DeNA今永が7回1失点、要所絞め最少失点に…中日にサヨナラ勝ち

 DeNA2―1中日(セ・リーグ=10日)――DeNAの先発・今永が、7回1失点と好投した。毎回のように安打を許しながら、緩急自在の投球で要所を締め、最少失点に抑えた。今季は左肩手術の影響で出遅れ、「なんとか前半の遅れを取り戻したい」と、復帰後は先発ローテーションの中心としてフル回転するが、打線の援護なく、6勝目を逃した。

 しかしDeNAは九回にサヨナラ勝ちした。

関連記事(外部サイト)