「イチローVS大魔神」他、プロ野球“仮想対決”の結果は!?

「イチローVS大魔神」他、プロ野球“仮想対決”の結果は!?

記事画像

 セ・リーグとパ・リーグのチームが互いに激戦をくり広げるプロ野球交流戦が、大盛り上がりのうちに幕を閉じた。交流戦が2005年に開始されてからは、セ・パの「エース対主砲」という対決を頻繁に目にすることができるようになったが、それ以前は日本シリーズでないと真剣勝負を見ることはできなかった。そこで今回、実現が叶わなかった夢の対決を厳選し、そのうえで徹底検証しよう!

■仮想対決(1)最強「V9軍団」vs鈴木啓示

 球界最後の300勝投手の近鉄バファローズのエース鈴木啓示(通算317勝)と、王貞治、長嶋茂雄を核とした巨人軍V9戦士が真剣勝負でぶつかることはなかった。巨人が強かった当時は、パ・リーグでは阪急の黄金期で、近鉄は日本シリーズに出場できなかったからだ。もし、この対戦が実現していたら、実に見応えのある戦いが繰り広げられていたに違いない。

 当時の近鉄に在籍していた評論家の伊勢孝夫氏が証言する。「啓示はもともとストレート一本だったけど、一度ケガして、それが治ってからコントロールが良くなった。特に右打者のアウトコースに少し逃げていくシュートとスライダーの出し入れがうまかった。そこを意識させて、インコースを突く投球術を見せていた」

 長嶋に対しては、当然、この攻めでいくものと思われる。王は、極端な王シフトを敷かれたときも流さずに、とにかく引っ張るバッティングを貫いていたので、アウトコース主体の攻めを貫いていくのではないかと伊勢氏は予測する。

 スポーツジャーナリストの手束仁氏は、鈴木は力勝負で完投を狙うとみる。「長嶋さんは泳いで三振しそう。王さんは1、2本は打つんじゃないかな」

 当時、王キラーとして知られていた野球解説者の江本孟紀氏は、たとえONに打たれたとしても、トータルでは鈴木に軍配が上がるのではないかと見る。「いくら、王さんや長嶋さんが打ったとしても、その他の選手が打てなければ話になりません。鈴木クラスのエースが本気で投げれば、そうそう打てるもんじゃない。いかに当時の巨人打線が凄かったといっても、鈴木の球は打てなかったんじゃないですかね」

 当時のパの強打者を相手に、コンスタントに20勝を稼いでいた鈴木の力を持ってすれば、ONに打たれても、鈴木が完投で巨人打線を抑えていたかもしれない。

■仮想対決(2)怪物・江川卓vs怪物・ブーマー

 84年、打率.355、37本塁打、130打点で来日外国人選手初の三冠王となったのが、阪急ブレーブス最強の外国人助っ人、ブーマー・ウェルズ。実は、この年のオールスターでブーマーは全盛期の江川卓と対戦している。江川はこのとき、「8連続奪三振」をやってのけたのだが、全パの一人がブーマーだった。だが、お祭りのオールスターではなく、真剣勝負となれば結果は変わってくるはず。

 同じリーグでブーマーのバッティングを見てきた伊勢氏は言う。「これはブーマーが打っちゃうぞ。江川といえば高めのストレートだけど、ブーマーは高めを打つのがうまかった。外国人にはローボールヒッターが多いけど、ブーマーはバットのヘッドを立ててうまく打つ。今まで見てきた中では、一番かもしれない」

 高め勝負になるという点では、手束氏も同意見。「江川のスピンの効いたボールをブーマーが真芯で捉えたら、相当飛ぶはず。彼はかつて、渡辺久信の球を162メートル飛ばしたことがあるんだけど、同じぐらいは飛ぶんじゃないかな」

 だが、これは“当たれば”の話。オールスターでの対戦がそうだったように、ブーマーが振り回して三振する可能性も低くはない。江本氏が言う。「当時のパの野球は荒かった。ブーマーの振り回す打ち方では、全盛期の江川の高めの速球には太刀打ちできなかった。カスリもしなかったんじゃないかな」

 高めのストレートでの真っ向勝負。当たればホームラン、当たらなければ三振という力と力の勝負になったはず。おそらく通常の対戦なら、1試合で4回は対戦がある。ほとんどは、江川の勝ちだろうが、1試合に1回は、江川の癖である「一発病」が出て、ホームランを打たれたかもしれない。ただ、ランナーが溜まった「ここぞ」という場面では、江川がきっちりと三振に仕留めただろう。

■仮想対決(3)トルネード投法vs野村ID

 日本人メジャーの先駆者・野茂英雄が日本球界で活躍したのは、90〜94年のたったの5シーズンに過ぎなかった。この間に残した成績は、78勝46敗、防御率3.15、奪三振1204という数字。変則的なトルネード投法で三振の山を築いて、勝ち星を稼いでいた。

