグの最下位チーム同士で、順当な結果に終わりました」(スポーツ紙記者)

 だが、各球団の内情をつぶさに見ていくと、例年に劣らず話題は豊富。そこで今回は、取材記者や関係者から聞いた“ベンチ裏レポート”を、こっそりお届けしよう。

 交流戦中に最も話題を集めたのは、なんといっても球団新記録の13連敗を記録し、GM交代という異常事態に発展した巨人だ。「球団は“通常の人事異動”と説明しましたが、堤辰佳前GMが詰め腹を切らされたことは明白。彼がFAで獲得した陽岱鋼、山口俊が大きく出遅れたので、仕方ないことかもしれません」(スポーツ紙デスク)

 だが皮肉なもので、その途端、陽も山口も大活躍。交流戦を大逆転の3連勝で締めるなど、復調の兆しが見えたかに思われた。「ただ、6月18日のロッテ戦で阿部慎之助がボールをよけようとして、右ひざを負傷したのは痛いですよ。今季、巨人が“開幕ダッシュ”できたのは阿部の頑張りのおかげで、彼のバットが湿ってきたら、あれよあれよと13連敗。それだけ“阿部頼み”なんです。打てなくても、いるだけで精神的支柱となっていた面もありますしね」(前同)

 2000本安打達成まであと31本と迫った阿部の選手生命を脅かすほどの故障ではないというが、復帰はオールスター明けまで無理ともいわれている。「自力優勝が消滅した今、なんとしてもAクラスに入らなければ、高橋由伸監督の立場も危うくなります。Bクラスになれば、監督の性格上、進退伺いを出す可能性があるし、出せば受理される可能性もありますからね」(読売新聞関係者)

 そんな由伸巨人に逆転の目があるとすれば、鹿取新GMの存在かもしれない。「これまでのGMは全員、読売新聞からの“出向サラリーマン”で、プロの現場出身は初。より現場の声を反映したチーム編成が期待されています」(前同)

 とはいえ、GMの役割は補強をはじめとしたチーム作り。来季ならともかく、さすがに今季はもう何もできないのではないか。「そうとも言い切れません。鹿取さんは球界に幅広い人脈があり、各球団の裏事情に通じている。その人脈を駆使した緊急トレードなどの起死回生策を取る可能性は、十分あります」(同)

 今季のトレード期限は7月31日。それまでに、もしかしたら大きな動きがあるのかもしれない。昨年日本一に輝いた日本ハムは今季、成績が低迷。これは、やはり“二刀流”大谷翔平の不在が大きい。「ケガからの復帰が予想外に長引いていますね。このままでは、今オフに確実視されているメジャー移籍にも暗雲が漂うかも……」(日本ハム担当記者)

 大谷は、6月20日にようやく一軍に合流。すでに戦線復帰しているものの、スポーツ紙に対して「足首も含めて、ベストな状態に今年は持っていけないんじゃないかなと思っている」と吐露している。

 これでは、確かにメジャー球団も獲得を躊躇してしまいそうだが、一方で、この“大谷隠し”は、日本ハムの作戦との見方もある。「下手に出場させて商品価値を下げてしまうより、万全に回復させてポスティングで値を釣り上げたほうがいい――日ハムは、そういう考え方の球団ですからね」(前出の担当記者)

 いずれにしても、今季は……それどころか、日本ではもう二度と、160キロ近い球をビュンビュン投げ込む大谷の姿を拝むことはできないかもしれない。「まあ、球団がそう考えていたとしても、実際はケガを理由に安く買い叩かれるかもしれません。日ハムも頭の痛い賭けですが、別の意味で頭が痛そうなのは、菊池雄星が絶好調の西武です」(民放局野球担当記者)

 昨年12勝して開眼した菊池は、今季も7勝2敗、防御率1.43(6月22日時点=以下同)と絶好調。「その菊池、どうやら、昨オフの契約更改で、“今年15勝すればメジャー行きを認める”と球団から言質を取ったようなんです。この調子なら、15勝は達成できてしまいますね」(前同)

 せっかく育ったエースの流出危機に直面する西武だが、問題がもう一つ。「今オフにFA権を取得する牧田和久です。昨オフ、牧田は球団からの複数年契約の提示を断り、年俸1億円の1年契約を選択。これは、今季限りで西武を出るシグナルです。昨年の岸孝之に続いて、今年で菊池と牧田が退団すれば、投手陣の大幅戦力ダウンは否めません」(同)

 牧田は今年3月のWBCで大活躍し、評価を高めた。「WBCでの活躍はメジャー行きの切符に直結するため、多くの有力選手がアピールを期して出場します。ですが、おかげで調整ペースが狂ってシーズン中に不調に喘ぐ“WBC症候群”が、毎回発生。今年も、やはりありましたね」(専門誌記者)

 投手では牧田、千賀滉大、則本昂大など好調を維持する選手もいたが、打撃陣は深刻だ。「日本ハムの中田翔、DeNAの筒香嘉智、ヤクルトの山田哲人などの強打者が、軒並み絶不調。3月にピークを持ってきたことの弊害ですね。メジャー球団がWBCに選手を派遣したがらないのも頷けます」(前同)

 日本ハム、DeNA、ヤクルト。今季伸び悩む3球団の出遅れは、多分に主力のWBC症候群のせいと言っていいのかもしれない。「例年、大して良くないので忘れていましたが、WBCで打ちまくり“覚醒した”といわれた巨人の小林も、今はさっぱりですね……彼もそうなのかも」(同)

