侍JAPAN「稲葉監督決定」までの全真相

侍JAPAN「稲葉監督決定」までの全真相

記事画像

 若大将の再登板が規定路線とまでいわれていた代表の指揮官選びがまさかのドンデン返しの結末に。知られざる暗闘を実況中継する!

 7月11日、スポーツ紙に衝撃的な見出しが躍った。2020年東京五輪で金メダルを目指す侍ジャパン次期監督に、評論家の稲葉篤紀氏(44)の名前が浮上したのだ。そして28日、稲葉氏の監督就任が正式に発表された。

「別の人物で内定していたはずだったので、驚きましたよ」と言うのは、NPBを担当するスポーツ紙記者。五輪監督については、早い段階から前巨人監督・原辰徳氏の名前が浮上しており、本人も受諾する方向で話が進んでいるとみられていたからだ。本誌も以前から、そう報じていた。

「原さんは長期間、代表監督として拘束されるのを嫌がり、東京五輪までなら、と言っていた。一方のNPBは、21年のWBCまでやってほしい。一度は五輪とWBCを分けて考える方針を認めたNPBでしたが、最終的にそこがネックになって、原さんを候補から外したようですね」(東京五輪担当記者)

 原氏には、09年WBCの優勝監督という実績がある。「自国開催でメジャーリーガーが不参加の可能性が高い東京五輪なら、十分に金が狙えます。ただ、翌年のWBCで優勝できる保証はない。原さんは、もし優勝を逃せば自分の経歴に傷がつくと考えたようです。だから、東京五輪までという契約期間にこだわっていたんです」(前同)

 しかし、その一方では、こんな噂も……。「例の問題がネックになった可能性もある」(スポーツ紙記者) それは、2012年に、原氏が過去の女性問題に絡んで元組員の男に1億円を渡したと『週刊文春』が報じた事件だ。

 読売新聞社は、原監督(当時)が恐喝した人物が反社会的組織の人間とは知らなかったとして、名誉毀損で訴えたが、東京地裁の一審では「恐喝した者を一般的に反社会的勢力と考えるのは妥当。取材を通じ、巨人も同様の認識だったと信じるには相当な理由があった」と請求を棄却。さらに控訴審では「巨人側は会見時、反社会的勢力であることを把握していたが虚偽の説明をした」と指摘、巨人の控訴を退けた。そして最高裁が上告を棄却したことで読売側の敗訴が確定。原氏が反社会的勢力の人物に金銭を渡していたことは、公に「判決」として確定してしまったのだ。

「最高検察庁公安部長や東京地検特捜部長を歴任した元検事の熊崎勝彦NPBコミッショナーが、この判決を気にしたため、原さんの目がなくなったという話もある」(事情通)

 原氏が代表監督に就任した場合、この問題が蒸し返されることを懸念したのではないかということだ。「契約期間の問題も含め、絶対の本命だった原監督が消えたのは、6月下旬だったそうだ」(前同)

 NPBは新たな候補を考えねばならなくなったが、稲葉氏の名前がすぐに出てきたわけではない。監督の人選は、侍ジャパン強化委員会の井原敦委員長(NPB事務局長)と、山中正竹強化本部長(全日本野球協会理事)が一任されているが、「“五輪監督はビッグネームで”という暗黙の了解があったので、稲葉氏に決まるまでには、多くの候補者の名前が挙がったようです」(スポーツ紙デスク)

 原氏のあとに候補となったのが、前ソフトバンク監督の秋山幸二氏、前DeNA監督の中畑清氏、栗山英樹日本ハム監督ら。しかし、交渉はすべて不調に終わる。「今年、ソフトバンクが優勝を逃したら秋山さんの復帰もありえる。中畑さんは代表監督就任に意欲的といわれてましたが、ここにきて巨人監督の目が出てきた。また、6月に有力候補としてスポーツ紙に名前が出た栗山監督も、日本ハムとの契約がいつまでか不透明。結局、三者とも日の丸よりも球団監督の話のほうを優先したわけです」(前同)

 確かに、代表監督には想像以上のプレッシャーが伴う。「この重圧は、経験者にしか分からないんでしょうね。あの王さんも、あんなにしんどいものだとは思わなかったと、後になって振り返っていました」(ベテラン野球記者)

 ただ、やはり金銭面の問題が大きいという。「人気球団の監督ともなれば、億単位の金が入ってくる。候補に拳がるような人たちには、そんなオイシイ話が常に舞い込んでくるわけですが、それが4年間、来なくなってしまう。一方、代表監督のギャラは雀の涙。それでいて、負けたらマスコミや世間から国賊扱いでしょ。お金は二の次という人にしか務まりませんよ」(同)

 王、長嶋世代ならともかく、今の現役世代の監督たちには「それでも、あえて引き受ける」という人物は少なくなっているようだ。

 今年4月以降、強化委員会は五輪やWBCの指揮を執った歴代監督に、「どんな人物が次期監督にふさわしいか」というヒアリングを行った結果、井原委員長は、「プロ野球の監督経験があったほうがいいという一方で、世代交代も必要」という見解を示していた。

 前述のように、「経験者」にことごとく断られたこともあって、もう一つの条件である「世代交代」の方向に大きく舵を切ることとなったようだ。「13年WBCの山本浩二監督のとき、コーチ陣が皆、監督と同じ世代で、選手とうまく噛み合わなかったという反省からでしょうね」(前出のスポーツ紙記者)

 そこで白羽の矢が立ったのが、小久保裕紀監督の下で打撃コーチを務めた稲葉篤紀氏だった。彼は、選手として08年の北京五輪、09年と13年のWBCに出場。この国際試合の経験を買われ、13年秋からは侍JAPAN打撃コーチとして、小久保監督を支えてきた。

「とにかく、選手からの人望が厚いんです。打撃に関する指導力にも定評があり、代表では中田翔や坂本勇人らに的確なアドバイスを送り、彼らは稲葉理論の信奉者になりました」(前同)

 最近では、巨人から日ハムに移籍した大田泰示に、「打撃が小さくなっている。お前の持ち味は、もっと思い切って振ることのはずだ」とアドバイス。大田の眠っていた実力を覚醒させるきっかけを作ったことで評価を高めた。代表監督就任は、日の丸選手たちから歓迎されるだろう。

 だが、野球は人柄だけでは勝てない。プロ野球で監督経験のない人物に、代表監督の座を委ねるのは、ある意味では冒険のような気もするが、06年WBCの優勝メンバーの一人、里崎智也氏は言う。「経験があるからいいとか、ないからダメとか、そんなことは関係ありません。あくまで結果で判断されるべきでしょう」 その評価は、彼の采配を見るまで楽しみに待つことにしよう。

 しかし、ここまで監督選びが難航する、そもそもの原因は何なのだろうか。「サッカーのマネをして代表を常設にしたのが間違いの始まり。そのしがらみがなければ、監督のなり手は、いくらだっていたはずです。正直、ビッグネームでなければ、メジャー組も召集に応じないでしょう。結局、常設化したところで、WBC以外の国際試合は盛り上がらない。今秋にあるアジアチャンピオンシップなんて、誰も知らないでしょ!? これじゃ、日本代表の強化にもつながらない。このままでは、侍JAPANはダメになっちゃうと思いますよ」(前出のベテラン記者)

 日の丸を背負い、母国開催の五輪で金メダルを目指す侍JAPAN。その舵取りが注目される。

関連記事(外部サイト)