3万車券連発! 杉沢毛伊子が、すごい太ももと明るい笑顔で驀進!!

3万車券連発! 杉沢毛伊子が、すごい太ももと明るい笑顔で驀進!!

記事画像

 8月16日の岐阜競輪場初日、ガールズケイリン第7Rで3連単3万1700円という高配当が出現した。そのとき、力強いマクリで3着に突っ込み、高配当の一翼を担ったのが、杉沢毛伊子選手(31)である。前回の西武園競輪最終日の勝利(3万4820円)に続く、3万車券連発となった。

 杉沢選手は静岡県の出身。学生時代はバスケットボール部に所属し、市立沼津高校時代にはインターハイ(全国高校総体)に出場するなど、小柄な体をものともせず、かなりの活躍を見せていた。

 ところが、夢を抱いて進学した和洋女子大4年生のとき、右足前十字じん帯を断裂してしまう。その大けがの影響で、バスケの実業団チーム入りという長年の夢をあきらめ、IT関連企業で働くことに。だが、仕事が性にあわず、地元の静岡に戻って転職。トレーニングジムのスポーツトレーナーとなった。

 この新天地で、杉沢選手は多くの競輪選手と知りあうことになる。2012年からガールズケイリンが復活するという情報も耳に入ってきた。それを聞いて、彼女の心は大きく動いた。ジムにお客として来ていた望月永悟選手(77期)を紹介してもらい、日本競輪学校第104回試験を受験することに。そして、2011年12月、見事に合格することができた。

 競輪学校在校時の成績は7位。女子2期目となる104期生には逸材が多く、在校時成績1位に石井寛子選手、2位に山原さくら選手、5位に梶田舞選手と、ガールズケイリンを支えるスターレーサーたちが名を連ねている。

 デビューは2013年5月10日、京王閣競輪場(東京都)。この日は7着と敗走したが、2日後の5月12日、同場で初勝利を飾った。その日はちょうど母の日。いろいろ心配をかけた母をねぎらうことができ、本当にうれしかったという。初優勝はそれから半年後の2013年12月3日、松山競輪場(愛媛県)で果たしている。

 以降、堅実な走りを見せていたものの、練習中に右ひざを痛めてしまう。このアクシデントを機に、さらに細かく自分の体と向き合うようになった杉沢選手のモットーは「継続は力なり」。尊敬してやまない師匠に追いつき追い越せるように、攻め続ける気持ちを忘れず、激走し続けている。その現れのひとつが、穴党ファンを歓喜させた3万円超の高配当車券連発なのだろう。

 そんな杉沢選手の近々の出走予定は、8月25〜27日の富山競輪と9月6〜8日の平塚競輪。機会があれば競輪場に出かけ、杉沢選手の鍛え上げた太ももと明るい笑顔に応援の気持ちを伝えよう!

杉沢毛伊子(すぎさわ・けいこ)
生年月日 1985年11月7日
登録番号 014967
期別 104期
級班 L級1班
脚質 両
登録地 静岡県
出身地 静岡県
ホームバンク 静岡競輪場
血液型 O型
身長 158cm
選手動機 プロスポーツ選手への憧れ
お客様へのメッセージ ぜひ、競輪場へ足をお運びください

関連記事(外部サイト)