 筒香や山田はここにきて少しは打ち始めたが、それにしても本来の彼らの実力から考えれば、まだまだ。「特に、筒香は来オフのメジャー挑戦を考えているといいますから、ここが正念場。DeNAはロペスがよく打ち、宮崎敏郎も規定打席に達したとたん首位打者に躍り出るなど、他の打撃陣が踏ん張っているものの、“あと1本”が足りずに負けることが多いですからね」(同)

 悩み多きシーズンを送る選手も多い中、パ・リーグでは楽天とソフトバンク、セでは広島と阪神が首位争いを繰り広げている。「3年連続で交流戦1位となったソフトバンクの選手層の厚さは、尋常ではありません。和田毅、千賀、武田翔太といったエース級、内川聖一、デスパイネら強打者が故障で戦線を離れても、他の選手がそれを補って余りある結果を残すんですから」(前出のデスク)

 そのソフトバンクもなかなか尻尾をつかめないのが、6月22日現在、唯一、パの全カードで勝ち越す楽天。茂木栄五郎や岡島豪郎らが好調で、ウィーラーやペゲーロなど外国人選手もマッチしているが、やはり、8試合連続二桁奪三振の日本記録を作った則本の活躍が光る。「彼のフォークは目の前までまっすぐ来て、手元で少しだけ変化する。ストレートと思って振ったら最後の最後にバット1本分だけ落ちるので、三振が取れるんです」(前出の専門誌記者)

 この則本はドラフトの19番目、そして首位争いを演じるソフトバンクのエース・千賀は育成出身だ。「両チームの好調は、スカウトの目利きがいかに大事かの証拠。後半戦のカギは、選手層が厚いソフトバンクの“物量作戦”に、少数精鋭の楽天がどこまで踏ん張れるかですね」(前同)

 スカウトの慧眼といえば、交流戦で一軍初打席ホームランを放ち、その後、日ハム戦で2発と打ちまくった広島のバティスタもそうだ。「“あんな選手、どこから見つけてきたんだ!?”と、誰もが驚きましたよ。育成出身で、さらに今季からは異例の6年契約。カープは投手だった鈴木誠也を野手にコンバートするなど生え抜きを育てるのも上手ですが、スカウトも素晴らしいと、つくづく感服しました」(NPB関係者)

 その広島は相変わらず、打線が絶好調。67試合(以下同)で70本塁打、総得点347は2位以下を大きく引き離しており、今年も“神ってる”雰囲気だ。

 それを追う阪神は、投手陣が堅調。2.90というチーム防御率は、こちらもダントツの1位だ。金本監督の、中心選手以外はめまぐるしく選手を入れ替える“超変革”作戦も、現状では成功している。「ただ、“やりすぎとちゃうか”との声も聞かれます。勝ちパターンをきちんと作って、バタついたときに戻れる“基本の形”を持っておかないと、崩れたら止まらなくなる可能性もありますよ」(阪神担当記者)

 そして、ここへきて怖いのが、調子を徐々に上げてきている中日。「昨年途中で谷繁元信前監督が実質解任されるなど混迷したわりには、主力の大島洋平、平田良介がFA権を行使せず残留してくれたので、なんとか戦力ダウンを防げましたからね」(中京地区の民放記者)

 実は、この残留劇は“ある人物”のおかげだという。「平田はヤクルト、大島は巨人に移籍するとみられていましたが、落合博満GMが今年1月で退任すると分かるや、両者とも翻意したそうです。偉大な成績を残した落合氏ですが、本当に人望がないんですね……(苦笑)」(前同)

 さらに、ビシエド、ゲレーロの両外国人がようやく打ち始め、Aクラスを狙う巨人と横浜の最大の脅威になると目されている。逆に息切れ気味なのが開幕以来、気を吐いていたオリックス。エースの金子千尋が少しお疲れの様子なのが、その原因だ。「金子一人では限界があります。ルーキーの山岡泰輔は好投しているし、同じくルーキーの黒木優太も早くもリリーフエースの風格を見せていますが、もう2枚ほど信頼のおける先発がいないと、Aクラスは厳しい」(前出の在阪記者)

 さらに深刻なのは、勝率がギリギリ3割と壊滅的なロッテ。戦力的にそれほど問題はないのに、今年は実力を発揮できていない。「韓国のロッテ本社のお家騒動で、球団オーナーでもある重光武雄前会長が解任されたうえ、父を放逐した次男の重光昭夫会長(球団オーナー代行)も、朴槿恵前大統領のスキャンダルに巻き込まれていますからね。千葉に本社を置くZOZOTOWNなど身売り先の名も聞こえますが、“野球どころじゃない”と売却を考える余裕すらない有様。これでは、選手も身が入りませんよ」(専門誌記者)

 同じくセ・リーグで「どんなに負けても下がいる」と他チームのファンから感謝(?)されているヤクルトだが、朗報もある。「今季、バレンティンと再契約したものの、外国人は異例の単年契約。その理由は、日米通算2000本安打を達成した青木宣親が来年、帰ってくるからだともっぱらです。元気のないチームのカンフル剤になるといいですね……まあ、来年の話ですが」(前同)

 人生いろいろ、チームもいろいろ。それぞれの事情を抱えつつも、ひとまず球宴を挟み、シーズンは折り返し地点へ。野球の女神が最後に微笑むのは、はたして、どの球団なのだろうか。

関連記事(外部サイト)