 トルネードがパの打者たちをキリキリ舞いさせていた頃、セ・リーグを席巻していたのが野村克也監督率いるヤクルトスワローズの「ID野球」だ。野村野球の申し子ともいうべき古田敦也捕手のリードで、ヤクルト投手陣が他チームを翻弄。池山隆寛、広澤克実たちが、一球一球の持つ意味を再確認する考える野球に目覚め、チームとして完全に覚醒したのだ。必然的に、古田をはじめとするヤクルト打線が野茂をいかに攻略するかがポイントとなる。

 手束氏によれば、野茂は古田に対して、社会人時代のイメージで投げてくるのではないかと予測する。「野茂が舐めて投げて、それを古田が右中間に打ち返すんじゃないですかね」

 この対戦ではノムさんの心理作戦が炸裂するはずなので、野茂は厳しい戦いをしいられるだろう。「ノムさんなら“あのフォームなら走り放題や”とか言って挑発していくでしょうね。攪乱して細かく点を取っていく。二桁三振するけど、5点くらい取りそうなイメージです」(手束氏)

 IDと足を使った攻撃で野茂危うしか。一方、江本氏はこう分析する。「野茂は、あのフォームなのでコントロールが安定しないところがあり、ある意味ID泣かせです」

 さらに、攻略自体が難しかったと、当時のヤクルトで打撃コーチをしていた伊勢氏は解説する。「あいつはフォーク投げる時、トルネードで捻るときに指を挟むから、クセがなかった。攻略はしんどかったと思う」

 1試合だけの対決なら攻略は難しかっただろうが、シーズンを通して見たら、おそらくヤクルトは癖をつかんでいたのではないか。

■仮想対決(4)剛腕・伊良部vsゴジラ・松井

 当時の球界最速記録だった158キロのスピードボールで、パの強打者たちに恐れられた伊良部秀輝。その後、海を渡って98年には13勝9敗と、ヤンキースのワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。

 日本で評価されたのは、清原和博との対戦。常にストレートの真っ向勝負は、「平成の名勝負」と呼ばれ、パの呼び物となっていた。その清原は、伊良部がメジャーに渡った97年に巨人に移籍し、松井秀喜とともにMK砲を結成。松井はのちに伊良部のいたヤンキースに移籍することになるのだが、伊良部と松井が互いのピーク時に公式戦で対戦することはなかった。

 2人の唯一の対戦は94年のオールスター。伊良部は松井に159キロを計測する球を投げ(最速を更新するも、公式記録にはならず)、打ち取っている。もしも、互いの全盛期にガチンコの対戦が実現していたとしたら、どういう結果が待っていたのか。

「全盛期同士の対決なら、松井に軍配が上がると思う。4打席あれば2本はヒットを打つんじゃないかな。ただ、ホームランもないでしょう。松井は比較的、打球の弾道が低く、ホームランもライナー性が多かった。だから、ホームランではなくライト前ヒットになると思う」(手束氏)

 伊勢氏は、別の面から松井有利説を唱える。「伊良部は、捕手の構えを見れば、フォークを投げるのが丸わかりだった。松井なら、癖を見抜いて打てたんじゃないかな」

 江本氏も、まともな勝負なら、松井有利と見ているが、伊良部には、打者をビビらせる“奥の手”があった、と証言する。「ボールそのものに威力があるんですが、それ以上に伊良部はものすごく“攻撃的”な投手でした。相手を怖がらせるためならブラッシュボールも厭わない。“当てるぞ”と喧嘩腰で投げるので、どうしても打者は腰が引けてしまうんです」

 まともにぶつかれば松井の勝ちが濃厚だが、松井の腰が引ければ伊良部が勝ちか。

■仮想対決(5)天才バットマンvs大魔神

 日米を股にかけて活躍した大魔神・佐々木主浩と、現在も活躍を続けるイチロー。日本にいた時代は横浜と、オリックスで、セ・パに別れていたが、メジャー同僚として2人ともシアトル・マリナーズに在籍していた。佐々木が引退して半年後、TV番組の企画でイチローのバッティング投手を務めるという一幕はあったものの、2人が真剣勝負で対決した場面は一度もなかった。

 伊勢氏の予測はこうだ。「パ・リーグのほうがレベルが高い。イチローがセにいたら、もしかしたら4割を記録していたかもしれないね。だから、佐々木でもイチローを抑えることはできなかったのではないか」

 一方、江本氏は佐々木が有利だと話す。「佐々木のフォークは140キロのスピードが出ます。これは、なかなか打てるものじゃない。いかに、イチローがミートのうまい選手でも、佐々木なら抑えることができたと思う」

 佐々木は守護神という役割ということで、1打席の対決に集中することができるという点での有利さがあるだろう。手束氏は、対戦のイメージをしながら、こう結論づけた。「イチローのバットが佐々木のフォークを引っ掛けて、三遊間に飛んで内野安打になる気がします」

 続けて、「バチッと捉えて、センター前に飛ばしたりするイメージが湧かないんです。飛んだコース次第で、アウトになったり内野安打になったりすると思う。だけど、シーズンを通しての対決となれば、イチローも佐々木をカモにできるほどは打てないでしょう」(手束氏)

 三者三様の答えが出たが、本誌としては三振も少ないが、フォークを捉えたクリーンヒットも少なかったという結論にしたい。

関連記事(外部サイト)