【新潟記念】コース良績あるトーセンバジル「阿部幸太郎 オレの美味予想」

【新潟記念】コース良績あるトーセンバジル「阿部幸太郎 オレの美味予想」

記事画像



 ブービー人気の8歳馬、ナリタハリケーンが、札幌記念でクビ差2着。それはまさに度肝を抜く劇的快走でした。有馬記念4着、大阪杯3着のヤマカツエースを、並ぶところなく抜き去ってしまったのです。G2の同斤57キロを背負い、まさに衝撃走。過去芝で8戦し1勝だけ。よもやG2で勝ち負けとは誰が予測し得たでしょうか。芝は無理だから良績あるダートに矛先を向けていたくらい。

 私は札幌記念6番人気のサクラアンプルールに◎。我ながら自信がありました。だから8歳のナリタハリケーンの快走が何とも解せません。競馬は一寸先が闇。馬単は6万9510円でした。

 今週は「新潟記念」です。抜群の手堅さで重賞エプソムCが2着だったアストラエンブレムが満を持しての登板。小倉記念を制した新星タツゴウゲキ。函館記念を豪快に抜け出したルミナスウォリアー。七夕賞2着と軌道に乗っているマイネルフロスト。

 新潟といえば新潟大賞典で2、4着の実力派フルーキー。目黒記念3着以来のハッピーモーメント。

 単騎逃げが見込めるウインガナドル。ポンと主導権を取ると不気味です。食指が動くのがトーセンバジル。昨夏の新潟で連勝。その後、ジャパンカップにも挑戦しました。阪神大賞典でもサトノダイヤモンドの3着。休み明けでも、買いです。

■阿部幸太郎 プロフィール
1949年生まれ。宮城県出身。競馬評論家。専門誌に連載を持つほか、ユニークな語り口で競馬番組にも数多く出演。「アベコー」の愛称で多くの競馬ファンに親しまれている。

関連記事(外部サイト)