阪神、DeNA、巨人「セCS争い」の大混戦度

阪神、DeNA、巨人「セCS争い」の大混戦度

記事画像

 はるか前方を疾駆する“赤備え”の勢いにやや陰りが。にわかに再び乱世の様相を呈し始めた終盤線、“後の先”を制して笑うのは誰ぞ!?

広島カープの背中を捕えるチャンスが到来 今年のプロ野球ペナントレースも、いよいよ大詰め。セ・リーグでは、シーズン当初から好調を維持してきた広島カープが、連覇に向けて独走態勢に入ったと思われた。「しかし、ここへきて心配な要素も出てきました。ここまでチームを引っ張ってきた主砲の鈴木誠也が、8月23日のDeNA戦の守備で右足首を骨折して戦線離脱。その8月22〜24日の3連戦では、DeNAに3戦連続でサヨナラ負けを喫したんです」(スポーツ紙デスク)

 やや勢いが鈍った広島を追うのは、阪神、DeNA、巨人。この3チームにとって、鯉の背中を捕えるまたとないチャンスが到来したわけだ。だが、野球解説者の江本孟紀氏は、「そうは言っても、今から広島をまくってのリーグ優勝は難しい」と言う。「残り試合数の関係上、やはり広島の優位は動かないでしょう。3チームはそれぞれに問題も抱えていますから、1か月で広島を上回るのは難しいでしょうね」

クライマックスシリーズを狙う巨人は… そうなると、狙うはクライマックスシリーズ(CS)。残り二十数試合、3チームが少しでも広島との差を詰め、なんとか2、3位に勝ち残れれば、CSでの「下剋上」も大いに狙えるというわけだ。そんな3チームの中で、最も厳しい立場にいるのは、やはり4位の巨人だろう。

 高橋由伸政権2年目の今年は、昨年に比べると菅野、田口、マイコラスの投手三本柱が安定しているのは好材料。だが、もう一人、先発を任せられる「4人目の投手」が出現しないことには、安定しないだろう。「その意味で、巨人の救世主になりうる存在といえば、8月27日の阪神戦で7回を1安打0点に抑えたルーキーの畠世周でしょう。なんといっても、ストレートで三振を取れるのは先発投手の大事な条件。彼は、それを十分に満たしていますしね」(前出のスポーツ紙デスク)

 畠はまだ一軍で43回1/3しか投げていないが、三振奪取率は菅野、マイコラス、カミネロ、マシソンを上回る11.01(成績はすべて8月31日時点)。この数字はリーグ首位で、“第4の男”となる資格は十分にあると言えるだろう。また、勝ち星こそつかなかったものの、8月30日の広島戦に先発し、広島の強力打線を5回途中まで2点に抑えた宮國椋丞が先発として使える目算が立ったのも大きい。

 一方、貧打に苦しんだ攻撃面にも明るい兆しが。「FAで獲得した陽岱鋼が後半戦からはきっちり仕事をして、前半は絶不調だった長野も、ようやく本来の打撃を見せ始めた。あとは、マギーを二塁に固定したのが大きいね。守備が不安視されていたけど、まあ大過ないし、何より三塁が空いたことで村田がレギュラーに復帰し、打線がつながるようになった効果は計り知れない」(巨人OB)

 ただ、前出の江本氏は次のように言う。「もっと早くそうするべきだったんですよ。でも、若手を育てるという名目で、なかなか手を打たなかった。ただし、巨人においては、それより優勝を目指すことのほうが重要ですからね」

 もしシーズン序盤から、このオーダーなら……と確かに思わなくもないが、CS下剋上には、これからでも遅くはない。

阪神タイガースには大逆転の可能性も! そんな巨人より有利な位置にいるのが、広島を追って2位の座をキープし続けている阪神。「このチームが、残りの試合で5連敗、6連敗するというのは、今シーズンの戦いぶりからあまり考えられない。今まで通り、勝ったり負けたりしながら、今の位置をキープするのではないでしょうか」(江本氏)

 投手陣の要・メッセンジャーの右足腓骨骨折での離脱は、あまりにも痛いが、この「駒不足」解消の鍵を握るのが、悩めるエース・藤浪晋太郎だ。「WBCから戻ってきて以来の不調で、シーズン前半はまったく使い物にならず、登板のたびに“四死球病”で自滅してきましたが、ここにきて、ようやく立ち直りの兆しが見え始めました」(在阪スポーツ紙記者)

 それを象徴するのが、8月27日の巨人戦。6回1/3を投げ、3安打9奪三振3失点と好投した。この試合でも、またもや死球をきっかけに崩れてしまい、勝ち投手の権利は失った。しかし、この点については、江本氏は「心配ない」と断言する。「あの試合を見る限り、藤浪は復活したと思います。たまたま、味方の援護がなく、勝ち投手になれなかっただけの話で、あの内容ならもう大丈夫でしょう」

 そして、ここにきて、さらなるテコ入れも。日本ハムからウエーバー公示されていたルイス・メンドーサを、期限ギリギリの8月30日に申請し、獲得したのだ。「昨年の日本シリーズでの5回2/3無失点という“超ロングリリーフ”も記憶に新しいメンドーサが額面通りの働きを見せれば、短期決戦を控え、メッセンジャーを補って余りある戦力になるかもしれません」(前出の在阪記者)

 2位キープは言うに及ばず、展開によっては意外な結果を呼び起こす可能性もゼロではないのだ。

DeNAは今、最もイケイケで不気味! とはいえ、広島を追う3チームの中で、今、最も勢いがあるのは、3位のDeNAだろう。「とにかく、ここは伝統的に打撃がすごい。今季もチーム打率.254、チーム得点509、チーム本塁打111と、いずれも広島に次ぐリーグ2位です」(前出のスポーツ紙デスク)

 調子の“ムラ”が不気味な横浜4番のロペス、現在首位打者を狙える位置にいる宮崎敏郎、トップバッターながらホームラン13本、得点圏打率.296と絶好調の切り込み隊長、桑原将志。打線のどこからでも火がつく打力こそが最大の持ち味。「開幕当初に“WBC病”に陥っていた筒香嘉智も完全復活し、広島に3連続サヨナラという離れ業で3タテを食らわすなど、間違いなく、今、最もイケイケですね」(前同)

 ここ数年は“打高投低”傾向。投手力に悩んできたが、今季は投手力もかなり向上しており、せっかくの勝ち試合を投手がぶち壊すことも少なくなってきた。「チーム防御率は3.86でリーグ4位と褒められるほどではありませんが、昨年よりはマシです。10勝6敗の今永昇太を中心に、ウィーランド、濱口遥大の先発3投手で貯金が11。好調打線に支えられているとはいえ、十分に合格点の成績だと言えるでしょう」(専門誌記者)

 ただ、調子にムラがあり、オールスター後だけでも3連勝が3度、4連勝が1度ある代わりに、3連敗も3度。とにかく勝ち方も負け方もハデな“読めない”チームなのだ。それだけに、シーズン終盤〜CSへと至る短期決戦続きの日々においては、ファンは期待と不安が半々、他チームにしてみれば最も不気味な存在だろう。

 さて、この“下剋上三国志”。最後の星が決まるまでに、どんなドラマが待っているのだろう?

関連記事(外部サイト)