中日・岩瀬も大復活! プロ野球「オヤジ選手」の逆襲

中日・岩瀬も大復活! プロ野球「オヤジ選手」の逆襲

記事画像

 マウンドで、バッターボックスで煌くのは若き新星だけじゃない。年を重ね深みを増したいぶし銀が時に太陽よりも輝く瞬間を見よ!

 いよいよシーズンも折り返したプロ野球。各チームの明暗、ペナントの行方など話題は多々あれど、ひときわ目を引くのが、ベテラン選手たちの奮闘ぶりだ。驚くべきは、プロ野球現役最年長選手である中日の岩瀬仁紀(42)。鉄壁の守護神として鳴らした岩瀬だが、ここ数年はケガや故障で一軍登録すらままならなかった。年俸も、2014年オフ、15年オフと2年合計で3億2000万円もの減額となった。

「開幕前は“そろそろ引退か”と言われた彼ですが、今年は左のセットアッパーとして一軍に定着しました。6月は絶好調で、14試合に登板して1勝1セーブ10ホールド。防御率は驚異の0.00で、12年ぶりに月間MVPを獲得したんです」(スポーツ紙記者)

 全盛期を彷彿とさせる活躍。なぜ、再び調子が上向いたのだろうか。「岩瀬は昨オフから、新しい球種を身につけようと地道に練習し、カットボールやパームボールのような小さく変化する球を覚えたんです。大きく変化するスライダーが得意の彼が、この年でさらに武器を増やしたわけですね」(前同)

 岩瀬は、引退を自分で決められる特権を球団から与えられているという。あくなき向上心があれば、かつて50歳まで投げ続けた山本昌のように、あと数年は“最年長選手”の座を守り続けるだろう。

 海の向こうを見れば、いつの間に現役かメジャー最年長選手となっていたイチロー(43)、速球はなくとも抜群のコントロールで強打者たちを斬りまくる上原浩治(42)もいる。日米問わず、元気なアラフォー選手は増えているのだ。「トレーニング方法も進歩し、食事やサプリメントにも気を遣うようになってきており、選手寿命は全体的に伸びています」(野球評論家の里崎智也氏)

 とはいえ、若いときと同じような練習では、オーバーワークでケガの危険性が高まる。「ベテランには、自分の限界を超えないように気をつけながら、体力を維持していかなければならない難しさがあるんです」(前同)

 そうした難しい舵取りをしながら活躍を続ける選手は、他にもいる。昨年のセ・リーグMVP男、広島の新井貴浩(40)もそうだ。今年は4番の座を鈴木誠也に譲り、代打に回ることも多くなっていたが、“奇跡”の立役者となった。

 7月7日の対ヤクルト戦。この日の広島は8回までに3-8の大量リードを許し配色濃厚。しかし、9回表に登板した抑えの小川を広島打線が捉え、6-8まで追いあげ、2死一、三塁で代打・新井が告げられると神宮球場の興奮は極限まで高まった。「2-1からの4球目、新井がバットを振り抜くと、打球はセンターに飛びこむ代打逆転3ラン。9回に5点差を引っくり返した“七夕の奇跡”は、間違いなく球史に残ります」(広島担当記者)

 剛打は健在だった。「新井は自ら“40にしてバッティングを覚えた”と言っています。以前はどんな球でも食いつくタイプでしたが、阪神から広島に戻って、球を引きつけて打つようになった。常に謙虚に練習する様子は、若手からも尊敬を集めています」(前同)

 巨人の阿部慎之助(38)もまだまだ主力。「打率.249、10本塁打(数字はすべて7月12日時点)と、今季の成績はまずまず。三振も43あり、内容がよくない部分も目立ちますが、精神的支柱として、低迷するチームを支えています」(巨人担当記者)

 現在、阿部は2000本安打まであと25本に迫り、達成は時間の問題。「2000本を手土産に引退という選手も多いですが、阿部自身は、それは嫌でしょう。来年も、できれば現役生活を続けたいと思っているはずです」(前同)

 その2000本安打を6月2日の楽天戦で達成したのが中日の荒木雅博(39)。「あの落合博満前GMに“守って打った2000本。誰が打つよりもうれしい”と激賞されました。荒木はひたすら守備と走塁を磨くことで歴代指揮官の信頼を得て、打席を与えられ続けた結果、記録を達成しました」(中京エリアのスポーツ紙記者)

 記念のセレモニーで花束を渡す役を買って出たのが、荒木が入団したときに中日の監督だった星野仙一氏。「当時は“なんで、こんな非力な選手をドラ1で取ったんだ”とフロントに食ってかかった星野さんですが、入団後の荒木の姿勢も見てきているし、さぞ感慨深かったでしょうね」(前同)

 一方、2000本まであと53本と迫りながら、代打での起用がメインゆえに、「今シーズンの達成は難しいのではないか」と言われているのが福浦和也(41)。ロッテ一筋24年の大功労者だけに、元同僚の里崎氏も、「早く2000本安打を達成してほしい、と注目しています」とエールを送る。

 昨シーズンに日米通算の2000本安打を達成したのは、阪神の4番・福留孝介(40)。今季はキャプテンにも就任している。「体の負担の少ない外野手であることと、今年は糸井嘉男が加入したことで、相手のマークが分散したことが有利に働いています。若手の原口や中谷は、まだ福留を脅かすほどではないので、もうしばらくは打線の中核を担うことになるでしょう」(スポーツ紙デスク)

 とはいえ、打率.259、本塁打7本は、福留にしては少々物足りない。後半戦で首位広島を脅かし、セ・リーグを盛り上げるため、大爆発を期待したい。

 さて、もう一人、メジャー帰りのベテランといえば楽天の松井稼頭央(41)。ソフトバンクに猛追されながら、前半戦を首位で折り返すことができたのも、彼の働きがあってこそだ。

「今年の楽天の強さの秘密は、3人の外国人がとにかく打ちまくり、茂木、岡島、銀次、島内、聖沢ら日本人が周りを固めていること。この中で異彩を放つのが松井。さすがに常時出場はなくなっても、スイッチヒッターとして臨機応変に起用でき、“全身バネ”の身体能力も健在なので、奇襲を任せるのにピッタリなんです」(前同)

 松井の魅力は、いつまでもプレーが若々しいこと。塁間を疾走する姿は年齢を感じさせないほどで、楽天ではショートからレフトへの転向を受け入れるなど、プライドより出場機会を優先する貪欲な姿勢も、息の長い活躍を可能にしている。

 最後に、ヤクルトの石川雅規(37)。身長167センチと小柄で童顔なため、かつて「中学生の来るところじゃないよ」と、ガードマンに球場入り口で制止されたというエピソードを持つ。16年間ローテーションを守り続け、今年もチームの柱として投げ続けているものの、4勝10敗、防御率5.17と苦しい数字。

「ですが、石川はそもそも、打たせて取りながら味方の援護で勝つタイプ。チーム打率、得点、ともに最下位という今季の体たらくでは、彼を責めることはできません。焦らずに、自分にできることを続けてほしいですね」(前出のデスク)

 そう、有力なベテランたちといえど、日々の蓄積がなければ活躍もできない。「結局、それをどれだけ意識しているかで、選手寿命が違ってくるのだと思います」(里崎氏)

 親愛なる“オヤジ選手”の皆さん、暑い盛りの体調には気をつけて、まだまだ球界を盛り上げてください!

関連記事(外部サイト)